やまびこ整骨院院長の吉尾正人です。

今日は腰痛に関わるある筋肉のお話をしたいと
思います。

腰痛と言うと、背骨の歪みが原因ではないかとか、
腰の筋肉が痛んで腰痛になってるのではないか
など考えられると思います。

それは、正しいのですがすべての腰痛が腰の筋肉
(脊柱起立筋)や背骨だけが原因とは限らないの
です。

痛み方によって腰痛を引き起こす筋肉で重要なの
は『大腰筋』です。

この『大腰筋』は、解剖的には胸椎の12番
腰椎の1〜5番の骨から太ももの内側にある
小転子(しょうてんし)というところに付きます。



大腰筋は直立している時は、骨盤を前傾に、付い
てる背骨の前弯を保っています。

また、股関節を屈曲(曲げる)働きもあります。

この大腰筋が緊張して、縮こまっていると硬く
なってしまい、腰痛やぎっくり腰の原因になり
ます。

大腰筋が硬くなっている状態で、腰が痛くなる
には下記の状態があればあるほど大腰筋の問題
が考えられます。

1、仰向けで寝るの痛い。
 
2、朝、起床時に痛みがある。

3、長時間立っていると腰が痛い。

4、背中を真っすぐに出来ず、前傾姿勢気味になる。

このような状態があると、大腰筋が縮こまって、
硬くなってる可能性大です。

また、座り姿勢が長いと、座ってる姿勢は股関節
が屈曲している状態ですので、ほとんど動いてない
ので、この長時間の座り姿勢も大腰筋を硬くして
しまい、腰に負担がかかり、腰痛の原因になります。

大腰筋は、特に股関節をしっかり動かすことが
大事です。

股関節を動かすという事は、歩く、走るなどの
動作です。

デスクワークや同じ姿勢で作業することの多い
方は、1時間以上の座り姿勢は避けて、少し歩い
たり、体を動かすことを心掛けて下さい。

普段からの運動習慣を意識して、5分、10分でも
いいので、ストレッチ(まず何となく体を動かすこと
からでもいいです)などをやってみましょう。



大腰筋(腸腰筋)のストレッチ法は今度動画で
紹介いたします。

今日もあなたにとって素晴らしい1日であります
ように。

やまびこ整骨院 院長 吉尾正人
(49歳申年みずがめ座B型) 拝
やまびこ整骨院院長の吉尾正人です。

今日は、姿勢健康寿命についてお話したいと
思います。

いつも私は姿勢を良くしましょうですとか、長時間
座りっぱなしでデスクワークとか駄目ですよと、
口を酸っぱくしていっています。

それは何故かと言うと、今後の健康を損なう可能性
がかなり高いと言う事なんです。

健康の全てが姿勢だけではありませんが、健康寿命を
伸ばしていく(健康寿命とは元気で動ける年齢)のには、
とても重要と考えています。

最近では、姿勢が悪いと寿命が縮むみたいなことを
メディアでも言いっているのを耳にしました。

やはり、姿勢が悪い事で特に背骨を中心とした骨格に
変性が起きてきます。

首で言えば、ストレートネックだったり、首や腰に
多いのが椎間板ヘルニアだったり、脊柱管狭窄症であったり、
変形性脊椎症だったり、数々の疾患になり得ます。

単純に、首の痛みや肩こり、腰痛の原因の多くは、
姿勢の悪さ、デスクワーク中心で残業も多く、
長時間座りっぱなしなどが考えられると思います。

まだ、そのような日常から健康を考えて、運動を
生活習慣に取り入れていこうと考えている方なら
今後の生活に良い影響を与えてくれると思います。

この不良姿勢によって生じる腕や足への痛み、
痺れは筋力低下に繋がります。

また、関節への負担で言えば、猫背が酷い人は、
腰椎、骨盤のバランスも悪く、股関節が常に屈曲
位で更に膝も屈曲し、更年期が始まるような年代の
女性に多い、変形性股関節症や膝関節症が見られよう
なります。

この症状が酷くなると人工関節置換術でセラミックや
チタン製の関節に入れ替える高齢者の方も少なくあり
ません。

高齢者の転倒の原因は明らかに筋力低下であり、痺れ
などからくる下肢痛でバランスを崩しやすくなったり
するからです。



高齢者になって寝たきりになる原因で、結構多いのが、
転倒による大腿骨頸部骨折によって、動けなくなってし
まうことが多いですね。これも健康寿命を縮めることに
繋がりますよね。認知症になる可能性も高まります。



このような事は、高齢の方々だけの話しではなく、20、
30、40代の方に意識して聞いて欲しいところです。

常に同じ姿勢を長く取る事による体への不調、筋力低下が
招く血液循環の悪化、それに伴う痛み(腰痛などの疾患)、
内蔵の働きの低下などなど色々な体の不調は若くても起きる
ことですからね。

備えあれば憂いなしです。



正しい姿勢を意識しながら、また体をしっかり動かして
より良い生活習慣を心掛けていきましょう!

やまびこ整骨院には、あなたの姿勢をチェック出来る
モアレポトグラフィーという装置があります。

腰痛などの症状があって、姿勢なども気になってる方は
是非、姿勢をチェックしながら痛みに対しての施術を
していきます。

ご自身の姿勢を一度見直してみましょう。

今日もブログを読んで下さり、ありがとうございました。

あなたにとって、今日も良い1日でありますように。

やまびこ整骨院 院長 吉尾正人
(49歳申年みずがめ座B型) 拝 
やまびこ整骨院院長の吉尾正人です。

今日はまた、睡眠の話しをしたいと思います。



夢は見ない方が良い!

なんて聞くと、夢ぐらいみさせろよ!とか
夢は寝ていれば見る物でしょ!という声が
聞こえてきそうですね。

ある意味夢を見るなと言ってるわけではなく、
寝起きに夢を見て目が覚めても結構、夢の内容
なんかを覚えてる事多いですよね。そういう夢
というのは、良い睡眠をしてるほど覚えていな
い事が多いと言う話しです。

良く寝起きに恐い夢見て目が覚めたとか、何か
昔の子供の頃にあったような夢を見る事があり
ますが、夢を見て、それを覚えているのは眠り
が浅い証拠なんです。

深い眠りをしたかしてないかは、この夢を見て
覚えているか否かということなんですが、

人の睡眠は、レム睡眠ーノンレム睡眠ーレム睡眠…
というサイクルで行われています。

このノンレム睡眠の時に夢をみてるそうです。

この両方の睡眠の質が良いか悪いかで決まります。
この質が悪いと夢を見て目覚めが悪く、いつまで
も覚えているようです。良い睡眠をしてる人は、
夢を見てもすぐに忘れてしまうそうです。

だから、良い睡眠をしてる方は悪い夢を見ても、
寝起きが悪いという事はないんですね。

さらに、レム睡眠中は精神の安定をさせるために
記憶の整理が行われているので、レム睡眠がうま
く出来てないと、精神的に不安定になります。

また、ノンレム睡眠中は細胞の修復を行ってる
ので、この時に成長ホルモンが分泌されて、
具合の悪くなった細胞を修復しているので、この
ノンレム睡眠の質が悪いと、病気になったり、老化
が早くなったりやな事が多く起きます。

前のブログでも書きましたが、睡眠の質というも
のはとても大事です。

寝ている時間の長さよりも、寝ている時の質(熟睡度)
の方が重要です。

ですから、寝る前にパソコンやテレビをみたりして
いると、眠りの質が落ちてきます。

また、寝る前の飲酒も禁物です。飲んだ方が寝れると
思っている方がいますが、お酒を飲むとドーパミン
が出て、眠りが浅くなってしまいます。

不眠症がちなあなた、寝起きがすっきりしないあなた
は、寝る前の習慣を一度チェックしましょう。

今日もあなたにとって良い事が多く訪れますように。

やまびこ整骨院 院長 吉尾正人
(今月49歳なった!申年みずがめ座B型) 拝





やまびこ整骨院院長の吉尾正人です。

脳の免疫力を高めましょう!

今日は体の働きで大事な事についてある
お話していきたいと思います。

ある学者さんの考え方で、体の不調は脳の
働きで変わるという事なんです。

どういう事かと言うと、健康であるとか病気
になるとかは全て脳の働きによって決まると
言うことなんですね。

人間は『ホメオスタシス』という常に体に問題
が起きると正常に戻す働きがあるんです。

例えば、暑い時には体の体温が必要以上に
上がってしまうと問題が起きますので、汗を
かく事で体温を下げていきます。

逆に寒い時には、体温が下がってしまいます
ので、今度は体温を上げなくてはいけないの
で、体が震えて筋肉を動かし体温を上げてい
くんです。そして常に一定の体温を保つように
しています。

このような働きを『ホメオスタシス=恒常性維持
機能』ということなんですが、これはある意味
脳の働きによって起こっている事なんです。

これを『脳の免疫力』とこの学者さんは言ってい
ます。

そして、この脳の免疫力が弱っている状態が『病気
で、脳の免疫力が健全な状態の時が『健康』である
ということなんです。

この働きは、自律神経をコントロールしている脳の
視床下部が関わっています。

この脳の働きが悪ければ病気になりますし、正常で
あれば健康でいられるということなのですが、

では、どのように正常に脳を働かせる事が出来るか
というと、脳は情報によって体を良くも悪くも
するのです。

簡単にいうと、脳が健康だと思っていればその
情報が体に伝わり、健康を維持出来るのですね。

例えば、『病は気から』という言葉でもわかる
ようにある意味自分は健康だと常に考えていると
脳が体に健康という情報を送って、健康でいられ
るという感じをイメージしてもらうとわかりやす
いと思います。

ですから、いつも何処か調子が悪いとかなんか
病気じゃないかと思ってると、脳はその情報を
体に伝えて病気を引き起こす可能性があります。

それにはリアリティを持って確信しないといけない
のですが、それが脳の免疫力の強さになるのです。

だから、ここで重要な事は『私は健康でいる』
『病気をしない』『私は元気だ』と確信を持って
意識する事が大事です。

ということで、今日から意識して脳に良い情報を
与えていくように心掛けていきましょう。

いつもブログを読んで下さってありがとうござ
います。

今日もあなたが健康でいられますように。

やまびこ整骨院 院長 吉尾正人
(48歳申年みずがめ座B型) 拝
1ミリでも日々向上


やまびこ整骨院院長の吉尾正人です。

異国のカフェにて

1日遅れで申し訳ありません。

改めまして、明けましておめでとうございます。

2017年を迎えました。

年末年始ということもあり、少しの間お休みを
いただいております。

短い時間ではおりますが、少しリフレッシュ
させていただいております。

毎年思う事ですが、1年1年月日が経つのが
早まってる気がしています。

同じように感じている方も多いのではないで
しょうか。

最近は特に人生につて、これからどのように
私生活や仕事を意識していけば、一人でも
役に立てるのか考える事が多いです。

私も結構良い歳になってきましたし、現場の
仕事をこなすだけでは、充実したことは出来ない
のではないかと思っています。

ただ仕事をしているだけでは、あまり余裕という
物がなくなってきたり、100%の力を発揮できない
と思っています。

日々の生活の中で行うルーティンも大事ですし、
変化をつけた習慣も、リフレッシュために
大事な事で、脳や体の状態を活性化していける
のではないでかと思います。

仕事においてもプライベートに時間を過ごしたり
することも、精神的にも肉体的にも良好でいること
で、脳の働きは良くなり、より良いパフォーマンス
が出来ると思っています。

その中で、自分の生活も更に充実させていき、
今年は昨年より1ミリでもステップアップして
やまびこに来院下さるあなたの為にまた、
一人でも多くの方のお役に立てられるか考えて
いきたいです。

本年も宜しくお願い申し上げます。

やまびこ整骨院 院長 吉尾正人
(48歳申年みずがめ座B型) 拝