やまびこ整骨院院長の吉尾正人です。

今日はまた、睡眠の話しをしたいと思います。



夢は見ない方が良い!

なんて聞くと、夢ぐらいみさせろよ!とか
夢は寝ていれば見る物でしょ!という声が
聞こえてきそうですね。

ある意味夢を見るなと言ってるわけではなく、
寝起きに夢を見て目が覚めても結構、夢の内容
なんかを覚えてる事多いですよね。そういう夢
というのは、良い睡眠をしてるほど覚えていな
い事が多いと言う話しです。

良く寝起きに恐い夢見て目が覚めたとか、何か
昔の子供の頃にあったような夢を見る事があり
ますが、夢を見て、それを覚えているのは眠り
が浅い証拠なんです。

深い眠りをしたかしてないかは、この夢を見て
覚えているか否かということなんですが、

人の睡眠は、レム睡眠ーノンレム睡眠ーレム睡眠…
というサイクルで行われています。

このノンレム睡眠の時に夢をみてるそうです。

この両方の睡眠の質が良いか悪いかで決まります。
この質が悪いと夢を見て目覚めが悪く、いつまで
も覚えているようです。良い睡眠をしてる人は、
夢を見てもすぐに忘れてしまうそうです。

だから、良い睡眠をしてる方は悪い夢を見ても、
寝起きが悪いという事はないんですね。

さらに、レム睡眠中は精神の安定をさせるために
記憶の整理が行われているので、レム睡眠がうま
く出来てないと、精神的に不安定になります。

また、ノンレム睡眠中は細胞の修復を行ってる
ので、この時に成長ホルモンが分泌されて、
具合の悪くなった細胞を修復しているので、この
ノンレム睡眠の質が悪いと、病気になったり、老化
が早くなったりやな事が多く起きます。

前のブログでも書きましたが、睡眠の質というも
のはとても大事です。

寝ている時間の長さよりも、寝ている時の質(熟睡度)
の方が重要です。

ですから、寝る前にパソコンやテレビをみたりして
いると、眠りの質が落ちてきます。

また、寝る前の飲酒も禁物です。飲んだ方が寝れると
思っている方がいますが、お酒を飲むとドーパミン
が出て、眠りが浅くなってしまいます。

不眠症がちなあなた、寝起きがすっきりしないあなた
は、寝る前の習慣を一度チェックしましょう。

今日もあなたにとって良い事が多く訪れますように。

やまびこ整骨院 院長 吉尾正人
(今月49歳なった!申年みずがめ座B型) 拝





やまびこ整骨院院長の吉尾正人です。

脳の免疫力を高めましょう!

今日は体の働きで大事な事についてある
お話していきたいと思います。

ある学者さんの考え方で、体の不調は脳の
働きで変わるという事なんです。

どういう事かと言うと、健康であるとか病気
になるとかは全て脳の働きによって決まると
言うことなんですね。

人間は『ホメオスタシス』という常に体に問題
が起きると正常に戻す働きがあるんです。

例えば、暑い時には体の体温が必要以上に
上がってしまうと問題が起きますので、汗を
かく事で体温を下げていきます。

逆に寒い時には、体温が下がってしまいます
ので、今度は体温を上げなくてはいけないの
で、体が震えて筋肉を動かし体温を上げてい
くんです。そして常に一定の体温を保つように
しています。

このような働きを『ホメオスタシス=恒常性維持
機能』ということなんですが、これはある意味
脳の働きによって起こっている事なんです。

これを『脳の免疫力』とこの学者さんは言ってい
ます。

そして、この脳の免疫力が弱っている状態が『病気
で、脳の免疫力が健全な状態の時が『健康』である
ということなんです。

この働きは、自律神経をコントロールしている脳の
視床下部が関わっています。

この脳の働きが悪ければ病気になりますし、正常で
あれば健康でいられるということなのですが、

では、どのように正常に脳を働かせる事が出来るか
というと、脳は情報によって体を良くも悪くも
するのです。

簡単にいうと、脳が健康だと思っていればその
情報が体に伝わり、健康を維持出来るのですね。

例えば、『病は気から』という言葉でもわかる
ようにある意味自分は健康だと常に考えていると
脳が体に健康という情報を送って、健康でいられ
るという感じをイメージしてもらうとわかりやす
いと思います。

ですから、いつも何処か調子が悪いとかなんか
病気じゃないかと思ってると、脳はその情報を
体に伝えて病気を引き起こす可能性があります。

それにはリアリティを持って確信しないといけない
のですが、それが脳の免疫力の強さになるのです。

だから、ここで重要な事は『私は健康でいる』
『病気をしない』『私は元気だ』と確信を持って
意識する事が大事です。

ということで、今日から意識して脳に良い情報を
与えていくように心掛けていきましょう。

いつもブログを読んで下さってありがとうござ
います。

今日もあなたが健康でいられますように。

やまびこ整骨院 院長 吉尾正人
(48歳申年みずがめ座B型) 拝
1ミリでも日々向上


やまびこ整骨院院長の吉尾正人です。

異国のカフェにて

1日遅れで申し訳ありません。

改めまして、明けましておめでとうございます。

2017年を迎えました。

年末年始ということもあり、少しの間お休みを
いただいております。

短い時間ではおりますが、少しリフレッシュ
させていただいております。

毎年思う事ですが、1年1年月日が経つのが
早まってる気がしています。

同じように感じている方も多いのではないで
しょうか。

最近は特に人生につて、これからどのように
私生活や仕事を意識していけば、一人でも
役に立てるのか考える事が多いです。

私も結構良い歳になってきましたし、現場の
仕事をこなすだけでは、充実したことは出来ない
のではないかと思っています。

ただ仕事をしているだけでは、あまり余裕という
物がなくなってきたり、100%の力を発揮できない
と思っています。

日々の生活の中で行うルーティンも大事ですし、
変化をつけた習慣も、リフレッシュために
大事な事で、脳や体の状態を活性化していける
のではないでかと思います。

仕事においてもプライベートに時間を過ごしたり
することも、精神的にも肉体的にも良好でいること
で、脳の働きは良くなり、より良いパフォーマンス
が出来ると思っています。

その中で、自分の生活も更に充実させていき、
今年は昨年より1ミリでもステップアップして
やまびこに来院下さるあなたの為にまた、
一人でも多くの方のお役に立てられるか考えて
いきたいです。

本年も宜しくお願い申し上げます。

やまびこ整骨院 院長 吉尾正人
(48歳申年みずがめ座B型) 拝

やまびこ整骨院院長の吉尾正人です。

日本人の平均寿命は今、80歳を越えてきました。

でも、以前からこのような年齢だったのでしょうか。

縄文時代から室町時代までは30代だったようです。
なんと30代!?
こんなに若かったのか!とびっくりです。

それから江戸時代になって45歳ぐらいになって
きました。
それまでとは飛躍的に寿命が延びてきましたが、
それでも40代です。現在の自分は既におじいちゃん
ですね。

そこから、明治、大正、昭和10年ぐらいまでは、
あまり変わらず40代前半から後半で、昭和20年代
に入ってやっと50代になってきたようです。

それがこの平成になってからは現在、日本人の寿命
は80代になりました。

今までの歴史を考えると、本当に日本人は長生きになり
ましたね。

素晴らしい事ではあります。
けれども、嬉しがっていられないのも現実です。

高齢になった事での障害というのも、起こってくるわけ
ですが、経済面や健康面などの心配事は当然考えられ
ますね。

最近では、少子化で年金などの問題もあって、高齢化
による介護の問題もこれからの世代は考えなくては
ならない方も多いのではないかと思います。

健康面でも多くの病気にかかる可能性も増えてくる
という事も懸念されるところではあります。

自分の専門的な疾患では、変形性関節症や転倒など
による骨折などは高齢化による疾患として増えてきます。

昭和30年代までは、あまり変形性関節症はいなかった
ようです。

高齢化に伴い45歳以上の変形性関節症は15倍にも
なっているということです。特に女性の方が多いです。

それに合わせて腰痛になる方も多くなっているわけです。

なぜ腰痛が起きるかと言うと、老化が表れる箇所は
特に目、歯、椎間板なんですね。

この椎間板というのは、背骨と背骨にあるクッション
の役割をしている組織ですが、若いうちは椎間板は
水分が豊富で本当にクッション性がありますし、
血流によって背骨を安定させていますが、40代に
なるとほとんど血流がなくなり、水分性も失われ、
枯れてしまうような状態(ホタテの貝柱の乾いたもの)
になります。

で、あまりクッション性がなくなってしまうわけなん
ですね。

変形性の関節症は、体重のかかる膝、股関節に起こり
安くなり、この疾患で悩む高齢の方は多いです。



さらに、腰痛も起きてしまうという事で3重苦に
悩まれている方も多いです。

何%の方は、人工関節を入れる事になってしまう
ことになります。

杖をついたり車椅子生活の可能性も増えてきます。





このブログを読まれてるあなたはこの事を若い時から
考えておく必要があります。

日々の運動習慣や食習慣がとても大事です。

運動不足や食習慣の悪化による肥満も影響が出てきます。

仕事を始めると仕事に追われて、運動する時間を
取ったり、自炊する時間も失われますね。

最近は、体を動かさないでデスクワークで座りっぱな
しのような事が多いです。

平均寿命よりも健康寿命という考え方が大事と思って
います。

医学の発展で平均寿命が伸びたのでしょうが、これから
は健康寿命という『元気で長生き』を目指していける事
が意識が必要だと思います。

先程の問題点(経済面や介護)からいうと、平均寿命が
伸びていくということは、『元気で長生き』を意識して
良い習慣を目指していきたいですね。

そのために、まず1日の生活で下記の事をやってみて
下さい。

***『元気で長生き』の秘訣で大事な5つ習慣***

1、まず、朝をきたらコップ1杯の水を飲む(水道水では
  なく(ミネラルウォーターなどの良い水)
  1日400cc✖️4杯ぐらい。内蔵の中を綺麗に流す
  意味で。

2、早起きしできたら、太陽の日を浴びる
  (皮膚から大事な太陽の刺激を受ける)

3、時間がある場合はウォーキングやストレッチ
  (朝の時間にやる方が脳の働きを活性化させら
   るので良い)

4、添加物、糖質の多い食事を減らす
  (発癌性、がん細胞が好みます)
  出来れば、自炊中心が良い。

5、汗をかくようにする(軽い運動やお風呂に
  入る)毒素を排出する

取りあえず、あなたの健康のために必要な5つの事を
書きましたが、こんなこと出来るわけないだろと思った
方もいるかと思いますが、全部出来なくても、どれかは
可能だと思います。

毎日出来なくても、週に何回とか、最初は週1日でも行う
ことで、徐々に良い習慣を意識してもらい、あなたには
『元気で長生き』をしていただきたいと思っています。



今日もブログを読んで下さりありがとうございます。

あなたにとって良い1日でありますように。

やまびこ整骨院 院長 吉尾正人
(48歳申年みずがめ座B型) 拝
やまびこ整骨院院長の吉尾正人です。

今日は冬に起こるぎっくり腰についてお話したい
と思います。

ぎっくり腰は例年を通じて起き得る疾患ですが、
これから年末年始に向けてさらに寒くなりますし、
色々と行事も増えてくる事と思います。

寒い時期ですから、体が縮こまって筋肉が硬く
なってしまい起こるんだろうなということは
お分かりかと思います。

当然『冷え』から筋肉が緊張してしまい、動きの
ない生活で、血流の悪くなり酸欠状態から発痛
物質や老廃物などが溜まり、それは直に症状として
は現れません。

12月ともなると、仕事は忙しくなり、残業も増え、
長時間のデスクワークで体は動かせず、帰りは寒さ
対策で厚着になり、体を縮こめて前かがみで
身長が5センチは低くなって帰る感じでしょうか。

また12月は忘年会のシーズンで、居酒屋で座敷に
長時間座って飲み明かすような状況もあるのではない
でしょうか。

そんなような状況で急にガバッと立ち上がった
途端グッキッと腰を痛める事でしょう。



このような季節では主婦の方にも起こる原因はあります。
それはこの時期、大掃除の季節にもなりますね。

縮こまった体で、急に重い物を持ったり、前かがみで
拭き掃除、草むしりなどの作業をやっていると、思わ
ず、ぎっくり腰になってしまう事もあります。



直には症状は出ませんが、ジワジワと体に対して悪影響
を起こして、突然のぎっくり腰になったり、腰だけでは
ありません。ぎっくり首、ぎっくり背中にもなってしま
います。

いつもこのブログや整骨院にきて下さった方にはお話し
しますが、これを今読んでるあなたにも申し上げたい
のは、いつも同じ姿勢や悪い姿勢で長時間いないように
して下さい。

気がついたら、肩甲骨を動かしたり、腰を動かしたり、
足首や膝や股関節をしっかり動かしていきましょう。

日々運動週間がある方は問題ないでしょうが、仕事や
忙しい毎日で、運動もする暇のない方は、少しでも
日々の生活の中でちょこちょこ体を動かしていきま
しょう。

それでも、今あなたに何処かに異変を感じたら
すぐに連絡下さい。

悪くし過ぎる前にケアしていきましょう。

11月も明日で終わりです。忙しい師走にはり
ますが、残り少ない2016年を楽しく、来年
の目標も立てながらゆったりお過ごし下さい。

今日もブログを読んで下さってありがとうござ
います。

今日もあなたにとって素晴らしい1日であります
ように。

武蔵小金井の
やまびこ整骨院 院長 吉尾正人
(48歳申年みずがめ座B型) 拝