やまびこ整骨院院長の吉尾正人です。

大変、大変、大変、もう一つおまけに大変

ブログの更新が出来てなくって、申し訳ご

ざいませんでした。

筆不精なもので、いつも書こう書こうと思い

ながら、書けずにおりました。

また、新たな気持ちで書いてい行こうと思い

ます。


では、今日は自分もそうなんですが、疲労に

ついてまた、疲労回復について書いていこう

と思います。


皆さんは最近、疲労が溜まってると感じてること

ありませんか?

多くの方が、疲労は感じてるんじゃないかと思い

ます。

睡眠不足はもっての外ですが、睡眠を取っても

なかなか疲れが取れない、仕事が忙しすぎて、

たまの休みは爆睡して、1日が終わるなど、

いくら休んでも疲労が溜まってしまうという

状況はありますよね。

疲労が溜まりすぎると、うつ病や自律神経失調症

などになり、大変つらく、体の機能もちゃんと

働かなくなります。

やはり休んでも疲れが取れないという人は、食事

の面で、栄養不足になってるんじゃないかと思います。


体の多くはタンパク質ですが、肌や筋肉、内臓も含

めて、タンパク質を作るのに大事な栄養素は、

アミノ酸です。

アミノ酸の多く含む物には、魚介類、肉類、ご飯、
小麦にも含まれます。

さらに、豆類にも多く含まれてますから、主食に
加えて、味噌汁、納豆、豆腐などは欠かせないですね。

主食もパンよりご飯の方が多く含まれてるので、
ご飯を食べる方が良いでしょう。

私は、白米よりも玄米の方が良質なアミノ酸など
含まれてるので。

(さらに酵素玄米にしてます、これの方がアミノ酸

が多く、」消化もいいしなんと、便通がめちゃくちゃ

いいです。特に便秘の方にはお勧めです。詳しく

知りたい方は、直接質問下さい。)


また、ビタミン、ミネラル不足も良くないです。

ビタミンは色々な種類がありますが、ビタミンC

活性酸素を除去してくれるので、大事なビタミンですね。

疲労回復はビタミンB1ですが、不足すると、

神経痛、関節痛、脚気、心不全、心臓肥大など特に

神経系に良くないですね。

玄米、ゴマ、うなぎ、海苔、そば粉、トウモロコシ、

枝豆に多く含まれるみたいです。他は調べてみて下さいね。

ビタミンB2は、皮膚炎、眼精疲労、口唇炎、口角炎、など
目や皮膚の疾患がみられるようです。

ひじき、納豆、わかめ、ところてん、卵などをとるように
してみて下さい。

ビタミン12は、悪性貧血、神経障害、

感覚異常、記憶障害、うつ病、慢性疲労、動悸、息切れなどが

あらわれるようです。

海苔、さんま、いわし、しじみ、あさり、たまごなどお勧めです。

ビタミンEは赤血球の寿命が縮まる、疲れやすい、集中力低下、

筋力の低下などが見られるので、煎茶、抹茶、紅茶、落花生、

たらこ、いくらなど。

クエン酸は疲労物質の乳酸を分解して、肉体的にも精神的
 
にも回復させる効果があります。

食欲増進、精神安定、ストレス、利尿作用などにもいいです。

梅干し、レモン、みかん、ローズヒップ、もも、梨、酢など

を取ってみて下さい。


亜鉛は、タンパク質、DNAの合成、新陳代謝を促進し、

免疫力アップ、疲労回復にも効果ありです。

良く聞くのが、不足すると味覚障害になりやすい。

肌荒れ、シミなども増えるようですから、女性には

不足は禁物ですね。

含まれるものには牡蠣、レバー、魚介類、肉類などです。

アリシンというものには、風邪予防、疲労回復、殺菌効果、

アンチエイジング、がん予防、血中脂肪の燃焼、血栓の予防、

抗ストレスなど非常に重要な物質です。

ニンニク、ねぎ、ニラ、玉ねぎに多いということで、

ビタミンB1と一緒に取ると、疲労回復にはさらに効果

があるようです。

色々と他にも紹介した食べ物以外にも紹介しきれない

ものもが多くありますし、良いからと言って偏って食

べないようにして下さいね。


ではでは、疲労は溜まるものですが、それを解消する

ような生活習慣を行うようにしていきましょう!

今日はこの辺で。

やまびこ整骨院 院長 吉尾正人
(45歳みずがめ座申年B型) 拝









関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yamabikoin.blog135.fc2.com/tb.php/91-8bf5fa0a