やまびこ整骨院院長の吉尾正人です。

ここ最近、少し混み合ってしまって、折角
来て下さったのに、診ることが出来なかっ
たり、お待たせしての治療になってしまっ
たりと、大変ご迷惑お掛けしたところがあ
りました。

申し訳ありませんでした

急な疾患ではない方は、是非お電話で状況
を確認いただければ、あまりお待たせしな
い時間帯にご案内できると思いますので、
よろしくお願いします。

比較的すいてる時間帯もありますので、
ご協力のほどお願い申し上げます

では今日は、足裏の痛みの疾患について書いて
みます。

足裏の痛みで結構治りにくい疾患があります。

それは、足底腱膜炎という疾患です。

特に起床後に歩き始めたり、ずっと座っていて
急に動作をした時などに踵のところに痛み
を感じたりする場合、この疾患の可能性が
高いですね。

特に足底腱膜が踵の内側に付くため、踵の内側
を押すとかなりの痛みがあります。

この疾患は、長時間の立ち仕事や比較的体重の
多い方(ちょっと肥満気味の方)や
マラソンなど長距離走により足を酷使している方
に多いと思われます。

特に40歳以降、足底腱膜の柔軟性が失われてく
ると、負荷がかかることによって、踵の内側の
足底腱膜の付着が痛くなってきます。悪化すると
踵骨棘という骨が棘状に突き出したりします。
(手で触れることはありません)

自然治癒には数か月から数年と結構時間がかかり
ますね。

ですから、このような症状が現れたら、一度受診を
お勧めします。

治療をしても、少し時間のかかる疾患ですが、
放っておくより改善は早いですからね。

場所的や最初は地味な痛みですが、時間が経つに
つれて、結構我慢しづらい痛みになってきます。

治療以外には、足裏のストレッチやヒール
サポーターと言われる、踵部に少し厚めのパット
が付いたものが有効です。

また、痛みが取れるまでは足に負荷のかかる運動
は控えた方がいいです。

年齢とともに、若い時には起きなかった疾患で
悩まされることが多いですが、我慢しないで
早めに来院下さい。

では、また次回。

やまびこ整骨院 院長 吉尾正人
(43歳申年みずがめ座B型) 拝
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yamabikoin.blog135.fc2.com/tb.php/63-09f7ea12