やまびこ整骨院院長の吉尾正人です。

今日は、女性に関する腰痛についてお話した
いと思います。

良く妊娠中や産後に腰痛を訴える方が多く
いらっしゃいますが、これはあるホルモン
の分泌に関わってるようです。

そのホルモンとは、妊娠3カ月ぐらいから
産後数日間分泌されるリラキシンという
ホルモンが影響してるということなんですね。

リラキシンは、骨盤の靭帯を緩めて出産を
スムーズに行わせるように働くためです。

靭帯は関節を支えるために働きますが、
このリラキシンの作用によって骨盤周辺
や股関節の靭帯が緩みます。

するとその周りの筋肉が緊張し硬くなり、
それが腰痛の原因になるということです。

産後このホルモンは分泌されなくなります
ので、腰痛も一時的でおさまる場合が多い
ですが、お腹が大きくなるにつれて無理な
姿勢を取ったり、産後の子育てで抱っこを
することが多かったりして、腰痛が悪化
することも多く聞かれます。
骨盤の歪みの原因にもなりますので、気を
つけて生活しましょう。

よく産後に骨盤周辺がしっくりこないくて、
違和感を感じたりする方がいらっしゃいます。

なかなかこのような症状になると治りにくい
ですね。

なるべく抱っこなどご主人に手伝ってもらう
ようにしましょうね

やまびこ整骨院 院長 吉尾正人
(43歳申年みずがめ座B型) 拝
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yamabikoin.blog135.fc2.com/tb.php/58-4ecf1111