やまびこ整骨院院長の吉尾正人です。

今日は、実践編として肩甲骨のストレッチに
ついて紹介していきたいと思います。

肩甲骨を動かすことは、肩や首の疾患の
予防にもなりますので、普段からやってみて
下さい。

今日は、タオルを使ったストレッチをやって
見ましょう。

まずタオルの両端を持って下さい。

ステップ1
最初は腕を下げた状態からゆっくり、肘を
伸ばしながらバンザイをした状態までもって
いきます。この際に出来るだけ耳よりも後ろに
腕を伸ばしていければいいですね。(出来るだけ)





ステップ2
今度は肘を曲げながら頭の後ろにタオルを持っ
ていきます。


ステップ3
再度バンザイの状態から腕を胸の前にもって
いきます。(この時は肘を伸ばして)



ステップ4
そのままの位置で肘を曲げていき、タオルを
胸につくところまでもっていきます。



ステップ5
腕を伸ばしていきます。
そこから、肘を伸ばしたまま右方向に平行に
もっていきます。
次に、同じように左方向にもっていきます。



最後は、正面にもっていって最初の位置に
戻ります(腕を下げた状態)
 
これをゆっくり10~20回ぐらいやって
見て下さい。

四十肩など疾患を抱えた方は、出来る範囲で
やって見て下さい。

肩甲骨の動きが悪いと上半身の動きも悪くな
ります。

肩が上がらないなと思っていると、結構、肩甲骨
の動き悪かったりしますので、肩甲骨を動かすこと
により、そのまわりに付着する筋肉を緩めてあげると、
改善することが多いです。

普段から予防を心がけましょうね。

是非、やって見て下さい。

やまびこ整骨院 院長 吉尾正人
(43歳申年みずがめ座B型) 拝






関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yamabikoin.blog135.fc2.com/tb.php/53-63bf3b00