やまびこ整骨院院長の吉尾正人です。

今日は、ちょっとしたトレーニング方法を
お教えします。

やはり男はがっちりした二の腕をしてると
男らしくていいですよね。

女性もぷるぷるした腕よりもひきしまって
いた方が良いですよね。

今日は腕立て編として、普段やってる方も
やってない方も少ない回数で、結構効く
腕立て法を紹介します。

腕立てと言えば、主に上腕二頭筋や大胸筋
といった筋肉が鍛えられます。

普通、腕立てをやるときは、腕を伸ばした
状態から腕を曲げたり伸ばしたりというや
り方ですよね。

今日のワンポイントアドバイスは、腕立て
を始める体勢を腕を曲げ、胸を床につけた
状態から始めます。

その時は、腹筋にも意識を集中しながら、お腹
は少し浮かせます。

ステップ1

肘をを曲げて、胸を床につける。腹筋に意識を
して、少しお腹を浮かせる。




ステップ2

ゆっくり腕を伸ばす。(肘をしっかり伸ばす)



ステップ3

ゆっくり肘を曲げていき、最初の体勢に戻る。

これは、今までとは腕立ての始める体勢が逆になり
ますが、結構腕や胸に効いてきます。

どうしても、通常のやり方ですと最後まで腕を
曲げずに伸ばしてしまうので、回数をやらないと
胸や腕に効きずらいですね。

最初から胸を床につけた状態で、腕をしっかり
伸ばすというやり方ですと効き方が全然違います。

是非、やって見て下さい。

10回でも十分な負荷がかかりますから、結構
きついですよ

あまり鍛えてない方は、5回ぐらいでもいいです。
5回なら結構出来そうですよね。

自分はこのやり方で、3種類の腕立てをやります。

最初は肩幅ぐらいで行い、次は右手と左手の親指と
人差し指を合わせて、三角形をつくり腕の幅を狭めて
行う。


もう一つは、腕を肩幅の2倍の広さで行う。


この3種類を10回づつやると合計30回ですが、
結構いい感じに効いてきます

少しやり方を変えるだけで、全く効き方が違います
ので、試してみて下さい。

是非、均整のとれた身体をつくっていきましょう。

試した方は、感想などコメントでも下さいね。

では、今日はこの辺で。

やまびこ整骨院 院長 吉尾正人
(43歳申年みずがめ座B型) 拝





関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yamabikoin.blog135.fc2.com/tb.php/50-0ec952a7