やまびこ整骨院院長の吉尾正人です。

今日は、呼吸についてのお話です。

呼吸は息を吸うときに交感神経、吐くときに
副交感神経が働くそうです。

自律神経は無意識に働く神経なので、自分で
はコントロール出来ないんですが、唯一出来る
のが呼吸なんです。当然、呼吸は無意識にも
行われてますが、意識して吐いたり、吸ったり
も出来ますよね。

だから、副交感神経を刺激してリラックスする
ために呼吸法を使うのは良いことです。

疲れたり、緊張したりしたときには深呼吸する
といいです。

深く息を吸って、少しずつ時間をかけて息を吐く。
長く息を吐いてるときに副交感神経が刺激されるて
徐々に緊張が解けていきます。

呼吸には2種類あるんですね。それは、胸郭
の中にある肋間筋の運動により肋骨を動かして行わ
れる呼吸の胸式呼吸と横隔膜の上下運動による腹式
呼吸です。

夜寝る前や緊張した時に、リラックスするときには、
腹式呼吸が適しています。呼吸のたびに横隔膜を通る
副交感神経を刺激するので、大変リラックス効果が
あります。

また、腹式呼吸で横隔膜を動かすことにより、腹圧
が高まり、腹筋強化にもつながり腰痛予防にも役立
ちます。

さらに、基礎代謝もあがり、ダイエット効果もある
ようです。

横隔膜を積極的に動かすと内臓全体が刺激され、胃腸
や肝臓の血行が良くなり、消化機能も改善され、便秘
の解消や停滞気味の静脈の血行も良くなり、冷え性に
も効果が見られるということで、なんとも色々な面で
腹式呼吸とは効果が期待できるんですね。

意識してやってみることをお勧めいたします。

やり方としてはまず、

鼻からゆっくり息を吸い込み、臍の奥の丹田に意識し
ながらおなかを膨らませていきます。

次に、

口からゆっくり少しずつ息を吐きながら、おなかを
へこましていきます。

そのときも意識してゆっくり少しずつ吐いていきます。
先程も言いましたが、吐くときに副交感神経が働きま
すので、なるべく吐く時間長くするとリラックスしや
すいです。

座って行ってもいいですが、仰向けで膝を立てて、
さらにおなかに手をあてて行うとやりやすいと思い
ます。



イライラっとしたときやストレスが溜まってるなと
思ったら心を静めて、腹式呼吸をしてみて下さい。

では、これを読んだ方は今から試してみましょう

やまびこ整骨院 院長 吉尾正人
(42歳申年みずがめ座B型) 拝
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yamabikoin.blog135.fc2.com/tb.php/36-c7015d47