FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やまびこ整骨院院長の吉尾正人です。

今日は、膝の疾患でも有名なオスグッド
について少し書きたいと思います。

オスグッドとは、正式名はオスグッド・
シュラッター病などとも呼ばれています。

疾患としては骨端症の一つですが、この
疾患はどのように起きるかというと、
10~16歳ぐらいの成長期に激しい動き
のあるスポーツにおいて、オーバーユース
によるものがほとんどです。

症状としては、膝のお皿(膝蓋骨)の下あ
たりに、激しい痛みを伴います。

この部分は脛骨粗面といわれるところですが、
脛骨粗面は、太ももの筋肉で大腿四頭筋が付着
するところで、特にジャンプ動作やダッシュ
キック動作でこの大腿四頭筋の収縮が起こり、
引っ張られる力が脛骨粗面に加わり、とても
強い痛みと押す痛みなどが主な症状です。

熱感や腫脹、ひどいとこの部分が隆起してき
ます。時々、両側の膝にもみられることがあ
ります。

最初は、ジャンプ力の低下、ダッシュで力が
入らないなど軽い痛みではじまり、徐々に悪化
するのでスポーツ休止の判断が遅れ、続けてし
まうのが現状でしょう。

特に、陸上、サッカー、バレーボール、バスケット
ボール、バトミントンなど、ジャンプ、ダッシュ、
キックなどの動作を伴うスポーツに多いです。

応急処置としては、まずアイシングが有効です。
その後、治療院での低周波や超音波療法なども
有効です。さらに、ストレッチ等の筋肉を動かす
療法などを取り入れたりします。

基本的には、成長期を過ぎると骨も固まり安定
していきます。

子供に多い疾患ですから、お子さんの訴えなどを
聞かれたら、早めにスポーツを一旦中止して、
来院をお勧めします。

疾患が悪くなってからでは、治癒も遅れて、
スポーツへの復帰も遅くなってしまいますからね。

やまびこ整骨院 院長 吉尾正人
(42歳申年みずがめ座B型) 拝
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yamabikoin.blog135.fc2.com/tb.php/31-3ac6d04d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。