FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やまびこ整骨院院長の吉尾正人です。

今日は、ご無沙汰していました空手の
先輩が来院してくださいました。

また、今日は少し混雑してしまった時間
帯があって、お待たせしてしまいましたね。
その方々には、すいませんでした。

まだまだ、改善しなければならないところ
などあるかと思いますが、
皆様もお気づきの点がありましたら、
遠慮なく私やスタッフに言って下さい。
みんなが快適に過ごせるやまびこに
していきたいと思ってます。

明日は、土曜ですがまだまだ余裕のある
時間帯がございますので、週末でお休み
の方で、痛みはあるけど、普段はお仕事で
治療に来られない方、
是非是非、お越しください。

今回は膝の疾患について少し話したいと
思います。

やはり中高年の疾患で多いのが、変形性膝関節症
なんですが、やまびこにもその疾患を抱えて、
来院されるかたが結構いらっしゃいます。

実際どんな疾患かということ、関節の軟骨が
磨り減り、さらに骨が変形し痛みを生じる
ものです。

基本的には一次性で9割がたそうですね。50歳代で
発症し、65歳以上で急増する。また、女性に
多いんですね。
何故かというと、女性は閉経後、女性ホルモンの
分泌が急激に減り、骨の新陳代謝が低下して、
骨が弱くなる、ということがあります。

それに男性より筋力も弱いし、太りやすいのも
原因ですね。

この疾患も放っておくと、必ず悪化します。
さらに悪いことに、歩くと痛いし、じっとしてる
方が治るだろうと思ってるひとが多いですね。

ある程度歩いたり、筋力アップのための運動や
治療をしていくことが大事ですね。

磨り減った軟骨は元に戻りませんが、痛みを和らげる
ことは可能ですし、悪化をさせないことが、
必要ですね。

前回のブログで紹介した、超音波は威力を発揮す
るところです。
変形性膝関節症には温熱効果を使った超音波治療
が有効的です。

超音波の温熱効果は特に、立体温熱効果といって、
超音波は身体の組織に吸収される際に生じる熱で
温熱作用を発生させるんですが、この熱は身体の
深部に進む過程で生じるので、超音波が到達して
いる範囲を立体的に温めることが出来るんのですね。
だから、一般の温熱療法より効果が高いんですね。

やまびこでは手技療法がメインですが、さらに
このような治療器を使えば効果は上がってくるんです。

やまびこには、このような治療器があって、患者さん
が治療機械の仕組みと効果を理解して治療を受けて
いただければ、ただ単に治療を受けるよりも、何倍
も治療効果があがると思います。

次回は膝の疾患に有効な運動について書きたいと
思います。

ではまた、見てくださいね~

やまびこ整骨院 院長 吉尾正人
(42歳申年みずがめ座B型) 拝

関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yamabikoin.blog135.fc2.com/tb.php/21-4badc19c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。