こんにちは!

やまびこ整骨院の吉尾です。

今年も残り僅かになってきました。

いかがお過ごしでしょうか。

この間の日曜日は、今私が治療の勉強をさせていただ
いている、山根悟先生の主催するGAPセミナーが今年
最後で、今年の総まとめでした。

山根先生から学ぶべきことは大変多くあり、この業界
で仕事をする上で、とても素晴らしい出会いです。
自分の施術の幅を広げてくてた先生でもあります。

ツーショット

これからも、患者様の立場に立って施術出来るよう
頑張っていきたいと思います。

…さて、今日は、巷で良く見る風景なんですが、スマホ
を見てる方本当に多いですね、自分もそのうちの一人
ですが…

見てはいけないと言ってるのではありません。

見てる姿勢がとても悪い方が多いということです。

電車や喫茶店など座ってるときなど、多くの方が
スマホを見てますね。

この行為が原因で結構な方々が、首などの疾患を患ってい
ます。

頭が落ちてしまうのではないかと思うぐらい、下を向いてる
人いますね。

このような姿勢で長くいますと、本当に首の状態や腰の
状態が悪化し、背骨の変位が起こってしまう場合もあります。

そして、単なる首痛や腰痛、凝ってしまうだけならいいですが、
通常頸椎は前弯しているのですが、そのままでいると、ストレート
ネックという状態になってしまったり、さらに酷い人は、頸椎後弯
になってしまう方もいます。



頸椎症や決意ヘルニアなどの重い疾患になることも考えられます。

ここまでなると、多くの方は、首に強い痛みや腕や指先まで
の痺れ、首の状態では最悪、足の方まで痺れてしまうことも
あります。

頭の重さって、何キロぐらいあると思いますか?
成人では4〜5キロはあります。

姿勢を正しく保っていれば、そのまま首にかかる重さは
4〜5キロぐらいで済みますが、

例えば、15°前に傾くと12キロ30°で18キロ
45°で22キロ60°傾くと、なんと27キロほどの
負荷になってしまいます。

27キロってどんだけ〜、だと思いますか?
10キロの重さのお米買った時に、結構重いですよね。

それよりも遥かに大きい負荷がかかっています。

だから、時間が経つとストレートネックや後弯になって
しまうこともあります。

ここまでくると、症状を軽くするだけでも相当時間を
要する場合が多いです。

このブログをご覧になってる方は、普段から姿勢には
注意をして下さいね。

歩きスマホは以ての外(自分もやってしまうときあり
ますが)スマホは長くても30分以上続けて見ないよう
にして下さい。

お子さんがいる方は、姿勢を気をつけて見てあげて
下さいね。

猫背や側湾症になってしまわないように。

今日は、スマホにまつわるお話でした。

では、寒い日が続きますが、風邪などひかないよう
頑張っていきましょう!

やまびこ整骨院 院長 吉尾正人
(49歳申年みずがめ座B型) 拝
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yamabikoin.blog135.fc2.com/tb.php/177-c8f821a8