こんにちは!

やまびこ整骨院の吉尾です。

めっきり、秋らしくなってきましたね。

今年の夏は天候も良くなっかったので、とても
短い夏でしたね。

もう10月になってしまいました。
今年も残り3ヶ月です。

歳を取るにつれ、時間が経つのがとても早く感じ
ます。

こう考えると、「時間」というのはとても大事に
感じます。

「時は金なり」なんて言いますが、「時間」は
「お金」より大事だなと思います。

1億円出して、1歳年齢を若くしてくれ!と言っ
ても、1秒も時間を戻す事は出来ません。

この歳になると1日1日を大切に過ごさないと
いけないなと感じていますが、なかなか時間に追わ
れてそんな事を考えてる余裕がなったりするんです
よね。

だからもっと、時間を有効に有意義に過ごせるよう
にこれからはもっと意識していきたいです。

来年は、今の自分よりバージョンアップしてるように
努力したいですね。

このブログも少しづつちょっとだけ為になる内容と
思って、気まぐれ的に書いてます。

あまり更新出来てませんが…

このブログ少しでも読んでくれる人が増えるように
頑張りたいと思っています。

…さて、今日はまた、腰痛についてお話していきま
しょう。

腰痛にも色々と痛む箇所が違ったり、痛む時間帯が
寝起きだったり、日中に痛むことなどタイプみたいな
ものがあります。

今日は、そのなかでも仙腸関節の不具合で痛む腰痛
というのがあります。

仙腸関節症候群と言ったり、仙腸関節炎とも言ったり
します。

仙腸関節というと、仙骨と腸骨という骨盤を構成する
骨なんですが、ちょうど臀部のあたりに位置している
ので、特に悪い側のお尻ぺたあたりが痛むことがあり
ます。

実際は、関連痛として他の場所にも痛みがでることが
多いですが…

患者さんに腰痛の症状で聞いてみると、朝の起き掛け
が痛かったり、座っていて立ち上がる時に痛みが出る
とか、同じ姿勢でいた状態から、動く時に痛みが強い
ということが多いですね。

痛む箇所も、お尻から股関節周辺や大腿部後面に痛み
を訴える方が多いですね。

特に治療していて、常にお尻の奥の方が痛い、押され
ると響くと言う方は、可能性が高いと思います。

仙腸関節は、動きがない関節と思われがちですが、
左右の仙腸関節に歪みが生じたり、全く動かない
関節ではないんですよ。

784110 2

この場合の痛みについては、しっかり仙腸関節の動き
をつけるために、股関節周りのストレッチや矯正が
大事になります。

腰痛などの強い症状が治まって来たら、積極的な
ストレッチもお教えしているのですが、いつも言って
るように座り仕事や膝を曲げずに中腰の姿勢で長時間
作業したりしていると、筋肉の過緊張が起こり、関節の
遊び(動き)が悪くなってしまい、痛みが出てきます。

日頃の生活習慣を気をつけて、適度な運動習慣がとっても
たいせつです。

時間がないからと、怠らずになるべく歩くことやスト
レッチなど行ないましょう。

あまり激痛ではないので、放っておいたら良くなるだろうと
そのままにしてて、時間が経ってから来院される方が
多いです。

このような痛みが出たら、我慢せずすぐにお越し下さい。

時間が経てば経つほど治りにくくなりますからね。

ホームページで簡単なストレッチのやり方なども紹介して
ますので、参考下さいね。

痛みを感じたら、いつでもご連絡下さいね。

それでは今日も1日頑張っていきましょう!

やまびこ整骨院 院長 吉尾正人
(49歳申年みずがめ座B型) 拝
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yamabikoin.blog135.fc2.com/tb.php/171-c2bb9e70