FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やまびこ整骨院院長の吉尾正人です。

良く膝が痛いとおっしゃられて、来院されるのですが、
膝は体重を支えてる関節なのはお分かりかと思います。

どうしても、体重がかかりながら関節は動いてますので、
かなりの負担が関節にはかかってきます。

何気ない歩行でも階段の昇り降り、仕事によって中腰
で膝を曲げたままでの作業など、凄く凄く過重が関節
にはかかってしまってます。

例えば、60キロの体重の人が、膝を曲げてしゃがん
だ時の膝のお皿にかかる圧力は420キロとも言われ
ています。

なんと体重の7倍の負荷ですね。

膝の疾患には、半月板や前十字、後十字靭帯、関節軟骨
など多くの軟部組織で保護されていますが、それらが
これだけの過重がかかってしまったら、どうなるでしょうか。

膝の疾患は、若い人ではスポーツなどで怪我をしてしま
うことが多いですが、中年以降はこの負担の蓄積が主な
原因です。

また、若い時と比べて筋力が衰えるにも衰えるにもかか
わらず、体重が5キロ、10キロと増えてしまったら
膝への負担は増大しますよね。

最近、ダイエットなど色々な方法が取り沙汰されてい
ますが、それを制限するダイエットも流行ってます。

自分は、炭水化物が大好物で取り過ぎる面もありますが、

実際、炭水化物の取り過ぎはあまり良くないようです
ので、適度がいいと思います。すべての炭水化物が悪物
ではないですよ。

あるスポーツジムでは2ヶ月間食事制限もトレーニング
も管理して上げて、その方の希望する体に変身させる
ようなことも大金を払ってやってる方もいらっしゃい
ますね。

体重管理は大事ですが、あまり無理なダイエットや
重い重量のバーベルなどを持ち上げて鍛えるのは、気を
つけないといけません。

筋肉で体重を増やしても、関節への負担は大きくなり
ますし、重いものを無理して持ち上げるのは、関節に
ダメージを与えます。

若いうちは良いでしょうが、40代過ぎたらあまり
無理な方法は禁物ですね。

しかし、体重が増えてしまったらこれは明らかに良く
ないですし、運動しないのも良くないです。

膝が痛いからと言って、運動しない(動かさない)
というのは、間違いです。

適度な歩行、散歩でもいいです。時間が取れない人は、
お買い物で歩くようにするなどでもいいです。

家で閉じこもらないようにして下さいね。

以下の写真のエクササイズは、家にいる時は、テレビを
見ながらでも良いので椅子に座ってやってみて下さい。



***膝のエクササイズ***

ではまず、女性や奥さんがいる方は、捨てても良いような
ストッキングを用意して下さい。これで結んで輪っかを作って下さい。


それを八の字に捻ります。


それを足首に巻いて下さい。チューブトレーニングのチューブの代用です。
わざわざチューブ買わなくても、直に出来ますね。


椅子に正しい姿勢で座って下さい。姿勢は大事です。


片方ずつ膝を伸ばして下さい。その時は足首は90度
にして下さい。そうすると、大腿四頭筋(前面部)
が鍛えられます。これを左右10回ずつやって下さい。
ゆっくり4秒数えながら伸ばして、2秒止めて、
また4秒かけて戻していきます。




今度は膝を曲げていきます。これはハムストリングス(大腿部後面部)
を鍛えます。同じく10回ずつ、4秒、2秒、4秒で
やってみて下さい。


是非、このエクササイズをやる事をお勧めします。

膝関節は、消耗していきます。

普段の生活の中で、十分対処出来ますので膝が悪いなと
思ってる方は、やってみて下さい。

今日もあなたの大事な1日が穏やかに過ごせますように。

やまびこ整骨院 院長 吉尾正人
(48歳申年みずがめ座B型) 拝

関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yamabikoin.blog135.fc2.com/tb.php/149-38d1186d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。