やまびこ整骨院院長の吉尾正人です。

今日は、自然治癒力について考えていきたいと思います。

色々と自然治癒力の概念や定義は色々とあると思いますが、
自分の病気や怪我を治す力というのは、それらを治すには、
血液やリンパ球の力であったり、体表や消化器などにある
常在菌の力だったり、それは免疫力とも言われますよね。

その強さが強ければ強いほど治癒力として体を守ってくれています。

この治癒力の機能が低下すると癌になったり、自己免疫疾患などで
アレルギーを引き起こす原因になったりします。

それは、大きく環境や習慣にも左右されると思います。

食習慣や運動や仕事、また遺伝という事もあるかと思います。

遺伝というもの以外については、自分の考えや行動である程度は
変えていける物だと思います。

住んでる場所や仕事はなかなか変えるのは難しいでしょうが、
食べるものは自分で健康的な物を選んで、なるべく
加工されていないもの、なるべく天然なオーガニックな食品を
選ぶ事は可能でしょうし、そのようなものを意識して取ってい
いくことが望ましいのではないでしょうか。

現代の生活のおいて、なかなか難しいことではありますが、食品添加物
の問題や農薬の多い野菜、砂糖の多いお菓子類など、食の問題は
気をつけなければならないところです。

運動も自分で毎日ウォーキングやジムに行って体を動かすなどの
選択もある程度可能になってくると思います。

激しすぎる運動は年齢とともに活性酸素の影響により、返って逆効果
だったりするとも聞きます。いわゆる人間の体も酸化するという事ですね。
老化を早める原因にもなります。

ウォーキングやストレッチ、体に無理のない筋トレなど、筋肉を
使ってあげる事で、筋ポンプ作用で、血流を良くして上げることは
重要です。

仕事においては、残業や人間関係で疲労やストレスが溜まってしまい、
体調を崩す事もあるかと思います。

心と脳の働きは密接ですから、自律神経の乱れを引き起こし、免疫力
の低下を招く事もあるかと思います。

僕が最近良く患者様にお伝えするのは、姿勢呼吸ですね。

猫背など、スマフォを見る時間が長っかたり、パソコンなどの
デスクワークなど前かがみの姿勢で長時間座ってたりしていると、
首や腰にも悪く、そこからくる肩こりや腰痛になったり、また、
肋骨の働きも悪くなり、呼吸がしずらくなったりしてしまいます。

「長生き(長息)」というくらい呼吸をしっかり出来ることは、健康にも
重要な事ですね。

時々は、鏡の前で姿勢を正して、大きくゆっくり吸ったり、吐いたりする
ように腹式呼吸なんていいですね。

また、十分な睡眠というのは、大変重要で「病気は寝て治せ」、
「寝ても治らない病気は治らない」なんて言う人もいらっしゃいます。

体調がすぐれない時は、十分な睡眠を取る事が体力を回復させる一番の
秘訣です。

現代の医療は発展して、長くいきていく事は出来るようになりましたが、
薬を沢山飲まなければいけなかったり、薬も必要な時はあると思いまが、
けれども、人間には自然治癒力というものが備わっています。

出来れば、その自然治癒力を高める習慣を身につけて、さらに健康でいられる
ということが理想ではないでしょうか。

生きていく中で、健康は一番重要な事です。

健康でなければ、働く事も困難です。

物質的な物は失ってもまた、手に入れる事は出来ますが、
健康を一度害してしまうと、なかなかもとの状態に戻すのは、
大変な事です。

いつも元気で、長生きで楽しく生活が出来るように日々過ごして
いきたいですね。



やまびこ整骨院 院長 吉尾正人
(47歳申年みずがめ座B型) 拝



関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yamabikoin.blog135.fc2.com/tb.php/132-0ef1e645