やまびこ整骨院院長の吉尾正人です。

今日は、ストレートネックにという症状について書いてい
きます。

最近首が痛いとか、背中に痛みがでるとか、手がしびれる
などの症状を感じたことはないでしょうか。

最近はデスクワークがメインの仕事に携わってる方が多い
と思います。

このような仕事に就いてる方は、要注意ですね。

首がストレートネックになってる可能性がありますよ。

背骨というのは、頭蓋骨の下の頸椎から胸椎、腰椎、仙骨と
連なってる椎骨の組み合わせのことです。

背骨は生理的湾曲という前後にS状に湾曲してる訳ですが、
頸椎は生理的に前弯しており、約30〜40度が正常範囲
なんです。

これが30度以下になっている状態がストレートネックという
ことなんです。


慢性的に首、肩のこりや痛み、頭痛などの症状を訴える方の
多くは、このストレートネックになってると言われることで
しょう。

整形外科にいってレントゲンを撮って、そのように診断されて
聞き覚えのある方も多いんじゃないでしょうか。

大抵、整形外科では首の牽引をすることになります。

このような方の仕事は多くは、前述したようにデスクワーク
などの仕事で、長時間パソコン見ながらマウスを操作して、
下向きに作業をしてることでしょう。

そのような姿勢を長時間取ってると、頭が前方下方に倒れ
かかり、背中が丸まっていき、猫背の状態になっていきます。

そして最終的に首の湾曲がなくなって、ストレートネックに
なってしまいます。

良くある症状は、頭痛、肩こり、首が動かない、回らない、
上が向けない、眩暈、手がしびれる、寝違いを良く起こす、
吐き気がする、自律神経失調症などあります


このような症状がある方は、首の状態が結構悪くなってる
と思います。

首回りの筋肉の緊張も強くなり、血流も悪く、酸欠状態で
痛みが強くなってしまいます。

まず、一度姿勢のチェックをしなければなりません。

そして適切な治療をすることが必要です。

首周辺の疾患には、他にも胸郭出口症候群、頸椎ヘルニア、
頸椎症など悪化傾向になってしまうものもあります。

なで肩の人も鎖骨の角度により、首周辺の症状を訴える
方が多いと思います。

この様な症状が出てる方は、そのままにせず、早めの
治療をお勧めします。

やまびこ整骨院では、頭痛専門の治療も行なっております。
こちらは自費治療ですが、頭痛でお悩みの方はご相談下さい。


やまびこ整骨院 院長 吉尾正人
(46歳申年みずがめ座B型) 拝
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yamabikoin.blog135.fc2.com/tb.php/114-a4c7d2b1