やまびこ整骨院院長の吉尾正人です。

2か月ブログの更新を怠ってしまいました。

久々にブログを書かせていただきます。

まず、ホームページでもご案内させていただいておりますが、
7月よりお休みが変更になりました。

毎週日曜日と第1,3,5月曜日をお休とさせていただきます。その代わりに水曜日をやることになりました。

さらなる自分が向上をしていかなければならないという思いもあり、
勉強する時間ももっと取っていきたいなと思いました。

日曜しか来れない方々にはご迷惑をおかけしております。

何卒、ご理解のほどお願い申し上げます。

夜は平日21時まではいままで通り受付けておりますので、
是非、来れる方は問い合わせお待ちしております。

今後ともやまびこ整骨院をよろしくお願い申し上げます。


さて、筋肉の話は以前にもはなしておりますが、筋肉は
身体を鍛えてムキムキにマッチョになって見せるだけの
ものではないんですね。

自分はそうなりたいですが(笑)

筋肉には色々な働きがありますが、今日は血流に
重要な役割があるんです。

それは筋ポンプ作用と言って、筋肉を使うことによって、
血の巡りをよくするんですが、

地球上には重力が働いてるのは皆さんもご存じ
だと思いますが、血液は心臓の働きだけでは
体全体に血液を巡らせるには力不足なんですね。

人間は二足歩行で、寝てる時以外は立ってるか、
座ってますよね。

その時に足の位置は心臓より下にありますね。

何でもそうですが、高いところから低いところに
流れるのは簡単ですが、下から上に上がるには
かなりの圧力がないと流れませんね。

そこで筋肉が重要なんです。

筋肉が反復的に収縮、弛緩を繰り返すことにより、
血管を圧迫して勢いよく血液の循環、リンパ液の
還流を促し、心臓まで戻していくんですね。

全身を勢いよく流れることにより、筋内浮腫の改善や、
発痛関連(乳酸など)物質などの除去を行うんです。

皆さんが抱えてる痛みの原因というのは、この血液
循環の悪さにあるんですよ。

その発痛物質というものは、血液がうまく流れず、
酸欠状態になった筋肉などに痛みを出すんです。

実際痛みに関する組織については、またいずれ
お話したいと思います。

また、心臓にもどる血管は静脈と言いますが、静脈
には弁が付いていて、筋肉が収縮した時に、逆流
をしないようにしているんですね。



この機能が壊れてしまう疾患が、静脈瘤というもので、
良く中高年特の女性に多いですが、ふくらはぎの筋肉
などの血管がボコボコと盛り上がってしまってる状態
ですね。

血液には酸素と二酸化炭素の交換という働きもあって、
血液の循環で、綺麗な酸素を含んだ血液を体内に送り、
体にも重要な働きですが、二酸化炭素を含んだ汚れた
血液を綺麗にするためにも重要なんです。

免疫力にも血液は大事です。

血液がちゃんと巡らないと、身体には良くないこと
が多いんです。

これはとっても重要ですね。

そこで歩いたり、ストレッチしたり体を使ってあげる
ことが重要なんです。

ふくらはぎは第二の心臓とも言いますが、良く歩き
ふくらはぎを良く使ってあげて下さいね。

では、今日はこの辺で失礼します。

やまびこ整骨院 院長 吉尾正人
(46歳申年みずがめ座B型) 拝




関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yamabikoin.blog135.fc2.com/tb.php/109-f2a48551