やまびこ整骨院院長の吉尾正人です。

今日は、上腕骨外側上顆炎についてのお話です。

良くママさんがバリバリテニスをやってる方に
多いんですが、テニスで良く痛める人が多いので、
別名テニス肘と言ってます。

このテニス肘は、手首を上に反らしたり、特にテニス
では、手を握った状態でバックハンドで打ったりする
と痛めることが多いと思います。

結構、痛めるとラケットを握るのも辛くて、出来なく
なっちゃうんですよね。

ゴルフなんかでも痛めるので、ゴルフ肘ともいいます。

日常では雑巾を絞ったり、手の甲を上にして物を持ち上げ
たりすると痛みが強く出ます。

外側上顆とは、肘の外側の部分をいいます。





この外側上顆という部分には、短撓側手根伸筋や総指伸筋
などが付着しており、先程の手首を上に上げる動作などで、
激しく反復するような場合に炎症を起こしてしまうんですね。

肘がいたいなという方で、確実にこの疾患かという
のを確かめるには、次のようなテスト法があります。

トムゼンテスト(手首を背側から押さえ、患者さんに手首を上げてもらう)


チェアテスト(上から椅子の背もたれをつかみ、持ち上げる動作をする)


ミドルフィンガーテスト(手を開いて中指を上から押さえて、患者さんに中指を反らしてもらう)


このようなテストで肘の外側に痛みが出たら、外側上顆炎という
ことになります。

圧痛という押す痛みも結構強く出ます。

この場合、テニスなんかは少し休んだ方がいいですが、どうしても
やりたい方は、エルボーサポーターやキネシオテープでの処置が
有効だと思います。

かなり痛みが強いときに、無理してプレイすると整形でステロイド
とか打たないといけなくなっちゃいますので、早めにお越し下さい。

早期治療で早めに復帰を目指しましょう!

やまびこ整骨院 院長 吉尾正人
(46歳申年みずがめ座B型) 拝




関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yamabikoin.blog135.fc2.com/tb.php/108-70573931