やまびこ整骨院院長の吉尾正人です。

腰痛には腹筋が大事ということを良く耳にしますが、
腹筋だけを鍛えるには結構数をこなさないといけない
ということも言えるんですね。

ここで体全体の3分の2は下半身にあるということです。

ですから、上半身ばかり鍛えても思ったような体になら
ないということは言えます。

お腹を引き締めるには、腹筋運動だけをひたすらやる
よりは、スクワットを10回でもやった後に、腹筋を
やる方が効果が高いということです。

また、ダイエット効果も抜群にあがるようです。

骨盤が開いてると、内蔵の下垂して、ポッコリお腹
になってしまいます。

骨盤を閉める効果もあり、下垂した内蔵が改善され
ると、お腹いっぱいになるのがはやくなり、腹八分目
で満腹感が得られ、ダイエットにもいいということですね。

筋肉は代謝や熱の産生に働くので、筋肉を鍛えることで、
さらに引き締まっていきます。

どうしても痩せられないという方がいらっしゃいますが、

食事の量、回数(間食などしてないか)、食べ物の内容、
などなど改善点があるかもしれません。

1日3回規則正しく食べないといけないと思って、
食べたくないのに無理して食べていたりしてませんか。

1日2食で十分ですよ。調子の悪い時はプチ断食も効果
があります。

調子が悪い時は食べないことです。一度胃の中を空っぽ
にして、良くなったら食べるというのも重要です。

最近自分は、i phoneのアプリで、rantastic というところ
が出してる、スクワットバージョンでスクワットしてます。

いきなり100回とかは厳しいので、このアプリで指示通り
に最初は少ない回数から、3−3−2−4とか徐々に、
4−4−5−6とか上げていくようになってるので
とてもやりやすいです。

無料バージョンがあるのでスマホをお持ちの方はダウンロード
してみて下さい。

腕立て、腹筋バージョンもあるんですよ。

まあ、そこまでやらなくてもいいということで、
骨盤スクワットの紹介します。

1日3分でいいんですね。

まずやり方ですが、


骨盤スクワット 

1、足を肩幅に開き、つま先は開ける最大まで外側
に向ける。

2、45秒かけて腰を落とせるところまで落とす。

3、15秒かけて元に戻す。

4、今度はつま先を出来るだけ内側に向ける。

5、また、45秒かけて腰を落とせるところまで落とす。

6、15秒かけて元に戻す。

7、つま先はそのままで、上体を出来るだけ前に倒し
約15秒キープ。
(このとき背筋はまっすぐに上体を倒すこと)

8、ゆっくり戻して終了。

たった3分、1日1回やればいいだけです。

チャレンジしてみて下さい。

しかし、諦めずに続けることが大切です。

大体結果がでないのは、途中で諦めてることが
多いです。

頑張って続けてみて下さい。
 
では、今日はこの辺で。

やまびこ整骨院 院長 吉尾正人
(46歳申年みずがめ座B型) 拝

宜しければ、拍手をお願いします
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓




関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yamabikoin.blog135.fc2.com/tb.php/102-a8bbe90f