こんにちは!

やまびこ整骨院の吉尾です。

昨日は、初めて都庁に行きました。

何のために行ったかと言うと、間もなく期限が
切れるパスポートの更新をしに行きました。

ご存じかもしれませんが、パスポートには
5年用と10年用とあります。

私は10年用だったのですが、再度10年更新
したのです。

ここでショックだったのが、なんと10年前の
写真と今回更新用に撮った写真の自分の違いに、
かなりショックを受けました。

あたり前ですが、まだ10年前の写真は、
今見ると自分で言うのはなんですが、若く見え
ます。

しかし、今回撮った写真を見ると、とっても老け
まくっている姿に絶句でした。これはかなり劣化
がすすんでいるなと思いました(涙)。10年の
月日は、それなりの年月が経っているのだと感じ
ました。

10年後また、更新することがあって写真を撮っ
た時に、その時の自分の顔はどうなっているん
だろうと不安を覚えました。

しかし、人間ですから時が経てば老化をするのは
あたり前ですね。そんなことを気にしていたら、
これからの人生は、不安ばかりになってしまいます。

老化や病気にならないために、歳を取っても元気に
生活できるようにしていきたいものです。

…さて、そんなことで、今日は老化、病気予防に
ついて大事なお話をしたいと思います。

日頃、ストレスって皆さんは感じてますか?

ストレスは万病の元とか、ストレスは溜めない方が
いいよ、と良くいわれますね。

何となく、ストレスを溜める事は良くないとわかって
いても、どうやったらストレスを溜めないようにでき
るのか、そのストレスをどう解消できるのかなど、

基本的にストレスの溜まらない生活なんてそもそも
不可能じゃないかなど考えることの方が多いです。

しかし、このストレスというのは漠然としてますが、
厄介でもあります。

この目に見えないストレスというパワーは、一概に悪い
とも言えないと思うんですが、いい方にも作用すれば
いいんですが、多くは悪い事に作用すると思うんですね。

人間の生活の中で、一番いけないのがこのストレスで
過剰に溜めることであって、それに伴って起きる血流障害
が問題になります。

ストレスを抱えると何が起こるかと言うと、呼吸が
浅くなり、そこで低酸素状態となり、血流も
悪くなって、低体温状態になるということです。

人間は、ホメオスタシスの働きで環境に関わらず一定の
体温を保っている恒温動物なんですが、安定して生きて
いく為には、一定の酸素と温度が必要なんです。

それが低体温、低酸素状態になっていると、体がなんとか
しようとして、その状態の時に細胞ががん化してしまう
そうです。

また、この低体温、低酸素状態では、体内に活性酸素
発生させ、老化や病気を引き起こすわけなんです。

老化は、誰しも妨げられないものですが、老化を早めて
しまうのは、この活性酸素を起こしてしまう
ストレスに問題がありますから、日頃から気をつけたい
ですね。


以前にも痛みについて、痛みは、筋緊張からくる血流障害
が酸欠を起こし発痛物質が溜まる事で痛みを感じるという
お話をしましたね。

結論としては、過剰にストレスを溜めない方がいいですが、
それは難しいと思いますので、ストレスを解消することを
心掛けていきましょう。

ここで病気や老化を妨げる4つの解消法をお教えします。

 ゆっくり呼吸をする(腹式呼吸はおすすめ)
 体を温める(お風呂にはしっかり入る)
 ストレスを溜め過ぎない(働き過ぎ、不安や考え過ぎなどに注意)
 運動をする(ウォーキングや軽い筋トレなど)

では、今日もストレスを解消し、元気に良い一日をお過ごし下さい!

やまびこ整骨院 院長 吉尾正人
(49歳申年みずがめ座B型) 拝
スポンサーサイト