こんにちは!

やまびこ整骨院の吉尾正人です。

今年もう6月ですね。
5月に入ってから、結構暑い日が続いてますね〜

もうすでに、夏という感じですね。

でも、寒い時よりも体は動かしやすいし、汗をかいて
頑張っていきましょう!

…さて、今日は、寝苦しい日があったり、
いい睡眠ができてないという方にお話したいと思います。

そのグッスリ眠れるお話をしたいと思います。

色々と睡眠についての話は、以前にもさせていただいてましたが、
今日は、寝る前の入浴法についてです。

やっぱり、1日の疲れを取るには良く寝ないと、次の日の行動に
影響を与えますから、しっかり睡眠は取らないとだめですね。

良い睡眠を取るには、体温が重要です。

体温には、表層の皮膚体温と深層の深部体温があるんですね。

眠くなる状態と言うのは、この深部体温が下がってくると眠気
が起きて、眠くなるんです。

日中は深部体温は、高く、皮膚体温は少し低めです。

それが、だんだん夜になるにつれて逆転しますが、深部体温が
下がるのは、その熱を外に放出して、熱を逃がす役割をしてる
のですね。

その働きで、脳や体内の温度がオーバーヒートしないように調整
してくれているんです。

ちなみに、普段体温計などで脇の下で体温を測ってますが、
これは皮膚体温なんです。

この深部体温は、自然に下がっていきますが、これを効率よく
下げるのに、入浴が威力を発揮します。

入浴をすると、一段と体温が上がってしまって眠りづらくなる
のではないかと思ってしまうところですが、そこがミソです。

入浴する前よりは深部体温は上がるんですが、その下がり方が
入浴することで、スムーズに下げていってくれるので、お風呂に
入った方が、眠りにつきやすいのはこの効果なんです。

…そこで、ぐっすり眠れる入浴の仕方を紹介すると、

ブログを読んでくれてるあなたも、入浴剤を使ったりしてる方
多いんじゃないかと思います。

普段私は、入浴剤は使わないんですが、入浴の質を上げるために、
ある友人に紹介された入浴剤をお教えします。

今回使って良かった入浴剤が…

クナイプのバスソルトです!

このバスソルトは、2億5000万年前の古代海水を精製した岩塩と
天然ハーブの精油を使ったものです。

クナイプ

このバスソルトはドイツ生まれで、とても評判がいいですね!

天然のハーブを使ってるし、防腐剤なども不使用、さらにいいのは、
製品について動物実験してないんだそうです。

クナイプ2

その友人も

「これ使ってよく眠れた〜」
「爆睡しましたよ〜」

と言っておりました。

特に、「ホップとバレリアン」というハーブを使ったものが、眠りにいい
ハーブみたいです。

なので、これを使ってみました。

「かなり暖まります!」
「本当の温泉に入ってるみたいです!」
「お風呂から上がっても、汗が止まりません!」
「翌日までグッスリでした!」

この入浴剤を使う以外にも、お風呂に入るタイミングや温度も重要です。

お風呂の温度は、40度ぐらいで、大体寝る1時間ぐらい前に入るのが
寝る時に深部体温がいい状態に下がってきて、ちょうどいいみたいです。

また、寝る前にパソコンやテレビなどの刺激は禁物ですよ。睡眠を妨げ
ますからね。

体の疲れを取るには、睡眠はとても重要ですから、ちょっと試してみて
下さい。

1日の中で三分の一は睡眠ですし、睡眠が1日の疲れや痛んだ臓器などの
修復を行ないます。

ということで、

今日はいい睡眠を取るためのお話でした。

最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます!

今日も1日頑張りましょう!

やまびこ整骨 院長 吉尾正人
(49歳申年みずがめ座 B型) 拝
スポンサーサイト