やまびこ整骨院院長の吉尾正人です。

今日は冬に起こるぎっくり腰についてお話したい
と思います。

ぎっくり腰は例年を通じて起き得る疾患ですが、
これから年末年始に向けてさらに寒くなりますし、
色々と行事も増えてくる事と思います。

寒い時期ですから、体が縮こまって筋肉が硬く
なってしまい起こるんだろうなということは
お分かりかと思います。

当然『冷え』から筋肉が緊張してしまい、動きの
ない生活で、血流の悪くなり酸欠状態から発痛
物質や老廃物などが溜まり、それは直に症状として
は現れません。

12月ともなると、仕事は忙しくなり、残業も増え、
長時間のデスクワークで体は動かせず、帰りは寒さ
対策で厚着になり、体を縮こめて前かがみで
身長が5センチは低くなって帰る感じでしょうか。

また12月は忘年会のシーズンで、居酒屋で座敷に
長時間座って飲み明かすような状況もあるのではない
でしょうか。

そんなような状況で急にガバッと立ち上がった
途端グッキッと腰を痛める事でしょう。



このような季節では主婦の方にも起こる原因はあります。
それはこの時期、大掃除の季節にもなりますね。

縮こまった体で、急に重い物を持ったり、前かがみで
拭き掃除、草むしりなどの作業をやっていると、思わ
ず、ぎっくり腰になってしまう事もあります。



直には症状は出ませんが、ジワジワと体に対して悪影響
を起こして、突然のぎっくり腰になったり、腰だけでは
ありません。ぎっくり首、ぎっくり背中にもなってしま
います。

いつもこのブログや整骨院にきて下さった方にはお話し
しますが、これを今読んでるあなたにも申し上げたい
のは、いつも同じ姿勢や悪い姿勢で長時間いないように
して下さい。

気がついたら、肩甲骨を動かしたり、腰を動かしたり、
足首や膝や股関節をしっかり動かしていきましょう。

日々運動週間がある方は問題ないでしょうが、仕事や
忙しい毎日で、運動もする暇のない方は、少しでも
日々の生活の中でちょこちょこ体を動かしていきま
しょう。

それでも、今あなたに何処かに異変を感じたら
すぐに連絡下さい。

悪くし過ぎる前にケアしていきましょう。

11月も明日で終わりです。忙しい師走にはり
ますが、残り少ない2016年を楽しく、来年
の目標も立てながらゆったりお過ごし下さい。

今日もブログを読んで下さってありがとうござ
います。

今日もあなたにとって素晴らしい1日であります
ように。

武蔵小金井の
やまびこ整骨院 院長 吉尾正人
(48歳申年みずがめ座B型) 拝
スポンサーサイト