やまびこ整骨院院長の吉尾正人です。

もう9月ですね。あっと間に今年もあと4ヶ月を切って
しまいました。本当に1年が早く感じる今日この頃です。

1日1日を大事に、重要な事にフォーカスして生きていき
たいですね。

今日は、そんな事から話しをしていきたいと思います。

人間は何かを行動する時には、決断をしなければなりません。

あなたは、朝起きてから歯を磨か磨かないか、今日着ていく
服はどれにしようか、ワンピースが良いかパンツを履くかとか、
今日は朝ご飯食べようか、食べるの辞めようかなどなど。

大事な事は、このような決断には『意思の力』が必要なんです。

この意思の力が、めちゃくちゃ働かないと、良い決断というもの
は出来ないと思っています。

そんな決断をすることをあなたは1日何回やってると思いますか?

人間は、大体4、5万回は決断をしているそうです。

そんな回数を1日やっていたら本当に頭は疲れてきてしまいますね。

良い決断をする事が多ければ、1日の生活が充実してるでしょうし、
あまり決断が良くない時は1日落ち込む事にもなりかねませんね。

でも、1日に良い決断をすることは限界があります。そして、良い
決断をするには、意思の力が必要です。

それがフルパワーだった方が良いわけですね。

この意思の力は、1日1日使えば使うほど、減っていってしまう
んです。

朝起きた習慣が100%意思の力があるとしたら、朝ご飯食べるか
悩むで10%、今日着ていく服を決めるで10%づつ減ってしまう
のです。

さらに、感情が動くと意思の力は激減するので、会社で上司に怒ら
れたり、クレームもらって対応した、夫婦喧嘩したなどでも、意思の
力は減ってしまいます。

だから、大事な決断や良い決断をするためにこの意思の力を使い
過ぎないようにした方がいいですね。

それには、どの時間帯が良いかと言うと、朝一番、起きてすぐ
が良いという事です。それには良い睡眠というものも重要なのですが、
決断をすることが多くなると、意思の力は弱くなります。すると正しい
決断ができなくなってきます。

また、朝一番は脳はクリアーな状態ですから、何かするにも
効率が良い筈です。

起きてすぐに、美味しい水をゴクッと飲んで、何につけても
その脳内が何も余計なことを考え始める前のクリアーな状態で、
今日1日に行動やすぐやらなければならない事などを行うこと
をして下さい。

治療の現場でも、1日1回はストレッチなどやって下さいねと、
お伝えするんですが、なかなか仕事も終わって疲れて、お風呂
入ってやろうと思うと出来ないことも多いようです。

出来れば、早起きをして朝起床した時間にやってしまうという
習慣にしてやる事が良いと思います。

良い習慣も朝一番ですね。

では、今日1日あなたにとって良い日でありますように。

やまびこ整骨院 院長 吉尾正人
(48歳申年みずがめ座B型) 拝


スポンサーサイト