やまびこ整骨院院長の吉尾正人です。

今日は、痛みについて話してみたいと思います。

あなたは現在、何かしらの痛みを感じているでしょうか。

痛みとは、原因を伴って痛むこともありますが、必ず
問診でお伺いするのですが、腰痛などで痛みがある時に、
何をして痛くなりましたか、という質問にたいして、
特に原因はないです。と仰られる方が結構多いです。

痛みは、基本的に腰痛なら腰に何かしらの問題が起きた
として、それが神経を伝わって、脳にで痛みを認識する
んです。

以前にも、話した事がありますが、痛みには1次痛
2次痛があり、1次痛は、急性痛とも言っていますが、
ぎっくり腰や打撲、捻挫のような原因がその時に起きて
起こる痛みですね。

多くは2次痛で、原因がはっきりしてないとか、覚えて
ないとか、以前に何かしら痛めたことがあって、そこが
再度痛みだしたなどですが、この痛みがとても厄介です。

痛みの原因はなくとも、この痛い部分は、反応して神経
を伝わって、視床から大脳辺縁系に伝わって痛みを感じます。

この痛みは、疼くようなズキズキした痛みだったり、
ジュクジュクしたような何となくはっきりしない痛みとして
感じてる事が多いです。

ですから、何処が痛みますかと聞きますと、何となく
ここら辺というような感じで、腰全体をさす場合も多
いですね。

この痛みは、情動や感情でも反応しますので、放置して
おくと、痛覚が過敏となってしまい、より痛みが強くなって
しまうことがあります。

また、治療においてもこのような痛みは、情動との関連も
あるので、治りにくい場合もあります。

同じように施術を加えても、人によってすぐに痛みがとれ
ないこともあります。

ですから、長期的に痛みというものは放置しなことは
言うまでもないのですが、多くはこの痛みは、その
部分の筋肉の緊張が強くなっていますので、その部分
が血流が悪く、痛みの原因となる発痛物質が溜まって
しまい、流れない状態です。

しっかりとこの原因となっている筋肉の緊張をとって
あげて、この痛みの原因である発痛物質を排除しなけ
ればばりません。

また、人間の体と言うのは、ホメオスタシスという
恒常性維持機能が働いて、常に安定的に無意識に体
が働いています。

無意識というのが大事ですが、例えば、血液や心臓
の働きは自分で意識して動かせませんね。

勝手に体が働いて血液を流したり、心臓を動かしたりし
てます。

これをホメオスタシスといいます。

ずっと座っていてじっとしているかもしれませんが、
床や椅子に当たってるお尻の部分は、2分もそのままに
していたら組織壊死を起こし始めるので、無意識にわから
ない程度にずらしたりしてるんですね。

寝返りもじっと仰向けに寝てるつもりでも、無意識に寝返り
をうったり、体を動かしています。

ということで、痛みもそのままにしておけば、痛いまま
になってしまいますが、良い刺激を加える(施術や治療)
事で、良い反応がでくれば、それを維持しようと体は無意識
にその方向にいくと言えます。

また、治療後のケアも大事で、ストレッチなどもお教え
してますが、週1回とか治療は毎日行うわけではない
ところで、日々の生活習慣としてやっていただく行動が
とても重要になります。

これは、やっている方とやらない方では、かなりの反応
が違ってきます。

いつかここに来られるあなたは、治したいというモチベー
ションが高い方だと思いますので、きっと日々の行動
も変えながら、いい結果がでてくると思います。

こういう整骨院など、初めて行こうと言う方は特に、
どんなとこだろうとか、どんな先生か、怖いんじゃないか
とか、色々と不安があると思いますが、是非、一度
電話でもお問い合わせ下さい。

そんなに怖くないですよ(笑)

では、今日もあなたが穏やかに過ごせますように。

やまびこ整骨院 院長 吉尾正人
(48歳申年みずがめ座B型) 拝


スポンサーサイト