やまびこ整骨院院長の吉尾正人です。

今日は、膝の話しをしていきます。

膝には、半月板という組織があります。

良くサッカー選手などが、半月板損傷したとか聞きますよね。

半月板は、大腿骨(太ももの骨)と脛骨(すねの骨)の間に
挟まっている板状の組織です。

半月板は、C状の形をして内側半月板とO状の形をした外側半月板
で形成されています。


(他のホームページ参照)

この半月板を損傷すると、ロッキングと言って膝関節の中で
めくれたような状態になって、歩くのも困難になってしまいます。

そうすると、半月板を内視鏡で取り除くようになってしまうこと
が多いです。

半月板の働きは非常に重要です。

例えば、いくつかの役割があります。


それは以下のようなことです。

*********************
1、半月板は圧縮応力を分散させる
*********************

膝関節は、大腿骨と脛骨の関節ですが、ここにはかなりの荷重が
かかっています。

半月板がなければ、かなりの圧力が加わり、1点に荷重がかかると
関節面に負担をかけてしまうのを、分散させる働きがあります。

*********************
2、半月板は潤滑を良くする
*********************

半月板は、圧力を分散させるとともに潤滑膜を2重にして、
膝の潤滑を改善する。摩擦を少なくする働きもあります。

**********************
3、半月板は大腿骨を側方より支える
**********************

半月板は、脛骨の上に収まっていて、くさび状になって関節包とともに
側方より大腿骨顆部をささえている。

**********************
4、半月板は移動する
**********************

半月板は、屈曲(膝を曲げる)した時は後退する。伸展(膝を伸ばす)
した時は前進する。

以上のことから、半月板は膝関節にとって大変重要な存在なんですね。

膝関節は非常に負荷のかかっている関節ですし、体重の何倍も過重を
受ける部分です。

また、半月板は血流にも乏しいため、一度損傷をすると治りにくい
組織でもあります。

基本的に膝の関節は、屈曲、伸展という動きしかしないのですが、
スポーツなんかをしていると膝を捻ったり、ジャンプや走行することで、
動かない方向にストレスがかかります。

膝への負担をかなりクッションとしての役割で、補っていますが、
一度大きく損傷したりすると、先程説明したように、切除するような
ことになってしまいます。

関節は鍛えることが出来ません

大事なことはまず、

**********************
1、太らない
**********************

予防としてまず太り過ぎない、これは単純に増えた分だけ負荷が
増えてしまいます。筋肉で増やしても同じです。

**********************
2、下半身の筋肉をしっかり鍛える
**********************

若い人は、スクワットやバーベルなど使った筋トレも良いで
しょうが、あまり負荷をかけ過ぎるトレーニングはかえって
関節を痛める原因となりますので注意が必要です。

中年以降で膝が痛くなってきた人は、椅子に座って行うレッグ
エクステンションやレッグカール、臀筋のトレーニングなどを
お勧めします。

**********************
3、ストレッチをする
**********************

ストレッチのやり方は色々とあると思いますが、関節を柔らかくし、
筋肉の血流の流れを良くするために、無理のないストレッチを行って
下さい。

今回は膝の話しですが、体幹、股関節、膝関節、足関節全てを
動かすようにして下さい。

運動後の整理体操も重要です。スポーツなどやる前の準備体操は
やっても、運動後の整理体操はやらない人が多いです。

しっかり運動後のクールダウンは行って下さい。

在り来たりな内容とは思いますが、結構やらない方も多いし、膝を
痛めてる方は多いです。

また、半月板損傷に関わらず、特に中年以降の女性は、膝の疾患が
多く見られます。

膝に関わらず、関節は痛めると治りにくい部位ですので、気をつけて
下さいね。

ということで、今日はこの辺で。

やまびこ整骨院 院長 吉尾正人
(48歳申年みずがめ座B型) 拝
スポンサーサイト