やまびこ整骨院院長の吉尾正人です。

今日は、少し姿勢の話をしましょう。

人間は今更ながらですが、二足歩行で歩きます
よね。

人間はこの二足歩行になったことによって、
脳の機能発達し、手足も器用に使えるようになって
いったわけですよね。

しかし、四足の動物よりも劣っている点も
あるわけです。

地球上には重力というものがあり、自然に
地面に引っ張られてるのですが、このことが

バランスの悪い、二足歩行の人間にとっては、
つらいことがでてくるんですね。

当然、四足動物より安定が悪いですね。

4,5キロはあろう頭が一番上にのっかており、
ひょろっと二本足で立ってるわけです。

しかし、体というものはうまくできてるん
ですが、背骨をうまくS状にカーブして、骨盤
でいい角度で上半身のバランスをとってるん
ですね。

けれども、普段の生活習慣によって悪い姿勢
をとることによって、良く起こる疾患に悩ま
されるんです。

例えば、皆さんはどんな姿勢をしてますか?

骨盤 no1

いろんなタイプがありますね。

良く指摘されるのが、一番左の猫背姿勢のタイプ
ですが、この図では、お年寄りタイプになって
ますが、ここまでいかなくても、猫背タイプの
人多いですね。

これは、猫背によって背骨の背中と腰の部分が後ろに
大きく後彎しており、それによって骨盤がかなり
後傾してます。

若い方だと、右側の背骨の彎曲が崩れて、まっすぐ
になった感じに見える姿勢ですね。

若い女性に多いのが、腰椎の前彎(反り)が強く、
骨盤が前傾してる状態です。

右から3番目のタイプでしょうか。

骨盤no3


このような姿勢になってしまうと、腰に負担がかかり、
腰痛の原因になります。

また、高齢の女性に多いのが、変形性股関節症という
疾患です。

最初のお年寄りタイプという、猫背の強くなった状態
ですと骨盤が後傾して、股関節の前方の隙間が狭くなり、
股関節の疾患になりやすいです。

これを英語では、HIP-SPINE SYNDROMEといい、
日本語では、「股関節と背骨に関する症候群」とでも
いいましょうか。

股関節、骨盤、腰椎の動きは、連動していることから、
影響を受けやすいんですね。

普段から姿勢を気をつけるということは、大事なこと
なんですが、なかなか気をつけるのって難しいですよね。

一番気をつけてほしいのは、長時間同じ姿勢を取らない
ようにしてください。

一本自分の頭から股の下に一本の軸が通ってるイメージを
して下さい。

左右のバランスも大事です。

首、肩の痛み、腰痛などなど痛みが出てきたら、我慢せずに
すぐに治療を受けて下さい。

また、それぞれの痛みを改善する為の体操などお教えしていき
たいと思います。


では、今日はこの辺で。

やまびこ整骨院 院長 吉尾正人
(46歳申年みずがめ座B型) 拝











スポンサーサイト