やまびこ整骨院院長の吉尾正人です。

今日は、一般的に取られてる油について書いていき
ます。

最近はテレビでも耳にする、マーガリンは良くないよ、
ということ言われてますよね。

基本的に油の成分には大きく分けて、飽和脂肪酸という
のと、不飽和脂肪酸という種類があります。

一般的な植物油は不飽和脂肪酸なんですが、この脂肪酸は、
熱や光によって酸化しやすいんだそうです。

また、体内で活性酸素と反応し、危険な過酸化脂質を発生
させるそうです。

さらに、一般に販売されてる精製された植物油は、長期に
お店に置かれても耐えられるように水素添加されるんですが、

この水素添加とは、不飽和脂肪酸の植物油に高熱状態で
水素を加え、人工的に飽和状態を作る工程です。

その過程で天然油には存在しない、トランス脂肪酸という
物が発生します。

トランス脂肪酸は、悪玉コレステロールの増加、動脈硬化
との影響もあり、アメリカでは、トランス脂肪酸量の表示
が義務ずけられてるそうです。

飽和脂肪酸の中でも中鎖脂肪酸というものがあり、
中鎖脂肪酸は、胃リパーゼによって胃の中で分解され、
腸から門脈を通り、肝臓で燃焼されてエネルギーに
なるので、内臓に貯まりにくく、消化が早いんですね。

この油を多く含む植物は、ココヤシから取れるココナッツ油
です。

ココヤシは酸化に強い飽和脂肪酸のため24℃以下では固
まってしまいますが、体内に入ればちゃんと溶けて吸収が良いです。

アブラヤシから取れるパーム油は違います。

良いと思われてるオリーブ油も不飽和脂肪酸が多い油です。

それを市販の油は、精製されてるのでトランス脂肪酸が
発生してしまうので、要注意が必要です。

ショートニングとか植物油脂とかパッケージに書いて
あったらそれは精製油脂ですから要注意です。

ほとんどのお菓子類には入ってますよね。

自分も最近は、家でココヤシの油を使っています。

脂肪は取らなければいけない栄養素ですが、良い油はよく
とった方がいいんですよね。

個人的に使ってる油について聞きたい人は、質問下さいね。

では、今日はこの辺で。

ためになった方、拍手お願いします

やまびこ整骨院 院長 吉尾正人
(45歳申年みずがめ座B型) 拝



スポンサーサイト