やまびこ整骨院院長の吉尾正人です。

梅干しって体に良いのを知ってる方は多い
と思います。

でも、梅干しにはどんな栄養があったり、
効果があるのか、少しお話をしたいと思い
ます。

梅干しには、まず整腸、殺菌作用があります。

梅干しの中のカテキン酸というものが、抗菌
作用があり、整腸機能を高めてくれそうです。
 
日の丸弁当にみられるご飯に梅干しは、この
ためと思いますよ。

血液を弱アルカリ性に保つという効果もあり、

肉食など体が酸性食品をとる時には、欠かせ
ませんね。

肝臓の負担を軽減し、美容、老化防止にも
役立つ食べ物なんですね。

また、解毒作用はピクリン酸、クエン酸とい
った成分が、腎臓、肝臓の働きを助けます。

このクエン酸は、疲労回復に重要で、食べ物が
エネルギーに変化する過程で代謝をスムーズに
して、老廃物を体外に排泄します。

さらに、梅干しを食べるとアディポネクチンと
いう成分が増加して、インスリンの働きが高まり、
血糖を下げる効果もあります。

中年に多い高脂血症が高い方にも、中性脂肪や
コレステロールを下げるので、特にうちでは
お茶に梅干しを入れて、つぶして飲むと梅干し
の成分が吸収されやすい。私が風邪のときには、
母親に番茶に梅干し、生姜、醤油をたらし、飲
まされたもんです。

結構効き目あったようね気がします。

胃がん予防にも良く、ピロリ菌という胃ガンの原因菌
を抑制するシリンガレシノールという成分が
含まれてるそうです。胃粘液の分泌も良くなり、
胃壁を守ってくれるんですね。

梅干し見ると何故か、唾液が出ますよね。

これは刺激唾液と言って、耳下腺から多く
でるみたいですが、消化酵素によって消化を
助けるし、口内のの殺菌効果もあるから、

本当に梅干しってすごいですよね。

まだまだ、色々とありますが、とにかく梅干し
は体にいいってことです。

是非、積極的に食べていきましょう。

ただ、食べ過ぎに注意ですよ。

やまびこ整骨院 院長 吉尾正人
(45歳申年みずがめ座B型) 拝





スポンサーサイト