やまびこ整骨院院長の吉尾正人です。

ブログの更新がご無沙汰になってしまいました。
期待されてるかわかりませんが、すみませんでした。

なかなか筆不精な私が、このような文章を書くのが
苦手で、定期的に続けようと思っても、こんなペース
になってしまい申し訳ありません。

もう少し書いていけるように頑張っていきます

今日は、ホメオスタシスについて話していきましょう。

ホメオスタシスって何のことでしょうか?

ギリシャ語に由来するようですが、生体における
恒常性のことなんです。

生体恒常性とは、生きる上で重要なことですが、
周りの環境の変化にかかわらず、生体の状態が
一定に保たれていることなんです。

それは、体温であったり、血圧、体液の浸透圧や
ウィルス、細菌の排除、怪我の修復などは、
この恒常性によって保たれてるんですね。

これは脳の視床下部から、自律神経系や内分泌系
に働きかけてるんですね。

例えば、体温を40℃ぐらいに保ってるんですよね。

熱が上がれば汗をかいたり、皮膚血管を拡張させ、
体温をさげたり、低くなればふるえが起きて、体温
を上げようとします。

血糖も基本的には、一定にたもたれてますよね。
(アルコールや甘いものをとりすぎると高血糖に
なりますが)

免疫系も外部からの異物を攻撃して守るための働きと、
過剰な免疫亢進を防ぐ、免疫抑制系とうまくバランス
を取ってるんです。

体の働きってすごいですね。

ということは、

治療においても同じようなことが言えるんですが、

腰痛や方の痛みを訴えるという状況も、マッサージ
だったり、矯正だったり治療を行うことで、
元の状態(正常な状態)戻ろうとする反応です。
これもホメオスタシスということですね。

これはいわゆる自然治癒力を高める治療というもの
ですが、人間には恒常性維持により自然に体を
元に戻そうという働きが備わってるので、それを
助けるための治療ということでは、私たちがおこ
なってる治療は大変有効です。

皆さんよく来院されてすぐ良くなりますか?
と聞かれるんですが、最初は、治すための治療、
徐々に良くなれば、メンテナンスも必要です。

個人差はありますが、体に優しい治療を是非
試して下さいね。

ということで、今日はこの辺で失礼します。

11月に入り大分寒くなってきました。

風邪をひきやすい方、しっかり毎日お風呂に
入って、しっかり靴下も履いて、冷やさない
ように寒さ予防をして下さい。

では

やまびこ整骨院 院長 吉尾正人
(44歳申年みずがめ座B型) 拝




スポンサーサイト