やまびこ整骨院院長の吉尾正人です。

今日は、筋肉痛についてお話ししたいと
思います。

筋肉痛の一番の原因は、激しいスポーツや
運動などで、筋繊維や結合組織が損傷する
ことで、その損傷を修復するヒスタミン、
ブラジキニンなどの発痛物質が神経を刺激
したりしておこるんですね。

筋肉には糖質や脂肪分などのエネルギーが
必要なんですが、激しい運動をすると、栄養
や酸素を送るための血流が不足して、乳酸と
いうものが溜まります。これが筋肉を刺激
するんです。

通常でも乳酸は作られるんですが、激しい
運動ではこの乳酸が大量につくられるので、
血液中に溜まり、筋肉が硬くなってしまい、
スムーズに筋肉を動かすことができなって、
痛みや炎症を起こします。

よく年を取ると筋肉痛のでるのが遅くなる
と言われますが、筋肉痛になるまでの時間は、
あくまでも個人差で、年齢とともに運動する
機会が減ることで、筋肉痛のでるのが遅く
なるということみたいです。
また、筋肉の回復する時間は年齢が高くなると
遅くなるのも原因の一つですね。

普段運動していないと、運動強度にかかわ
らず、筋肉痛になりますよね。
時々、激しい運動をすると強い筋肉痛になる
ので、普段から継続的に運動をするという
習慣にしたいですね。

先程言いましたように、血流不足から乳酸が
溜まり、筋肉痛を引き起こすということです
から、回復させるには血流を促進させてあげる
と比較的早く痛みを取ることが出来ると思い
ます。基本的には温めてあげるのがいいと
思いますが、あまりにも痛みが強い場合は、
一度冷やしてから、温めるという方が良い場合
もあります。

筋肉痛は1週間以内には緩和してきますが、
それ以上たっても回復が見られない場合は、
筋肉痛ではなく肉離れなどの損傷の可能性を
疑う必要もあります。
その場合は、すぐに専門医などに診せましょうね。

自分は良く運動後のクールダウンは大切ですよ
と言ってますが、運動後は筋肉が張った状態で、
血流を悪くします。ですから、疲労物質や老廃物
が溜まってしまうので、激しい運動後はゆっくり
とした運動に切り替え、血流を持続させ、さらに
ストレッチなど筋肉を伸ばしてあげると、張りや
筋肉痛の予防にもなります。

また、運動後のマッサージも効果的です。それも
適度なマッサージが血液やリンパ液の流れを促進
して、筋肉の疲労回復を早めます。

その時は、すぐにやまびこにお越しください。

つらい筋肉痛を抑えたり、疲労を回復するための
マッサージをさせていただきたいと思います

ということで、今日はこの辺で失礼します

やまびこ整骨院 院長 吉尾正人
(43歳申年みずがめ座B型) 拝

スポンサーサイト