やまびこ整骨院院長の吉尾正人です。

今日は、身体の中でも大事な体幹部である
腹筋のトレーニング法を一つ紹介いたします。

腹筋が弱いことにより、腰痛の原因や腰痛の
悪化を招きます。

また、これから暑い季節になり油断大敵なのは、
ビールなどのアルコールの摂取量が増えること。

その結果、運動をあまりしない働きざかりの
お父さん世代のお腹は、だんだんと大きくなり、
Tシャツも似合わない身体に変貌していくこと
でしょう。

夏に向けてここで、腹筋を鍛えていきましょう。

まず、ステップ1
仰向けに寝て胸の前で腕をクロスします。その
時に、足もクロスしましょう。


ステップ2
ゆっくりお腹に意識を集中しながら、上体を起こし
ながら足も上げていきます。


ステップ3
クロスした腕の肘と膝を近づけていくように身体を
曲げていき、さらに肘と膝がくっつくまで身体を丸め
ていきます。


この腹筋を10回ぐらい出来れば、1セットで
さらに、2セット、3セットできればいいでしょう。

出来ない方は、出来る範囲でやって見て下さい。
出来ても、1セット10回以上やらずに、1回を
3セットまでにして、毎日続けるようにしてみて下さい。

なんといっても、「継続は力なり」ですので、続ける
ことが大事です。

腰の悪い方は、足は上げずに膝を立てて上体だけを
少し上げて、お臍をみるように丸める感じ(腰は床
につけたまま肩を浮かすぐらい)でいいです。

その時、しっかりお腹に意識を集中して下さい。

意識は大事です。集中するこにより筋肉の付き方
は変わっていきます。

是非、試してみて下さい。

このやり方は厳しいとか、無理だとか、もっと
いいやり方があります、という方はコメント下さい。
今後の参考にしたいと思います。

では、今日はこの辺で。

やまびこ整骨院 院長 吉尾正人
(43歳申年みずがめ座B型) 拝
スポンサーサイト