やまびこ整骨院院長の吉尾正人です。

今日は冬に起こるぎっくり腰についてお話したい
と思います。

ぎっくり腰は例年を通じて起き得る疾患ですが、
これから年末年始に向けてさらに寒くなりますし、
色々と行事も増えてくる事と思います。

寒い時期ですから、体が縮こまって筋肉が硬く
なってしまい起こるんだろうなということは
お分かりかと思います。

当然『冷え』から筋肉が緊張してしまい、動きの
ない生活で、血流の悪くなり酸欠状態から発痛
物質や老廃物などが溜まり、それは直に症状として
は現れません。

12月ともなると、仕事は忙しくなり、残業も増え、
長時間のデスクワークで体は動かせず、帰りは寒さ
対策で厚着になり、体を縮こめて前かがみで
身長が5センチは低くなって帰る感じでしょうか。

また12月は忘年会のシーズンで、居酒屋で座敷に
長時間座って飲み明かすような状況もあるのではない
でしょうか。

そんなような状況で急にガバッと立ち上がった
途端グッキッと腰を痛める事でしょう。



このような季節では主婦の方にも起こる原因はあります。
それはこの時期、大掃除の季節にもなりますね。

縮こまった体で、急に重い物を持ったり、前かがみで
拭き掃除、草むしりなどの作業をやっていると、思わ
ず、ぎっくり腰になってしまう事もあります。



直には症状は出ませんが、ジワジワと体に対して悪影響
を起こして、突然のぎっくり腰になったり、腰だけでは
ありません。ぎっくり首、ぎっくり背中にもなってしま
います。

いつもこのブログや整骨院にきて下さった方にはお話し
しますが、これを今読んでるあなたにも申し上げたい
のは、いつも同じ姿勢や悪い姿勢で長時間いないように
して下さい。

気がついたら、肩甲骨を動かしたり、腰を動かしたり、
足首や膝や股関節をしっかり動かしていきましょう。

日々運動週間がある方は問題ないでしょうが、仕事や
忙しい毎日で、運動もする暇のない方は、少しでも
日々の生活の中でちょこちょこ体を動かしていきま
しょう。

それでも、今あなたに何処かに異変を感じたら
すぐに連絡下さい。

悪くし過ぎる前にケアしていきましょう。

11月も明日で終わりです。忙しい師走にはり
ますが、残り少ない2016年を楽しく、来年
の目標も立てながらゆったりお過ごし下さい。

今日もブログを読んで下さってありがとうござ
います。

今日もあなたにとって素晴らしい1日であります
ように。

武蔵小金井の
やまびこ整骨院 院長 吉尾正人
(48歳申年みずがめ座B型) 拝
スポンサーサイト
やまびこ整骨院院長の吉尾正人です。

今日は、正しい荷物の持ち方をお教えしていきたいと思います。

慢性腰痛を抱えて辛い方はもちろんのこと、何も 腰痛になった
経験のない方でも起きうる動作に、下にあるちょっと重い物を
持ち上げた時に腰に痛みが発生する、ということがあった経験を
した方もいるのではないかと思います。

1、まず、体を前傾姿勢にしていき、体が床と水平になってしまう
状態は危険な姿勢です。

この姿勢は、腰への負担はかなり大きい状態です。姿勢によって
腰への負担は体重以上の負担がかかることがあります。



2、さらに、膝を曲げずに腰の角度を下に持っていく状態です。
この状態で荷物を持ち上げようとした時には、足よりも腰に
負担がかかってしまい、腰には非常にきつい状態になってきます。



では、どうしたらいいのでしょうか?

3、なるべく体幹を前傾し過ぎないように、膝をしっかりと
曲げていきます。荷物をなるべく体に近づけておきます。



4、しっかり荷物を体に寄せた状態で、膝と腰を使って持ち上げて
いきます。そうすれば、腰への負担が軽減されるので、ぎっくり腰
の予防にもなります。



ちょっとしたことですが、めんどくさがってしまい膝を曲げずに、
中腰の姿勢で、荷物の上げ下ろしなんてことをしていると、腰痛
を抱える原因にもなりますにで注意して下さい。

ちょっとしたワンポイントアドバイスでした。

腰に痛みを感じたら、そんままにせず直に、やまびこ整骨院に
お越し下さい。

ではでは、日頃の生活習慣に気をつけていきましょう。

小金井市の武蔵小金井にある
やまびこ整骨院 院長 吉尾正人
(47歳申年みずがめ座 B型) 拝
やまびこ整骨院院長の吉尾正人です。

2か月ぶりのブログです。

今日は、また腰痛について話していきましょう。

ここ最近寒くなってきましたね。

季節の変わり目は、色々な痛みの症状が出たりする時期ですが、
皆さんはどうですか。

腰痛などで困っていませんでしょうか。

腰痛と言うとぎっくり腰みたいな重いものを持って、急に腰が
抜けたような症状というパターンもありますが、

多くは、ジワジワ、ウズウズ、ズーンとした腰の奥の方で痛む
ような腰痛が多いんではないでしょうか。

ぎっくり腰のような急性的な腰痛もそうですが、長期的な痛み
というのは、普段の生活習慣によることで起きることがほとんどですね。

ただ、特に何かしたわけではないという意見が多いんですが、
現在の多くの方は、デスクワーク中心の事務仕事に携わってる人が多い
ですよね。

やはり、長時間パソコンに向かってだんだんと前傾姿勢が強制されて、
腰に負担がかかってくるというのが原因ですが、長時間の椅子の生活
というのは、色々な意味で身体には良くないんですね。

ほとんど身体を動かすことがない生活習慣は、筋肉も使わず、血流も
悪くなり、姿勢が悪いことからくる呼吸が浅くなってしまうというような
状態が、大変身体にはいい状態とは言えないんですね。

多くの日本人は右利きだと思いますが、そのことによる右肩の巻き込み
が強くなり、体幹が左にねじれ、左側に過重をしてしまう状態が続いて
しまうんですね。

ある意味右利きだから仕方ないですが、これを長時間続けている状態
が悪いんですね。

腰に重要な起立筋の左右バランスが悪くなったり、骨盤の歪みにも
繋がります。

このような状態では、筋肉に収縮が起きて、血管が圧迫され、血流障害
が起きます。

そうなると、筋肉組織に酸欠が起こり、ブラジキニンといった発痛物質が
生じて、痛みが起こります。

さらに、反射性筋収縮、血管収縮が起こり、痛みの悪循環に陥ります。

この痛みの構造は、不安、抑うつ、怒り、悲観などの精神的ストレスでも
起きてきますので、これが筋収縮を引き起こして同じ状態をつくります。

本当は、腰痛解消には、長時間の座り姿勢をせず、適度な運動をして、
軽いストレッチを風呂上りにして、正しい姿勢で腹式呼吸と言った深い
呼吸法を行うとかなり良い状況が作れます。

この辺はまたお話したいと思いますが、

基本的には、ちょっとした事を気をつけて、腰痛が起きても普段通りの生活
を送れれば、次第に良くなっていきます。

でも中々痛みがあったり、忙しい毎日では改善させるようなことを自分だけ
の努力では改善できませんよね。

そこでやまびこまで、少しの時間を取って来ていただければ、腰痛改善の
お手伝いをさせていただきたいと思う次第です。

腰痛のほとんどはそんなに怖いものではありません。

硬くなった筋肉を緩めて、歪んだ骨格を矯正することで、
かなり改善できます。

一度、やまびこまでご連絡下さい。

優しい受付嬢が電話にて予約を承ります。

是非、問い合わせお待ちしております。

ではでは、今日はこの辺で。

やまびこ整骨院 院長 吉尾正人
(46歳申年みずがめ座B型) 拝
やまびこ整骨院院長の吉尾正人です。

もう今年も3月に入り、暖かくなったり、寒くなったり
もうそろそろ春の訪れがやってきますね。

しかし、まだ寒い日が続きますが、やまびこには最近、
このような季節の変わり目といいますか、ぎっくり腰の
患者さんが立て続きに来院されています。

2月は東京でも珍しい、大雪が続けて降り、その雪かき
の作業で腰を痛めた方が多かったですね。

しかし、3月に入り何人ものぎっくり腰患者さんがいらっしゃい
ましたが、大したことをしていないのに腰が痛んできて、
徐々に動くのがつらくなったという方が多くいらっしゃいます。

ぎっくり腰というのは、思わぬところで発生します。

魔女の一撃」というぐらいですから、突然の激痛に襲われる
方もいらっしゃいますが、なんで?というところで痛みを感じ
はじめ、だんだん痛くなる方も結構多いですね。



今いらしてる患者さんでもいらっしますし、結構多い原因
の一つは、くしゃみをして
そこから腰に痛みが起きるという方。

くしゃみって結構動作が大きかったりしますよね。

上半身を大きく前後に動かして、腰に負担がかかって
しまうパターンもあったり、急激に腹筋に力が入り、
腰に反動がくる場合もありますね。

その瞬間はあまり感じないんですが、そこから徐々に
痛みが強くなってきます。

こんなことでも結構痛みは強くなります。

次に結構多いのは、朝起きて洗面所で顔を洗おう
して、前にかがんだ時に急に腰に痛みが起きてしまうケース。

その後、会社に行こうと思ったら全く動けなくなってしまった、
なんてことありませんか。

朝は、筋肉の血流が悪くなっている場合も多く、あまり
動きの少ない寝ていた状態から、おじぎの姿勢で負担がかかり、
腰を痛めることも多い症例です。

ちょっとした角度でも腰には結構、負荷がかかるんですね。

そしてやっぱり多いのは、荷物を持ち上げようとして
ぎっくり腰になってしまうケース。

立った状態から、膝を曲げずにお辞儀するように前かがみに
なり、物を持ち上げようとした時にはかなりの負担が腰に
かかります。いわゆる中腰の姿勢ですね。

必ず、下からものを持ち上げる時は、膝を曲げて、姿勢を
まっすぐ保ち、荷物を自分に引き寄せてから、膝を伸ばし
ながら持ち上げるようにしましょう。

中々、普段からぎっくり腰になるとは思いませんから、
そのようなところに気をつけて、動作をすることは
ないと思いますが、

魔女に魔法をかけられたように、動けなくなりますよ。

人間の体は、寒さにも暑さにも順応して通常は、寒い時は
寒い時の状態に合わせ、暑い時は暑い時に体は合わせて
いきます。

しかし、寒い時は筋肉も固く、あまり動きのない
季節からだんだん暖かくなる春にかけては、

体が急激な動きになれていないところで、ぎっくり腰になる
ケースが多いと思いますので、まだまだ、これからの
季節には気をつけて下さいね。

症状によっては、足に痺れを伴ったり、股関節周辺まで
痛みが放散したりします。

今のうちの体を少しずつストレッチやジョギング
などで動かしていきましょう!

では、きょうはこの辺で。

やまびこ整骨院 院長 吉尾正人
(46歳申年みずがめ座B型) 拝


やまびこ整骨院院長の吉尾正人です。

今日は、腰痛と喫煙の関係についてお話した
いと思います。

喫煙をしていると腰痛になりやすくなるとい
うことを聞いたことがありますでしょうか。

煙草には、有害な物質というものが200種類
以上含まれていて、その中にはニコチン、一酸化
炭素、タール、ホルムアルデヒドなどだそうです。

この中で腰に影響を及ぼすのは、煙草といえば
ニコチンですね。

ニコチンは、血管を収縮させる作用があり、その
影響は、椎間板にダメージを与えます。

椎間板とは背骨の間にクッションの役割をしてるん
ですが、椎間板自体には血管はなく、椎間板の
周りを毛細血管が椎間板に栄養を与えてるんです。

ニコチンは、血管を収縮させるということですから、
この毛細血管も収縮させてしまい、栄養が椎間板に
十分にいかず、変性を起こすようになってしまうん
です。

また、椎間板はコラーゲンでつくられてるんですが、
コラーゲンは、ビタミンCにより産生が促進され、
煙草を吸うことによってビタミンCを失ってしまう
と、椎間板の老化を早めるそうです。

ある調査では、椎間板ヘルニアのリスクも、三倍に
なるとか、動物実験でも何週間も喫煙と同じ状態に
あるウサギにその後、禁煙状態にさせると椎間板が
修復されたなど。

煙草を吸っていて、さらに重労働してる方は、
椎間板ヘルニアになる確率があがりそうですね。

ですから、煙草を吸っていて腰痛をお持ちの方、
禁煙をすることによって、今抱えてる腰痛が楽に
なる可能性はありますから、出来れば禁煙に挑戦
してみてはいかがでしょうか。

愛煙家の方には申し訳ありません
が、身体を大切に。

やまびこ整骨院 院長 吉尾正人
(43歳申年みずがめ座B型) 拝