FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは!

やまびこ整骨院の吉尾です。

新年も早、10日が過ぎてしまいました。

うかうかしていると、あっという間に時間が経ってしまう
ので、今年は意識して、目標というものを掲げて、それを
少しでも達成できるようにしたいと思っています。

…さて、暖冬かと思っていたら結構、寒い日が続いていますね。
今日は、東京でも雪が降りそうな予報ですね。
こんなに寒いと体を動かすのもおっくうになってしまいます。

こういう時に寝違いや、ギックリ腰なんてことになることも
ありますね。

冬になんでこういう疾患が起きるかというと…

寒さによって、筋肉の緊張も強くなってしまい、血流が
悪くなると、酸欠状態から筋肉は硬くなって柔軟性を失います。

ただ、こういう寒いときは、やっぱり暖かい部屋でぬくぬくして
いたいですし、外に出るときも厚手のセーターにダウンジャケット
を着込んでなどの厚着になることで、体の体温調整機能は働かず、
あまりの厚着をし過ぎて、暖房の聞いた場所にいると、逆に汗を
かいてしまいます。

そうすると、今度はかえって体が冷えてしまい、かえって風邪を
引く原因をつくります。

極寒地域なら、仕方ないですが、通常の寒さぐらいでしたら、
ある程度寒さに慣れる必要もあります。

体は寒いと震えたりしますが、震えるという反応は筋肉を収縮
させて、体温を上げるためなんです。

ということで、体のこういう反応を損ねるほどの厚着はかえって
風邪をひきやすいなどの不都合起きやすいんです。

風邪をひいた後の予防で、インフルエンザのワクチンを打ち
ますが、風邪をいかにひかないかの習慣も必要です。

普段から厚着にをしているため、寒さ対策といって、厚着に
なり過ぎてしまいがちです

こういう場合は、なるべく薄手のセーターを重ね着するようにして、
暑い場所では脱ぎ着できるようにした方がいいでしょう。

足先が冷える人は、室内でも靴下を履いておくのはいいと思います。

また、こういう時こそ運動をすることをお勧めします。
普段から運動をしていない方や、冷え性の方は、末梢の血管が
細くなっている可能性があります。

筋肉を使わないと、血管は細くなったり、健康な人と比べると
全く血管の太さが違います。ひどいと末梢まで血管が行かなくなって
しまってる方もいらっしゃいます。

血管やリンパ液の循環には、筋肉の働きがとっても重要です。

特に簡単に自宅でもできる運動では、足裏の刺激とふくらはぎの
筋肉を動かすことです。

足裏からふくらはぎをしっかり動かすことで、血流を流してあげて
下さい。

ここで簡単なストレットを紹介します。

以下の写真のように、ふくらはぎをゆっくり伸ばしてあげたり、
足の指に手の指を入れて『足首グルグル回し』など他のストレッチ
に加えてみて下さい。









体の痛みを感じたら、すぐにお電話ください。

やまびこ整骨院では、治療とともに生活習慣の改善についてや、
その後のメンテナンスにも意識して、お話をさせていただいて
います。

では、これからもっと寒くなると思いますので、風邪をひかない
健康づくりを考えていきましょう。

では、今日も頑張っていきましょう!

やまびこ整骨院 院長 吉尾正人

スポンサーサイト
やまびこ整骨院院長の吉尾正人です。

平昌オリンピックも始まり、日本選手の活躍
も目立ってきましたね。

今日は比較的暖かい陽気ですが、その代わりに
花粉症の方は症状が出始めてる方もいるようで、
インフルエンザの後は、花粉症に悩まされる
のはつらいですね。

私は花粉症ではないですが(鼻炎は若干ありますが)
時に鼻水が出て、なんか変だなと思うと、鼻うがいを
します。

花粉症の方には結構いいと思いますので、簡単にその
やり方をお教えしたいと思います。

簡単にはと申し上げましたが、いくつか用意してほしい
ものがありますが、まずは鼻うがい専用のネティポット
というものです。

これがあると、先が鼻の穴にピタっとあって水が
流し込みやすいです。

コップなどで鼻の中に流し込むのはいいのですが、
とてもやりにくいですし、上手く鼻の中に水が入り
にくいので、アマゾンなどで簡単に買えるので取り
寄せて見て下さい。

また、真水は入れると結構鼻に刺激が強く、痛みが
でるので、ぬるま湯程度温めて、そこに自然塩
ひとつまみ入れてもらうと、鼻への刺激痛が少なく
てすみます。

私はヒマラヤの塩を使ってます。これもアマゾン
とかで買うことが可能です。別にヒマラヤの塩でな
くてもいいです。ただ、自然塩がいいです。



できれば水道水ではなくて、ミネラルウォーターで
やるとことをオススメします。水道水は塩素など
含まれるので。

これを左右の鼻に入れて口から出すという方法ですが、
一見そんなこと出来ないと思われる方も多いと思いま
すが、慣れると簡単に出来てしまいます。

これを毎日続けると、鼻水の状態も変わってくると
思います。自分がやっていた時には、かなり変わりました。

鼻の中の洗浄にも鼻づまりにも効果があると思います。

鼻うがいのやり方

1、まずネティポットにぬるま湯程度に温めた
  ミネラルウォーターを入れる。

2、そこに自然塩をひとつまみ入れる

3、少しかき混ぜる

4、ネティポットの先を右か左の鼻に当てる。

5、顔を少し前に出しながら横に傾けます。

6、あーやえーなど声を出しながら、口は半開き
  で水を流し込み反対側の鼻から出していきます。
  (いわゆる口呼吸で鼻で呼吸しない)

7、終わった後は、鼻を噛んで水や鼻水などの
  液体を出し切ります。

これを左右やってください。



これはインドヨガでは、ジャラネティと言って、
鼻洗浄の方法として1500年前から行なわれて
いるそうです。

ジャラネティは、食塩水を鼻の中に注いで、細菌や
バクテリア、ウィルスなどを洗い流して浄化する
意味合いがあるそうです。

最初はちょっと怖いかもしれませんが、花粉症で
悩んでる方などは一度試してみて下さい。

でも、無理してやらなくてもいいですよ。
塩と温水で行なうとそれほど鼻に入れても痛くない
ですね。

では、今日も健康的に一日元気に頑張りましょう!

やまびこ整骨院 院長 吉尾正人
(50歳申年みずがめ座B型) 拝
こんにちは!

やまびこ整骨院の吉尾です。

ここ数日めっきり寒くなりましたね。

朝晩、気温は一桁台ですね。体調崩されたり、
風邪をひいてる方も見られますが、私は今の
ところ、なんとか体調も崩さず頑張っております。

この時期にあなたが大変困っていることの一つに
冷え性など体が温まらず、寒い寒いと毎日悩んでる
ことがありますよね。

きょうは、冷え性についてお話したいと思います。

冷え性対策として、厚着をしたり、靴下を何枚も
重ねて履いたり、お風呂に長く入ったり、色々な
ことをやってると思います。

それでも冷え性の方は特に足元が冷えてしまって
辛い思いしてる方は多いですね。

今足先を触ってみて下さい。

冷え性の人は、かなり親指から小指まで、足の甲や
足裏もつめたくないでしょうか。

このような状態の方が、先程言った冷え性対策だけ
をやっていてもなかなか改善は出来ないと思います。

さむい時に温めることは大事ですが、さむいからと
言って、体がパンパンになるぐらい厚着をしてしまう
ことがいいわけでもないんですよね。

体を温めえる食材を選んで食べている方もいらっ
しゃると思いますが、それとともにやってほしい
ことがあります。

体温をあげるには、筋肉をつける体作りが大事です。

冷え性の方とそうでない方の足先の体温を測ると、
筋肉量が明らかに違うそうです。

そのため、足先に向かっては走っている毛細血管
が少ないそうです。

これは太っていて脂肪が多いということではなく、
やせ形の方でも、筋肉が少ない方には言えること
なんですね。

筋肉というのは、熱を産生する重要な器官です。

このため、筋肉量が少ないと熱の産生が良くない
ということです。

ということは、体温も低くなりやすく、冷え性の
原因なんですね。

体は、気温が下がると体を震わせて、筋肉が反応し
体温を上げるので、寒いからと言って、厚着をし
過ぎると、体の体温を上げる働きが損なわれて、
かえって良くないわけです。

そこで、大事なことは筋トレをするということです。

いつもながら、同じ事言ってますが、申し訳ありません。

でも、大事なことなのでまた言っちゃいますね、、、、

私も最近は、筋トレをやっています。







特に下半身の筋トレというものが重要になってきます。

私がおすすめする下半身の筋トレを紹介します。

1、スクワット

2、カーフレイズ

3、四股(出来れば)

下半身のトレーニングは、これだけではないんですが、
道具を使わず、ご自宅で効率よく下半身を鍛えられる
運動としてはおすすめですので、試してみて下さい。

スクワットと四股のやり方は、やまびこ整骨院のホーム
ページで動画で紹介しています。

カーフレイズは、簡単にいうとつま先立ちを繰り返す運動
です。

これはふくらはぎを鍛える筋トレのひとつですので、第二
の心臓であるふくらはぎを鍛えるには、とてもいいです。

また、いずれ動画で紹介したいと思いますが、ネットで
検索すると、やり方出てきますのでこちらも試してみて
下さい。

今日お伝えしたかったことは、冷え性で重要なことは
筋肉ということですね。

無理のない程度に運動は大事なスキルです。

では、今日も1日げんきで過ごしていきましょう!

やまびこ整骨院 院長 吉尾正人
(49歳申年みずがめ座B型) 拝
こんにちは!

やまびこ整骨院の吉尾です。

最近は、私も年齢の壁と言うか歳を感じるように
なってきました。(実は、結構前から感じてはいますが…)

それで今年は、怠っていた肉体改造をしていこうと決めて、
週1回のジムトレーニングと毎日腕立て、腹筋をここ
数ヶ月やっています。

肉体改造にしては、大したことのないトレーニング量
ですが、治療に来られた患者さんにも申し上げているん
ですが、運動を今までやって来なかった方に、急に激しい
運動やあれやこれややった方がいいですよ、とは言わない
ですし、そこまでの必要性もないと思います。

自分についても、まず徐々に体力をつけていき、一番
重要視しているのは、適度な筋トレをすることで筋肉を動かし、
筋ポンプの作用で血流の流れを良くすることですね。

また、欠かさず筋トレの前と後にストレッチをして、
関節の可動域をつけて体の柔軟性をつけることを習慣的に
行なうことが中年以降の方のトレーニングでは大事なこと
だと思います。

それでも、この程度のトレーニングでそれほど追い込ん
でやってるわけでもないですが、始めた時よりは筋肉が
付いてきた実感はあります。

継続は力なり。

何でも続けて行くことで、何か変わってくことは間違え
ありません。

そして、進化や成長もしていくわけですね。

良く年齢だからとかもう歳だからといいわけをしてしまい
がちですが、年齢による衰えは否めません。

しかし、昔より体が動かなくなったと言って、何もしな
かったら、健康的な生活はおくれません。

痛みも同じです。年齢とともの昔なかったような痛みという
ものは、起きることはあります。

よく整形外科で膝が痛いと言ったら、年齢だからしょうが
ないね、と言われたなんて話は良く聞きます。それで、湿布
だされておしまいみたいな感じです。「加齢」ですまされ
ちゃうことありますね。

最近、同じような年齢の友人がSNSで何かのことで病院に
行ったら、それはカレー(加齢)だ、カレー(加齢)だと
連呼されて、インド料理やタイ料理じゃないだからと、
面白いこと言ってました(笑)

やまびこに関わらず、整骨院などにお越しになる方は、
何かしらの痛みや不具合があるからいらっしゃってる
と思います。

痛みがあれば、すぐにでも痛みを取りたいと思われるのは
あたり前ですね。

しかし、施術や治療で痛みを取ったとしても、それだけ
では不十分なことはあります。

特に、先程から出て来る言葉の通り、「加齢」という言葉
ですまされるような痛みだったり、慢性的な痛みだったり
ですね。

ですから、こちらで治療がさらに効果を出せるように
ご自宅で出来るような運動をしていただけるように
お願いしています。

それを行なうことで効果が倍増することはあるんです。

だから、1日20分でもいいから、ストレッチや簡単な
筋トレウォーキングなどを行なってほしいと思います。

今までのブログでも、色々と運度についてなど紹介して
いますが、特に下半身の運動は重要です。

ちょうど、やまびこのホームページのトップページの
動画がスクワットの動画を載せています。スクワットは
とてもいい運動ですので、やっていただけるといいと
思います。



また、ウォーキングは無理のない有酸素運動ですので
お勧めです。

その時は、単に歩くだけではなく、しっかり手を前後
に大きく振るなどしてもらうと、肩甲骨など上半身の
運動にもなります。



また、運動のやり方については、時々動画で紹介したり、
これからも更新出来ればと思っています。

治療に来ていただいた方には、その都度お教えしたり
してます。

何かあれば、いつでもやまびこにお越し下さい!

痛みや怪我、病気などの不調を吹き飛ばして、
今日も1日頑張っていきましょう!

やまびこ整骨院 院長 吉尾正人
(49歳申年みずがめ座B型) 拝
こんにちは!

やまびこ整骨院の吉尾です。

昔のことなのですが…

とても痛いおもいをした話をしたいと思います。

今から25年くらい前の事ですが、
サラリーマン時代に酷い坐骨神経痛を
患った事があります。

今でも思い出すと、身の毛もよだつような痛みで、
痛い思い出として蘇ってきます。

突然、動けないぐらいの痛みで、ちょっとでも
動こうとすると腰からお尻、足の指の先端まで痺れと、
激痛でピクリとも動くことができなかったですね。

トイレも四つん這いでかろうじてなんとか、汗
びっしょりになりながら、やっとのおもいで辿り
着いて用をたっしたのを思い出します。

このブログを持てる方のなかで、過去にこのような痛い
思いをした方は、多いのではないでしょうか?

この時は、どうしようもない痛みと痺れで、当時は
このままでは歩けなくなるのではと思いました。

兎に角、痛みを取ってほしいと思いますよね。

わたしも、このような患者さんを多く診てきました。

治療をさせていただいて、良くなっていくことが
治療家冥利に尽きるのですが、その後のケアという
ことも重要と私は思っています。

多くの方は、痛みが急に無くなると、今までの痛かった
記憶が薄れて、もう大丈夫だろうと思ってしまい、症状に
よってご指導させていただいてるストレッチを辞めてしま
ったり、治療も中途半端になってしまい、また元の悪い
日常習慣に戻ってしまうことがあるかと思います。

自分のことも書きましたが、本当に多くの痛みの原因
や痛みを悪くするのは、生活習慣が大きく関係します。

痛みを繰り返してる方は特に、日常習慣の問題点を
解決しないとなりません。

このブログを見ていただいてるあなたも、痛みを
感じたら、それを取り除きたいと思っているでしょう。
そして、その先に痛みがなくなれば、快適に過ごし、
やりたいことなどがあることでしょう。

例えば、気持ち良くゴルフをしたい、毎週楽しみに
してるテニスをしたい、バリバリ仕事をしたい、腰痛を
気にせず育児がしたい等など…

私も治療にきていただいた方の痛みを取り除くとともに、
その先にある痛みが無くなったらやりたいことができる
状態になるまでなんとかしたいと思って取り組んでいる
つもりです。

また、治療以上に大事なのが、治療中にお教えする
ストレッチや生活習慣の改善などを出来るだけやって
もらうことが大事ですね。

治療も痛みが取れただけで辞めるのではなく、痛みが
再発しないところまでケア出来るといいと思いますし、
さらに、メンテナンスとしてのアフターケアはその後の
生活にとって重要だと思います。

治療以上に大事なことは、あなたが痛みを出さない習慣を
身につけるところまで、私もお手伝いができて、あなたが
その後の生活でご指導させていただいたことを実践して
さらに良くなってもらうことができればいいなと思って、
今日は終わりたいと思います。

なにかのご縁でやまびこ整骨院にきて下さった方には、
出来ればここへ来て良かったと思ってもらえると嬉しい
ですね。



では、今日も一日頑張っていきましょう!

やまびこ整骨院 院長 吉尾正人
(49歳申年みずがめ座B型) 拝
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。