こんにちは!

やまびこ整骨院の吉尾です!

まだ梅雨明けはしてないですが、とても暑い日が続き、
座ってご飯を食べてるだけで、汗びっしょりですでに真夏
の陽気ですね。

数日、九州地方は雨の被害で大変なことになっていますが、
本当に被害に遭われた方は大変かと思います。

日本の気候も、一昔前とは変わってきています。予想外の災害
に見舞われることは、今後も多々あるのでしょうね。

予想が出来ればいいのですが、自然はそうもいかないですね。

体の方はどうかというと、この陽気なのでコンディションを整え
ないと夏バテしてしまいます。

このメルマガを書いてる今もすでに30度は超えてるようです。
湿度も高く、汗をかくでしょうから、しっかり水分を取るように
してください。

僕は毎朝、取り敢えず、必ずコップ一杯の水を飲むことを習慣
にしています。

1日適度に水分を取って、脱水症状にならないように心掛け
ましょう。

…さて、今日はまた、大事な体の部分についてのお話です。

第二の心臓」とは、前にもブログで書いてますがどこだか
わかりますか?



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓








ふくらはぎ」ですね。体の血液は心臓から出て、動脈から
毛細血管を通って、身体中を巡って、静脈を通り心臓へ戻って
きますよね。

この時に、心臓の力だけでは全身を巡るだけのパワーがないので、
たった1個の心臓が足の指先まで血液を送るの大変だと思いま
せんか?

それも鯉の滝登りのように重力に逆らって心臓まで戻さないといけ
ませんよね。

ここでふくらはぎの働きを使って、血流を促さないとならないのです。

これが筋ポンプ作用で、第二の心臓と言われる所以ですね。

ふくらはぎだけではありませんが、筋肉を使わないとこの筋ポンプ
は働きが悪くなり、血流が悪くなりますよね。

そうなるとどういうことが起こるかというと、まず、酸素
栄養分を身体中に送って、二酸化炭素老廃物を排出することが
上手く行なえなくなるんですね。

その為、痛みの原因である発痛物質や疲労物質などが溜まり、
痛みや疲労、だるさ、倦怠感などの症状がでるので、体を使わない
人ほど疲れやすいですね。

また、血管の劣化にも繋がります。これは恐いことで、良く中年以降
にふくらはぎに血管がボコボコとしたものが出てくる人がいますが、

これは「下肢静脈瘤」と言って、静脈には逆流をしないように弁が何センチ
おきに付いているんですね。

この弁が壊れてしまい、血液が逆流して血管がボコボコと膨れ上がった
りします。悪化すると、痛みも伴うことがあります。

最悪なのは、このことが原因で血栓を作ってしまうこともあるので、
エコノミークラス症候群と言われる肺塞栓症脳梗塞心筋梗塞の原因
にもなりかねません。

さらには、に血流不足が起きると、脳は人体最大の酸素量を必要と
する臓器ですから、脳疲労を起こして、記憶力低下、思考能力の低下
を起こします。

また、肝臓などが血流不足になると、エネルギーの代謝や解毒作用低下、
アレルギー症状の悪化など起こりえます。

ここまで読んでもらうと、なんて血流不足が体に大きなダメージを
与えるか分かってもらえるかと思います。

良くうちに来られる患者さんに治療後に、ストレッチや軽い筋トレ、
ウォーキングなど勧めるのですが、治療とともに日々にあなたの
生活習慣が健康を左右するということをお伝えしてます。

治療でも、多くの患者さんにふくらはぎマッサージを行なっています。
第二の心臓マッサージですね、これは誰でもできます(笑)

冷え性や肩こり、疲労回復にも役立ちます。高血圧の方にも効果がある
とも聞いたことがあります。

ここまで読んでもらったあなたは、ふくらはぎの重要性は良くお分かりに
なってくれたと思います。

「この話もブログで読んだ」だけでは意味がありません!

ですから、これから特にふくらはぎを中心とした下半身の筋肉は、
しっかり使っていきましょうね。

では、今日も1日いい日になる!という感じで生活していきましょう!

やまびこ整骨院 院長 吉尾正人
(49歳申年みずがめ座B型) 拝




スポンサーサイト
こんにちは!

やまびこ整骨院の吉尾正人です。

今年もう6月ですね。
5月に入ってから、結構暑い日が続いてますね〜

もうすでに、夏という感じですね。

でも、寒い時よりも体は動かしやすいし、汗をかいて
頑張っていきましょう!

…さて、今日は、寝苦しい日があったり、
いい睡眠ができてないという方にお話したいと思います。

そのグッスリ眠れるお話をしたいと思います。

色々と睡眠についての話は、以前にもさせていただいてましたが、
今日は、寝る前の入浴法についてです。

やっぱり、1日の疲れを取るには良く寝ないと、次の日の行動に
影響を与えますから、しっかり睡眠は取らないとだめですね。

良い睡眠を取るには、体温が重要です。

体温には、表層の皮膚体温と深層の深部体温があるんですね。

眠くなる状態と言うのは、この深部体温が下がってくると眠気
が起きて、眠くなるんです。

日中は深部体温は、高く、皮膚体温は少し低めです。

それが、だんだん夜になるにつれて逆転しますが、深部体温が
下がるのは、その熱を外に放出して、熱を逃がす役割をしてる
のですね。

その働きで、脳や体内の温度がオーバーヒートしないように調整
してくれているんです。

ちなみに、普段体温計などで脇の下で体温を測ってますが、
これは皮膚体温なんです。

この深部体温は、自然に下がっていきますが、これを効率よく
下げるのに、入浴が威力を発揮します。

入浴をすると、一段と体温が上がってしまって眠りづらくなる
のではないかと思ってしまうところですが、そこがミソです。

入浴する前よりは深部体温は上がるんですが、その下がり方が
入浴することで、スムーズに下げていってくれるので、お風呂に
入った方が、眠りにつきやすいのはこの効果なんです。

…そこで、ぐっすり眠れる入浴の仕方を紹介すると、

ブログを読んでくれてるあなたも、入浴剤を使ったりしてる方
多いんじゃないかと思います。

普段私は、入浴剤は使わないんですが、入浴の質を上げるために、
ある友人に紹介された入浴剤をお教えします。

今回使って良かった入浴剤が…

クナイプのバスソルトです!

このバスソルトは、2億5000万年前の古代海水を精製した岩塩と
天然ハーブの精油を使ったものです。

クナイプ

このバスソルトはドイツ生まれで、とても評判がいいですね!

天然のハーブを使ってるし、防腐剤なども不使用、さらにいいのは、
製品について動物実験してないんだそうです。

クナイプ2

その友人も

「これ使ってよく眠れた〜」
「爆睡しましたよ〜」

と言っておりました。

特に、「ホップとバレリアン」というハーブを使ったものが、眠りにいい
ハーブみたいです。

なので、これを使ってみました。

「かなり暖まります!」
「本当の温泉に入ってるみたいです!」
「お風呂から上がっても、汗が止まりません!」
「翌日までグッスリでした!」

この入浴剤を使う以外にも、お風呂に入るタイミングや温度も重要です。

お風呂の温度は、40度ぐらいで、大体寝る1時間ぐらい前に入るのが
寝る時に深部体温がいい状態に下がってきて、ちょうどいいみたいです。

また、寝る前にパソコンやテレビなどの刺激は禁物ですよ。睡眠を妨げ
ますからね。

体の疲れを取るには、睡眠はとても重要ですから、ちょっと試してみて
下さい。

1日の中で三分の一は睡眠ですし、睡眠が1日の疲れや痛んだ臓器などの
修復を行ないます。

ということで、

今日はいい睡眠を取るためのお話でした。

最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます!

今日も1日頑張りましょう!

やまびこ整骨 院長 吉尾正人
(49歳申年みずがめ座 B型) 拝
やまびこ整骨院院長の吉尾正人です。

今日はリンパの流れについて簡単にお話したいと思い
ます。

体の水分の流れと言うと、まず血流があります。
動脈と静脈ですね。そして、リンパ管を通るリンパ液、
もう一つが脳と脊髄を守る脳脊髄液です。

これを総称して体液と言います。

いつも私も良く血流を良くしましょうなどと申し上げ
ていますが、それとともにリンパの流れも重要なんです。

リンパはリンパ管リンパ節からなる血管とは別の流れに
なります。

心臓から送り出された血液は、毛細血管まで到達すると、
細胞に染み出て酸素や栄養を送ります。そこで、老廃物や
二酸化炭素を吸収して9割はまた、毛細血管に戻って、
静脈から心臓に戻っていくんです。

後の1割がリンパ液としてリンパ管に入っていくのですが、
静脈と違うところは、吸収出来る入り口がが静脈より広く、
バクテリアや細菌なども容易く通り抜けられるので、そのような
老廃物の通り道になっています。

そして、リンパ節でその細菌やウイルス、バクテリアなどを破壊
するのです。

リンパ節は全身に800カ所あると言われています。特に脇のした、
足の付け根、膝裏、鎖骨の下に大きなリンパ節があり、そこで
悪者を撃退するのです。

良くリンパが腫れるなどと言われますが、これはリンパ節が病原体
と戦ってる証拠なのです。
そこで、病原体を倒せないと全身に広がってしまう言わば、最後の砦
なんですね。

また、とても重要な事はリンパ液には心臓と直接繋がってるわけでは
ないので、ポンプとしての機能がないのでゆっくり一方向に流れていく
のですが、リンパが流れのには筋肉の働きがとても重要です。

当然、ポンプの働きがないので勝手に流れるわけではなく筋肉を
使わないと流れが悪いわけです。

という事で、今回の話しのキーワードは、筋肉を動かすということです。

筋肉を動かすという事は、歩くでも良いですし、ストレッチをするでも
いいですし、体力のある方は、走っても良いのですが、出来るだけ定期的に、
週1回でも2回でもいいので、意識して体を動かす事をしてほしいと思います。

やまびこチャンネルでは、ストレッチなどの動画を紹介してますが、
やり方は何でも良いと思います。運動するきっかけ作りに紹介している
のですが、最初は5分でも10分でも良いと思いますので、体を動かす
習慣を身につけていきましょう。

また、痛みの原因も、この血流やリンパの流れが悪い事で起きる
ことは、良く痛みの説明で言ってますが、これを解消するのに、
是非、こちらにお越しいただいて施術を受けていただける事を
お勧めします。

とても効果的な施術を行なっていますので、是非、痛みがある際には、
また、疲れや凝りなども含めてご相談下さい。

今日もブログをご覧いただき、ありがとうございます。

あなたにとって、今日もいい日でありますように。

やまびこ整骨院 院長 吉尾正人
(49歳申年みずがめ座B型) 拝
やまびこ整骨院院長の吉尾正人です。

今日はまた、睡眠の話しをしたいと思います。



夢は見ない方が良い!

なんて聞くと、夢ぐらいみさせろよ!とか
夢は寝ていれば見る物でしょ!という声が
聞こえてきそうですね。

ある意味夢を見るなと言ってるわけではなく、
寝起きに夢を見て目が覚めても結構、夢の内容
なんかを覚えてる事多いですよね。そういう夢
というのは、良い睡眠をしてるほど覚えていな
い事が多いと言う話しです。

良く寝起きに恐い夢見て目が覚めたとか、何か
昔の子供の頃にあったような夢を見る事があり
ますが、夢を見て、それを覚えているのは眠り
が浅い証拠なんです。

深い眠りをしたかしてないかは、この夢を見て
覚えているか否かということなんですが、

人の睡眠は、レム睡眠ーノンレム睡眠ーレム睡眠…
というサイクルで行われています。

このノンレム睡眠の時に夢をみてるそうです。

この両方の睡眠の質が良いか悪いかで決まります。
この質が悪いと夢を見て目覚めが悪く、いつまで
も覚えているようです。良い睡眠をしてる人は、
夢を見てもすぐに忘れてしまうそうです。

だから、良い睡眠をしてる方は悪い夢を見ても、
寝起きが悪いという事はないんですね。

さらに、レム睡眠中は精神の安定をさせるために
記憶の整理が行われているので、レム睡眠がうま
く出来てないと、精神的に不安定になります。

また、ノンレム睡眠中は細胞の修復を行ってる
ので、この時に成長ホルモンが分泌されて、
具合の悪くなった細胞を修復しているので、この
ノンレム睡眠の質が悪いと、病気になったり、老化
が早くなったりやな事が多く起きます。

前のブログでも書きましたが、睡眠の質というも
のはとても大事です。

寝ている時間の長さよりも、寝ている時の質(熟睡度)
の方が重要です。

ですから、寝る前にパソコンやテレビをみたりして
いると、眠りの質が落ちてきます。

また、寝る前の飲酒も禁物です。飲んだ方が寝れると
思っている方がいますが、お酒を飲むとドーパミン
が出て、眠りが浅くなってしまいます。

不眠症がちなあなた、寝起きがすっきりしないあなた
は、寝る前の習慣を一度チェックしましょう。

今日もあなたにとって良い事が多く訪れますように。

やまびこ整骨院 院長 吉尾正人
(今月49歳なった!申年みずがめ座B型) 拝





やまびこ整骨院院長の吉尾正人です。

脳の免疫力を高めましょう!

今日は体の働きで大事な事についてある
お話していきたいと思います。

ある学者さんの考え方で、体の不調は脳の
働きで変わるという事なんです。

どういう事かと言うと、健康であるとか病気
になるとかは全て脳の働きによって決まると
言うことなんですね。

人間は『ホメオスタシス』という常に体に問題
が起きると正常に戻す働きがあるんです。

例えば、暑い時には体の体温が必要以上に
上がってしまうと問題が起きますので、汗を
かく事で体温を下げていきます。

逆に寒い時には、体温が下がってしまいます
ので、今度は体温を上げなくてはいけないの
で、体が震えて筋肉を動かし体温を上げてい
くんです。そして常に一定の体温を保つように
しています。

このような働きを『ホメオスタシス=恒常性維持
機能』ということなんですが、これはある意味
脳の働きによって起こっている事なんです。

これを『脳の免疫力』とこの学者さんは言ってい
ます。

そして、この脳の免疫力が弱っている状態が『病気
で、脳の免疫力が健全な状態の時が『健康』である
ということなんです。

この働きは、自律神経をコントロールしている脳の
視床下部が関わっています。

この脳の働きが悪ければ病気になりますし、正常で
あれば健康でいられるということなのですが、

では、どのように正常に脳を働かせる事が出来るか
というと、脳は情報によって体を良くも悪くも
するのです。

簡単にいうと、脳が健康だと思っていればその
情報が体に伝わり、健康を維持出来るのですね。

例えば、『病は気から』という言葉でもわかる
ようにある意味自分は健康だと常に考えていると
脳が体に健康という情報を送って、健康でいられ
るという感じをイメージしてもらうとわかりやす
いと思います。

ですから、いつも何処か調子が悪いとかなんか
病気じゃないかと思ってると、脳はその情報を
体に伝えて病気を引き起こす可能性があります。

それにはリアリティを持って確信しないといけない
のですが、それが脳の免疫力の強さになるのです。

だから、ここで重要な事は『私は健康でいる』
『病気をしない』『私は元気だ』と確信を持って
意識する事が大事です。

ということで、今日から意識して脳に良い情報を
与えていくように心掛けていきましょう。

いつもブログを読んで下さってありがとうござ
います。

今日もあなたが健康でいられますように。

やまびこ整骨院 院長 吉尾正人
(48歳申年みずがめ座B型) 拝