FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは!

やまびこ整骨院の吉尾です。

今日は、姿勢についての話をしたいと思います。

facebookでも触れましたが、山根先生がゴルフ雑誌で
テーマにしている「猫背」について、日本人の多くの方
が抱えている不良姿勢の典型です。

これは日常生活で前かがみの姿勢を常にしていることで、
背骨の湾曲が極端に強くカーブしてしまっている状態
です。



ここで背骨の構造について簡単に説明します。

背骨とは、頚椎、胸椎、腰椎、仙骨、尾骨とありますが、
主に胸椎が後弯(後方に強く曲がっている)が強い状態
です。

通常、頸椎は前弯、胸椎は後弯、腰椎は前弯しています。

このように背骨は前後に軽くS状にカーブしていて、
これを「生理的湾曲」といいます。



やまびこ整骨院には、この体の歪みをチェックするのに、
モアレポトグラフィーという機材を使って、患者さんの
姿勢を分析しています。

また、後ろから見て背骨が左右にカーブしている状態は、
側弯症といって、これも正常ではありません。

このような正常ではない背骨の状態は、普段の日常生活の
影響で起きているのがほとんどです。

昔からの日本の生活習慣から日本人は、「猫背」が多いと
言われています。

また、現代人の仕事ではデスクワークなど座りっぱなしで
長時間働いていたり、スマホを何時間も続けてやってる人
が増えている中で、猫背になっている方は多いと思います。

ここで気をつけてほしいのは、若い人の猫背はまだ、背骨
が実質そこまで湾曲が強くなっていなければ、姿勢を正せば、
湾曲の程度も酷くならずにすみます。

やはり、年齢を重ねていくと、どんどん背骨の湾曲は酷く
曲がってしまいますし、その湾曲を治すののは困難になります。

この猫背の姿勢を続けることで、他にも色々と問題を引き起こし
ます。

例えば、腰痛だったり、肩こりだったり、頭痛や冷え症、最悪
なのは、心肺機能や消化器などの内蔵に悪影響を与えます。

当然、やまびこ整骨院に来る方においては、何かしらの症状が
出てから来院される方が多いのですが、姿勢が悪いのではない
かなと感じたり、姿勢治したいなと思ったら一度チェックを
しに来て下さい。

モアレを使って姿勢の状態を診させていただきます。

また、facebookで紹介させていただいている山根先生
の提唱するGAP理論をもとに、体の歪みの矯正や疾患の
施術に多くを取り入れさせていただいてます。

スポーツを何かされてる方も、猫背が原因でパフォーマンスが
落ちてしまうこともありますので姿勢には、気をつけましょう。

女性も猫背で歩いていると、あまり若々しく見えなく思われる
など気にされてる方もいるでしょうし、女性に多い冷え性にも
関係しますから、正しい姿勢を意識して「姿勢美人」を目指して
下さい。

では、今日も1日頑張りましょう!

やまびこ整骨院 院長 吉尾正人
(50歳申年みずがめ座B型) 拝
スポンサーサイト
こんにちは!

やまびこ整骨院の吉尾です。

やまびこ整骨院のホームページを見ていただくと、
動画で私がトレーニングやストレッチなどを紹介
しています。

あまり話も上手くなく、大した説明ではないですが、
何故こんな動画をやってるかといいますと、

それは、皆さんに是非やってほしいからなんです。

治療に来られるということは、何か痛みや痺れや
違和感などなど、何か症状が出ているからだと思う
んですよね。

やっぱり、湿布を貼ったり、ピップエレキバンみたい
なものを貼ったり、ときには病院に行って、痛み止め
をもらうこともあるでしょう。

このように、色々なことを試されても痛みが取れずに、
来られる方は少なくありません。

まず、施術に来られて、先ず最初にお伺いする
のは、痛いところを聞くのはあたり前ですが、どうの
ように生活習慣を送っているかが重要なのでその部分
を聞くようにしています。

施術にきていただく頻度は、一般的には週に1回
だったり、ぎっくり腰や寝違えは数回は毎日続けて
きてもらうこともあります。

ここで、ホームページで紹介している筋トレやストレッチ
の動画が重要なんですね。

施術だけでは解消出来ない痛みや不具合も当然あります。

全ての症状をある期間では取り除けないことは多々
あります。

そこで、絶対に重要なのが自宅などで行なってもらう
筋トレ、ストレッチなんですね。
今までの生活習慣に少し変化を加えてほしいんです。

本来は、動物は読んで字のごとく、「動く物」ですよね。

野生動物は、家畜の猫や犬のように寝てばかりはいま
せんし、人間だって動物なんですから、基本は動くの
があたり前ですね。

だから、動きがあるのが自然だと思うんです。

特に現代人は仕事が忙しく、またデスクワークなどの
座りっぱなしの仕事に従事している方が多い中で、
運動をする機会が少ないと思います。

だからと言って、ジムに通ったり、激しい運動をしな
ければいけないわけではありません。

適度な運動が必要です。それには3つ大事なことが
あります。

1、体に重要な筋肉を動かし、少しでも筋肉量を保つ。

2、関節の可動域をつけるためのストレッチや柔軟性を
つける。


3、バランス良い姿勢を保つ。猫背などに注意。

この3つのことを意識して日々どのようなことが必要か
ということで、毎日20分ぐらいの運動時間を取って
もらえるといいと思います。

何かをするには目安が必要なので、20分としてますが、
先程言ったように、日々にあなたの生活習慣の中に、
運動習慣を取り入れてほしいんですね。

特にやってほしい運動は、腰からお尻、太もも周りを
鍛える運動。この部分の筋力が衰えてくると、上体が
支えられなくなり、段々と腰が前に曲がってきてしまい
ます。

そして、猫背にもなってします。

また、第二の心臓と言われるふくらはぎも鍛えて
ほしいですね。

例えばですが、

1、最低、毎日歩く時間を増やす。

2、スクワットは20回✖️3セット
または、
四股が出来る人は10回✖️3セット


3、カーフレイズ30回✖️3セットなどがお勧めです。

いくつかやまびこのホームページで紹介していますので、
是非、トップページの動画をチェックしてみて下さい。

Youtubeで「やまびこ整骨院」と検索すると今までの
動画がでてきますので、やってみましょう!

やまびこ整骨院 院長 吉尾正人
(50歳申年みずがめ座B型) 拝

こんにちは!

やまびこ整骨院の吉尾です。

昨日は、初めて都庁に行きました。

何のために行ったかと言うと、間もなく期限が
切れるパスポートの更新をしに行きました。

ご存じかもしれませんが、パスポートには
5年用と10年用とあります。

私は10年用だったのですが、再度10年更新
したのです。

ここでショックだったのが、なんと10年前の
写真と今回更新用に撮った写真の自分の違いに、
かなりショックを受けました。

あたり前ですが、まだ10年前の写真は、
今見ると自分で言うのはなんですが、若く見え
ます。

しかし、今回撮った写真を見ると、とっても老け
まくっている姿に絶句でした。これはかなり劣化
がすすんでいるなと思いました(涙)。10年の
月日は、それなりの年月が経っているのだと感じ
ました。

10年後また、更新することがあって写真を撮っ
た時に、その時の自分の顔はどうなっているん
だろうと不安を覚えました。

しかし、人間ですから時が経てば老化をするのは
あたり前ですね。そんなことを気にしていたら、
これからの人生は、不安ばかりになってしまいます。

老化や病気にならないために、歳を取っても元気に
生活できるようにしていきたいものです。

…さて、そんなことで、今日は老化、病気予防に
ついて大事なお話をしたいと思います。

日頃、ストレスって皆さんは感じてますか?

ストレスは万病の元とか、ストレスは溜めない方が
いいよ、と良くいわれますね。

何となく、ストレスを溜める事は良くないとわかって
いても、どうやったらストレスを溜めないようにでき
るのか、そのストレスをどう解消できるのかなど、

基本的にストレスの溜まらない生活なんてそもそも
不可能じゃないかなど考えることの方が多いです。

しかし、このストレスというのは漠然としてますが、
厄介でもあります。

この目に見えないストレスというパワーは、一概に悪い
とも言えないと思うんですが、いい方にも作用すれば
いいんですが、多くは悪い事に作用すると思うんですね。

人間の生活の中で、一番いけないのがこのストレスで
過剰に溜めることであって、それに伴って起きる血流障害
が問題になります。

ストレスを抱えると何が起こるかと言うと、呼吸が
浅くなり、そこで低酸素状態となり、血流も
悪くなって、低体温状態になるということです。

人間は、ホメオスタシスの働きで環境に関わらず一定の
体温を保っている恒温動物なんですが、安定して生きて
いく為には、一定の酸素と温度が必要なんです。

それが低体温、低酸素状態になっていると、体がなんとか
しようとして、その状態の時に細胞ががん化してしまう
そうです。

また、この低体温、低酸素状態では、体内に活性酸素
発生させ、老化や病気を引き起こすわけなんです。

老化は、誰しも妨げられないものですが、老化を早めて
しまうのは、この活性酸素を起こしてしまう
ストレスに問題がありますから、日頃から気をつけたい
ですね。


以前にも痛みについて、痛みは、筋緊張からくる血流障害
が酸欠を起こし発痛物質が溜まる事で痛みを感じるという
お話をしましたね。

結論としては、過剰にストレスを溜めない方がいいですが、
それは難しいと思いますので、ストレスを解消することを
心掛けていきましょう。

ここで病気や老化を妨げる4つの解消法をお教えします。

 ゆっくり呼吸をする(腹式呼吸はおすすめ)
 体を温める(お風呂にはしっかり入る)
 ストレスを溜め過ぎない(働き過ぎ、不安や考え過ぎなどに注意)
 運動をする(ウォーキングや軽い筋トレなど)

では、今日もストレスを解消し、元気に良い一日をお過ごし下さい!

やまびこ整骨院 院長 吉尾正人
(49歳申年みずがめ座B型) 拝
こんにちは!

やまびこ整骨院の吉尾正人です。

もう7月も終わりに近づいてます。お子さん達も夏休み
に入り、これから夏真っ盛りですね。8月のお盆に向けて、
お仕事されてる方もちょっとした夏休みを取って、どこかに
行かれるのでしょうね。

僕の理想では、夏休みが取れたら即、海外にでも行って蒸し
暑いこの日本を脱出したいです。

…が、今のところ整骨院は夏休みを取る予定が無いので、お盆
も通常通りやっていく予定ですので腰痛や他に痛みがあったら、
いつでもご連絡下さいね。

もしかしたら、1日ぐらい休むことがあるかもしれませんが、
その時は、事前にご連絡いたします。

…さて、今日は何の話しかというと、何かやろうという意思が
あっても続かないとか、3日坊主で終わっちゃうということって
ないですか。

実は、私もそのうちの一人です。

自慢することではありませんが(笑)

でも、それを打ち破ろうと最近続けていることがあります。

私はもう40代最後の歳になり、昔は想像もつかないぐらい
衰えを感じています。

だんだんとしわが増え、白髪もどんどん増えて髪の毛も
まだら模様になってきています。

筋肉も何もしないと細くなって、力を入れても筋肉が浮き
上がらないんという哀しい現実を感じています。

元々そんなに太る体質ではないので、最近流行の糖質制限
ダイエットなどもやることはないんですが、ただやはり自分
の体を見た時に、昔空手をやっていた頃に比べると、非常に
貧弱になっています。

太ってはいないけど、体が引き締まってるわけでもあり
ません。

ということもあって、最近は週一回は、ジムに通うように
しました。

昔から、それほど筋トレは凄く好きなわけでもないので、
ムキムキになるほどはやった経験はないのですが、現状も
そんなにムキムキな体にしようとは思っていません。

けれども、体は使わないとどんどん退化していきますね。
激しい筋トレや無理なジョギングはこの年齢からは返って
良くないと思っています。

だから、今は取り敢えず、週一回はジムで1時間程度の
筋トレを行なうようにしています。

別に、これが週2回とかでもいいんですが、時間的にも
余裕がないので、今は取り敢えず週一回は続けるということ
を目標にやっています。

整骨院での話で言いますと、必ず整骨院に来ていただく方
には、治療を受ける以外に、自宅などで行なう簡単な
ストレッチなどご指導させていただいてるんですが、なかなか
時間に制約があったりと出来ない方が多いですね。

たった5分、10分ぐらいでもいいんですけどね。

これって、日々続けることが重要なんですが、直に結果が
出るというわけでもないので、続けて行くことで、再発防止
だったり、腰痛予防ということで行なっていただくものなので、
治療に来て良くなってしまうと、重要度薄れてしまうんだと
思います。

ただ、筋トレとかストレッチとかは、こう言う腰痛などで何か
体に異常が起きて、初めて意識することが多いと思うんですね。

健康志向の強い方はすでに、やってるかもしれませんが、
普通は、体を動かす意識ってあまり考えることがないですよね。

折角、何かの縁でやまびこ整骨院に来て下さった方には、その場の
治療だけでなく、少しでも健康に毎日過ごしてもらえるように、
有効なアドバイスをしたいと思っています。

また、治療も痛いときだけではなく、痛みが取れてもコンディション
を整えたり、メンテナンスということで、すぐには辞めずに、
週一回は続けて来院いただくことも重要ですね。

ということで、

ホームページにもトップページに表示させていただいてます、『やまびこチャンネル
でストレッチを動画で紹介しています。参考にしてみて下さい。

ちなみに、下の写真はfacebookでも紹介した、『アブローラー
という腹筋を鍛える器具なんですが、これは結構いいですね。

皆さんにも筋肉付けましょうと言ってるので、自分も腹筋を
引き締めて、夢の6パックを目指して見たいと思います。
(願望で終わる可能性もありますが…)

アブローラー
(一応、頑張っています)

ということで、今日は何でも続けることが大事ですよというお話
でした。

では、暑さに負けず今日も頑張っていきましょう!

やまびこ整骨院 院長 吉尾正人
(49歳申年みずがめ座B型) 拝
やまびこ整骨院院長の吉尾正人です。

今日は腰痛に関わるある筋肉のお話をしたいと
思います。

腰痛と言うと、背骨の歪みが原因ではないかとか、
腰の筋肉が痛んで腰痛になってるのではないか
など考えられると思います。

それは、正しいのですがすべての腰痛が腰の筋肉
(脊柱起立筋)や背骨だけが原因とは限らないの
です。

痛み方によって腰痛を引き起こす筋肉で重要なの
は『大腰筋』です。

この『大腰筋』は、解剖的には胸椎の12番
腰椎の1〜5番の骨から太ももの内側にある
小転子(しょうてんし)というところに付きます。



大腰筋は直立している時は、骨盤を前傾に、付い
てる背骨の前弯を保っています。

また、股関節を屈曲(曲げる)働きもあります。

この大腰筋が緊張して、縮こまっていると硬く
なってしまい、腰痛やぎっくり腰の原因になり
ます。

大腰筋が硬くなっている状態で、腰が痛くなる
には下記の状態があればあるほど大腰筋の問題
が考えられます。

1、仰向けで寝るの痛い。
 
2、朝、起床時に痛みがある。

3、長時間立っていると腰が痛い。

4、背中を真っすぐに出来ず、前傾姿勢気味になる。

このような状態があると、大腰筋が縮こまって、
硬くなってる可能性大です。

また、座り姿勢が長いと、座ってる姿勢は股関節
が屈曲している状態ですので、ほとんど動いてない
ので、この長時間の座り姿勢も大腰筋を硬くして
しまい、腰に負担がかかり、腰痛の原因になります。

大腰筋は、特に股関節をしっかり動かすことが
大事です。

股関節を動かすという事は、歩く、走るなどの
動作です。

デスクワークや同じ姿勢で作業することの多い
方は、1時間以上の座り姿勢は避けて、少し歩い
たり、体を動かすことを心掛けて下さい。

普段からの運動習慣を意識して、5分、10分でも
いいので、ストレッチ(まず何となく体を動かすこと
からでもいいです)などをやってみましょう。



大腰筋(腸腰筋)のストレッチ法は今度動画で
紹介いたします。

今日もあなたにとって素晴らしい1日であります
ように。

やまびこ整骨院 院長 吉尾正人
(49歳申年みずがめ座B型) 拝
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。