やまびこ整骨院院長の吉尾です。

今日は、また頭痛についてお話をしたいと思います。

今日のような雨天や天候が優れない時に頭痛が起きる事
があります。

これは以前にも書いてますが、頭痛には1次性頭痛
2次性頭痛があり、多くの方は前者の1次性頭痛に悩んでる
事と思います。

2次性頭痛は、脳腫瘍やくも膜下出血など何らかの原因が
はっきり見られる頭痛なので、ここでは省いていきます。

1次性頭痛には、3600万人ぐらいの方が悩んでると
言われています。

3、4人に一人ぐらいは頭痛で苦しんでるのではないで
しょうか。

1次性頭痛は、偏頭痛緊張製頭痛群発性頭痛に分け
られます。

それぞれの頭痛の症状としてお話ししますと、
偏頭痛の症状としては、特に頭の左右どちらか(両方の
場合もあり)で、ズキンズキンと脈打つような痛みで、
目がチカチカするような閃輝暗点と言われる症状がでたり、
吐気を伴ったり、音がうるさく感じたりします。

特に女性に多いと言われてますが、月1、2回だったり、
人によっては、週に1、2回位起きる方もいるかと思います。

緊張頭痛とは、一番多い頭痛の種類ですが、頭を締め付けられ、
子供から大人まで発症するものです。
やはり、続く時には週に1、2回は起きるのではないでしょうか。
頭痛とともに、肩こりや眩暈、全身のだるさなどを伴う事もあります。

群発性頭痛は、片方の目の奥が激しく痛み、1年位1〜3ヶ月間続き、
一定の時間に起こる事が多い症状です。
20〜30代の男性に多いと言われます。

偏頭痛の方は特にこの天候によって、気圧が下がり、血管が拡張して
炎症症状が起きて、頭痛になると言われております。

または、天候によって自律神経に変化が起きて、頭痛を引き起こす
可能性もあります。

しかし、自分の考えとしましては、このような天候にも影響して
しまうという前提条件には、日頃のストレスや睡眠不足、食習慣
、運動不足、アルコールの摂取量などなどからも起きていると
考えています。

また、このことにより頭痛を誘発する筋肉が緊張して、血管を
締め付けることによって血流が悪くなる、神経を絞扼する、痛みを
感じる組織(皮膚、筋膜など)が酸欠になり、発痛物質が溜まって
くる等です。

多くは、自分が頭痛施術するにあたっては、この頭痛を誘発する
筋肉を緩めてあげる事で、緩和する事が多いということです。

この頭痛誘発筋という考え方は、私の頭痛治療の師でもあります、
岩間先生より教わった物ですが、この筋肉を丁寧に緩める事で、
頭痛緩和に繋がる事が多いわけなんですね。

多くの方は、頭痛になったら頭痛薬で治したりしてると思いますが、
1回の服用で、治ってしまえば全く問題ないと思いますが、

多くの方は、複数回服用しないといけなかったり、市販薬では効かず、
内科や頭痛外来で薬を出してもらって服用すると思います。

結局、それでも頭痛が治らないという方は、多くいらっしゃいます。

そのような時は、いつでもやわらぎ整骨院にお問い合わせいただき、
一度ご来院下さる事が出来ればと思っております。

多くは生活習慣によって治る物であり、その手助けとしまして、
薬等の副作用のない施術で、頭痛が和らげれば、またはなくなっていく
ことが望ましいと思っています。

自分も以前は、子供の頃から偏頭痛持ちで原因が分からない時は、
わざわざ脳神経外科へ行って、CTなどをとって、結局原因がない
と言われ、「何か悩み事があるんじゃないです」かとだけ言われた
経験があります。

CTはかなり放射線を結構かけますから、出来ればあまりやりたく
はない検査ですよね。

なかなか原因の分からないなかで、悩んでる方も多いかと思います。



ホームページには、頭痛のページがクリック出来るようになっておりますが、
是非一度お読みになって、お問い合わせいただければ幸いでございます。

ちょっとした、悩みでも相談下さい。

では、明日も快適ない1日になりますように。

やまびこ整骨院 院長 吉尾正人
(47歳申年みずがめ座B型) 拝

スポンサーサイト
やまびこ整骨院院長の吉尾正人です。

今日は、頭痛についてのお話をしていきたい
と思います。

頭痛には色々と種類があります。

基本的には「片頭痛」とか「頭痛持ち」といった
ような慢性的な頭痛を想像されるかと思います。

いわゆる一般的には[片頭痛]とか「緊張性頭痛
とか「群発性頭痛」という慢性型の頭痛が一般的
ですね。

それ以外には、症候性頭痛と言われるもので、
それは命に関わる危険な頭痛もあります。

症候性頭痛とは、「脳梗塞、脳出血」、「くも膜下
出血」、「脳腫瘍」「高血圧によるもの」などが
あげられます。

これらは、急激な激しい頭痛や意識障害や視覚、
聴覚障害、麻痺などをともなったりすことが
あるので、このような症状があった場合は、速やか
に専門医のところへ行かなければなりません。

一般的に起こる頭痛は最初に言いました、慢性型
の頭痛のことです。

これらは、人によって非常に痛みの強い頭痛もある
かと思いますが、脳自体には異常がないということ
がほとんどです。

あまりにも痛くて脳神経外科など受診したりして、CT
を撮ってもほとんど異常ないですよと言われてると
思います。

特に病院で異常がないと言われて、普段の生活で不自然な
姿勢を長時間とってたりしてる方に多いのは、「緊張性頭痛
と言われるものです。

今の現代生活の中では、前傾姿勢で過ごしてることが多いと
思います。

例えば、デスクワーク中心でパソコンをずっと使って仕事
をしてる方などは長時間同じ姿勢を取ることで、ほとんど
前向きなってパソコンは目線よりも下にあり、目を凝らして
画面をずっと見てるので、眼精疲労もともない頭痛を誘発
するというがあります。

この場合は、頭をギューと締め付けられるような痛みで、
圧迫感、重い感じがだらだらと続き、後頭部を中心に両側
が痛くなる。首や肩が凝ったような感じや目の痛みを
伴うなどですね。

このような場合は、首肩周辺の筋肉の緊張が強くなり、
血行障害が起こり血液循環が悪くなって、酸欠状態から
痛みを伴うような状態に陥ってます。

ですから、このような頭痛が起きた場合は、原因となる
筋緊張を解消すること、そのような状態にさせないこと
が大事ですね。

なかなか難しいでしょうが、「緊張性頭痛」は予防と対策を
行えば、改善されることが多いので頑張ってやってみま
しょう。

毎日、鎮痛剤を飲むのは、副作用や胃腸の働きも悪くする
ので、あまり飲み続けるのも考え物です。

まず、普段の姿勢を気をつける。
正しい姿勢を心がけて下さい。長時間座って作業をしてると
いつの間にか、前傾姿勢になってしまい、首や肩に負担が
かかってしまいます。

30分に一回は、仕事を辞めて、首を回したり、腕を回し
たり、肩甲骨を動かすように、背中を伸ばすなどのストレッチ
をしてみて下さい。

また、パソコンなど長時間みてることで、目が疲れてしまってる
場合は、ときどき遠くをみて休憩を取るようにしてみて下さい。

第二には、家に帰ってもまだ頭痛が続いてる場合は、やっぱり
入浴ですね。
熱すぎないお風呂でゆっくり温まって下さい。
この場合は、凝った肩にシャワーでお湯をあててあげて、さらに
温めるのもいいと思います。

飲み物は、温かいものを飲むといいですね。野菜も生野菜
ではなく、温野菜がいいと思います。

ストレスを溜めずに、リラックスした状態で休んで下さい。

これでもつらい時には、マッサージなどを受けてもらって、
筋緊張が強く、硬くなってしまった部分をマッサージなどで
ほぐすことをお勧めします。

骨格的な歪みも影響してる場合もあるので、その時は、
骨格矯正も合わせて行うと効果的ですね

大体ここまで行えば、「緊張性頭痛」は改善されるんではない
しょうか。

また、慢性頭痛でこの場合に当てはまらない、片頭痛は「血管性
頭痛」ともいわれ、拍動にあわせてズキンズキンと頭の片側が
痛む。星がチカチカする、視野が欠ける、生あくび、逆に身体を
動かすと痛みが増強するなど。

片頭痛は血管が拡張して周辺の神経が引っ張られて痛みが起きる
ようです。

基本的に自律神経に影響して血管の収縮や拡張のリズムが乱れて、
頭痛が起きると言われています。

人によって誘発される原因がことなるようですのが、規則正しい
生活を送り、ストレスを溜めないように心がけて下さい。

男性に多い「群発性頭痛」は、特に強烈な痛みを伴うようですが、
目の奥がえぐられるような症状を伴って、じっとしてられない。
決まった片側が痛む、特に目の奥が痛む。
目の充血、涙目、鼻水などの自律神経症状を伴う。

この頭痛はアルコールで誘発されるので、このような症状が
みられる頭痛をお持ちのかたは、お酒は控えて下さい。

自律神経の乱れは、骨格の歪みや身体の構造が傾くと慢性的
な筋緊張を起こして、自律神経の乱れを引き起こすことがあ
ります。

身体のバランスを整えることが頭痛を軽くすることにつながる
場合が多いので、つらい時はいつでもお越し下さい。
治療による改善は結構期待できますよ。

日頃の生活習慣はとても大事ですから、このような症状が
起きた場合は、規則正しい生活を送りましょう。

それでは、今日はこの辺で失礼致します。

やまびこ整骨院 院長 吉尾正人
(42歳申年みずがめ座B型) 拝