やまびこ整骨院院長の吉尾正人です。

もう9月ですね。あっと間に今年もあと4ヶ月を切って
しまいました。本当に1年が早く感じる今日この頃です。

1日1日を大事に、重要な事にフォーカスして生きていき
たいですね。

今日は、そんな事から話しをしていきたいと思います。

人間は何かを行動する時には、決断をしなければなりません。

あなたは、朝起きてから歯を磨か磨かないか、今日着ていく
服はどれにしようか、ワンピースが良いかパンツを履くかとか、
今日は朝ご飯食べようか、食べるの辞めようかなどなど。

大事な事は、このような決断には『意思の力』が必要なんです。

この意思の力が、めちゃくちゃ働かないと、良い決断というもの
は出来ないと思っています。

そんな決断をすることをあなたは1日何回やってると思いますか?

人間は、大体4、5万回は決断をしているそうです。

そんな回数を1日やっていたら本当に頭は疲れてきてしまいますね。

良い決断をする事が多ければ、1日の生活が充実してるでしょうし、
あまり決断が良くない時は1日落ち込む事にもなりかねませんね。

でも、1日に良い決断をすることは限界があります。そして、良い
決断をするには、意思の力が必要です。

それがフルパワーだった方が良いわけですね。

この意思の力は、1日1日使えば使うほど、減っていってしまう
んです。

朝起きた習慣が100%意思の力があるとしたら、朝ご飯食べるか
悩むで10%、今日着ていく服を決めるで10%づつ減ってしまう
のです。

さらに、感情が動くと意思の力は激減するので、会社で上司に怒ら
れたり、クレームもらって対応した、夫婦喧嘩したなどでも、意思の
力は減ってしまいます。

だから、大事な決断や良い決断をするためにこの意思の力を使い
過ぎないようにした方がいいですね。

それには、どの時間帯が良いかと言うと、朝一番、起きてすぐ
が良いという事です。それには良い睡眠というものも重要なのですが、
決断をすることが多くなると、意思の力は弱くなります。すると正しい
決断ができなくなってきます。

また、朝一番は脳はクリアーな状態ですから、何かするにも
効率が良い筈です。

起きてすぐに、美味しい水をゴクッと飲んで、何につけても
その脳内が何も余計なことを考え始める前のクリアーな状態で、
今日1日に行動やすぐやらなければならない事などを行うこと
をして下さい。

治療の現場でも、1日1回はストレッチなどやって下さいねと、
お伝えするんですが、なかなか仕事も終わって疲れて、お風呂
入ってやろうと思うと出来ないことも多いようです。

出来れば、早起きをして朝起床した時間にやってしまうという
習慣にしてやる事が良いと思います。

良い習慣も朝一番ですね。

では、今日1日あなたにとって良い日でありますように。

やまびこ整骨院 院長 吉尾正人
(48歳申年みずがめ座B型) 拝


スポンサーサイト
やまびこ整骨院院長の吉尾正人です。

今日は、皆さん私も含めてですが、ほとんどの方が
絶対摂取している白砂糖のお話をしたいと思います。

皆さんもご存知のように、白砂糖の原料と言えば
サトウキビですよね。

このサトウキビを人工的に白砂糖に作り上げていく
んですが、まずサトウキビの茎を砕き、圧縮して
甘い汁を搾り取り、それをさらに何度も加工して
純粋な白い結晶になるまで精製するんだそうです。



精製過程では、石灰、炭酸、亜硫酸などなど使って、
煮詰め、不純物を取り除く。

ホウ酸塩や塩素等で脱色して、透明な液を作る。

ミネラル、ビタミンがあるとべたつくので、すべての
栄養素を取り除く。

塩酸、その他の無機酸で砂糖を真っ白く漂白する

という過程を経て、食品とも言えないものが出来上がる
訳ですね。



白砂糖を摂ると、体内のカルシウムは失われていきます。

白砂糖は、精製過程でミネラル、ビタミンの栄養素を失った
酸性食品ということです。

人間の体は、弱アルカリ性ということなので、体内に
酸性食品が入ると、中和するため体内のミネラルが使われ、
その中でもカルシウムが多く消費されるんですね。

白砂糖には、ほとんどカルシウムが含まれないので、
必要なカルシウムは、体内の骨や歯を溶かして供給
されます。

だから、甘いものを摂ると虫歯になったり、骨が弱く
なったりするんですね。

糖類は、体内で分解される時に、ビタミンB1が必要と
なり、ビタミンB1の摂取量が少ないと、欠乏症になって、

鬱、疲労、眩暈、貧血、頭痛、浮腫、心疾患、脳疾患
などなど、色々な症状を引き起こします。

さらに、白砂糖は血中に素早く取り込まれるため、血糖値
が急激に上昇し、そのためインスリンが大量に放出され、
低血糖を引き起こしやすくなるんです。

低血糖が続くと、今度は血糖を上げようと、アドレナリンが
放出されます。

アドレナリンは神経伝達物質で、興奮した時に大量に血液中に
放出されるんですが、アドレナリンが出過ぎると、思考力が減退
し、集中力がなくなり、短気でキレやすくなるんですね。

さらに、アドレナリンが体内で分解されてできるアドレノクロムは、
麻薬のメスカリンの中の薬効成分と同じ物質らしいです。

また、白砂糖の主成分のショ糖は悪玉菌の餌になり、悪玉菌が
増えると、白血球が退治にかかり、その白血球の死骸が、活性酸素
を生み出し、色々な病気の原因(がんなど)になります。

甘いものが欲しくなるには、塩不足が原因だったりもするようです。

塩は摂っても、甘いものは摂るなと言うぐらいです。

塩は自然塩を摂って下さい。毎日ミネラルウォーターにひとつまみ
塩を入れて飲むのもおすすめです。

日本人は、主食でパンや白米を食べますが、これも炭水化物であり、
糖質です。

日本人には糖尿病の罹患率も高いと言われます。

食事には気をつけていきたいものです。

お菓子を主食のように摂りすぎないようにして下さいね。

チョコレートやアイスクリーム好きな人多いですよね。



おお、今から食べようと思ってる方、ほどほどにね。

やまびこ整骨院 院長 吉尾正人
(46歳申年みずがめ座B型) 拝



2011.11.24 肉体改造計画
やまびこ整骨院院長の吉尾正人です。

前回のブログで自分を鍛えなおすために
キックボクシングを始めたお話をしました。

今回は、実は整骨院内にもある器具を導入
し、身体を鍛えなおそうということで、
こんなものを入れてみました。

それがこれです。
↓↓↓↓↓



この器具では、懸垂、腹筋、腕立てなどを
行えるので、上半身の主なところは鍛えら
れます。

特に懸垂が出来るという事で、衰えた身体
をもう一度鍛えなおして行こうというで、
早速、やって見たらなんと…

ほとんど出来ない状態でした

懸垂はどの筋肉が鍛えられるかというと、

広背筋(きたえられると背中が逆三角形になる
筋肉)、大円筋(脇下)、上腕二頭筋、
腕頭骨筋(前腕部)、大胸筋、僧帽筋下部
(肩甲骨の間)、菱形筋(肩甲骨の内側)など
です。



特に、腕を広げて行う懸垂はかなりきついです。

これが思うように鍛えられれば、理想的な
逆三角形の身体がつくられるんですが、なかなか
大変です。

その他、腕立て伏せや



腹筋も出来ます。腹筋は腹直筋が主に鍛えられ
ますが、内、外腹斜筋なども鍛えらますよね。
わき腹のお肉はなかなか取れないんですよね。



上腕三頭筋の強化も行う事が出来ます。



前にも書きましたが、筋トレをすることによって、
筋量が増えれば、基礎代謝も上がり、太りにくい
身体づくりができるんですね。

さらに、これに有酸素運動を取り入れたら、
引き締まった均整のとれた身体が作られんですが、

やはり続けなければなりません。

少しづつでもいいですから、少し太り気味とか感じ
てる方、これから寒い冬に向けて鍋の美味しい季節
ですが、今から太るのが怖いと思ってる方、

是非是非、これから筋トレを少しでも始めてみましょう。

やまびこに来て、この器具使って見て下さい。

筋トレだけやりに来ても良いですよ

自分も頑張ります

やまびこ整骨院 院長 吉尾正人
(43歳申年みずがめ座B型) 拝






やまびこ整骨院院長の吉尾正人です。

集中力について睡眠とのかかわりが大きいのは
皆さんご存じでしょう。

しかし、実際自分が集中力が欠けてることを
睡眠不足によることとして自覚しているだろうか。

良い睡眠を取ることによって、充実した1日を
送ることが出来るし、良い睡眠を取ることが
出来なかった事によって、1日無駄な時間を
過ごすこともあります。

また、良い睡眠というのは長ければいいという
事ではないようです。

8時間バッチリ寝ても、体調がすぐれない人も
いますし、3時間でも目覚めが良くて1日集中
出来たという経験を持っているのではないで
しょうか。

睡眠には、レム睡眠とノンレム睡眠というもの
があり、特にノンレム睡眠の質によるようです。

レム睡眠とノンレム睡眠は平均的に90分サイクル
で繰り返し、交互に4,5回繰り返します。

レム睡眠というのは、眼球が動いてる状態で、
身体は休息状態だが、脳は覚醒に近い状態で
活動している睡眠のこと。

レム睡眠後にくる深い睡眠がノンレム睡眠で、
このときは、細胞の新陳代謝を高めたり、
免疫力を強化するということが起きているので
とても重要なんです。

なんで睡眠が大事かというと、生物が正常な
活動を行うために必要な脳(特に大脳)を休息
させる行為ということもあり、脳を休息させる
のは、ノンレム睡眠時なんです。

この時は、大脳は休息状態ですから体温も下がり、
呼吸、脈拍も落ち着き、血圧も下がっていきます。

眠りに落ちた直後の3時間の間に深いノンレム睡眠
は集中的に発生するので、この3時間に集中して
ぐっすり眠っていれば、熟睡できたという満足度
が得られる。

このノンレム睡眠中に起こされたり、物音や明かり
で集中出来てないと、寝不足状態になるわけです。

だから、沢山寝たかららと言って良い睡眠が取れた
ということではないんです。

ちなみに、このノンレム睡眠は大脳が発達した
哺乳類と鳥類だけが体験できるそうです。

筋肉をつくための成長ホルモンもこの最初の深い
ノンレム睡眠で分泌量が高いので、疲れた筋肉の
疲労を回復させるためには、この時間帯は大切
なんです。

アルコールを飲むと眠れるという人もいますが、
実際は睡眠サイクルを乱す原因にもなるので、
眠ったとしても、寝起きが悪かったり、熟睡でき
てないことが多いですね。

そういう経験をしてる人、多いんじゃないでしょうか。

やはり、寝る時の状態がリラックスしている方が、
良い睡眠を取ることが出来ます。

初めてこちらでマッサージを受けた方が、その日は
良く眠れたと言ってくれるんですが、筋肉をほぐされ
ると、身体がリラックス状態になり、良い睡眠を
取れると思います。

最近、眠れない、毎日寝不足だという方は一度、
やまびこでマッサージを受けてみてはいかがしょうか。

やまびこ整骨院 院長 吉尾正人
(43歳申年みずがめ座B型) 拝
やまびこ整骨院院長の吉尾正人です。

先日、ある団体の協力のおかげで被災地である
宮城県の気仙沼に行ってまいりました。一度は
被災地に訪れて何か出来ないかと思っていたの
で、このような機会をもらって感謝しております。

18日当日は、朝7時ごろの新幹線で2時間
かけて仙台まで行き、そこから2時間半車に
揺られての気仙沼に着いたのは、すでにお昼
の12時を回ってました。

途中の行程では、以前テレビなどの映像で見た
事のある、津波で流された家や船、車などがまだ
残っていたり、押し流された瓦礫や焼け野原の
後のような、今だ復興には時間がかかりそうな
状況を目の当たりして、4か月もたった現在でも
今回の津波の残した形跡は凄まじいものだと実感
しました。

これが1000年に一度の大災害かと驚くばかり
でした。

現地ではまず最初に、階上中学校の体育館にまい
りました。

 
震災当初は、かなりの人数がこちらで生活されて
いたようですが、仮設住宅などが建てられていく
なかで、人数も少なくなったとはいえ、まだまだ
数多くの方が生活していらっしゃいました。

避難所の状況は、大変な環境での生活を強いらて
ると思いますし、4か月もこの生活を続けている
御苦労ははかりしれないです。

当日は、結構暑い日で扇風機が数台回ってるのみで、
かなり蒸し暑かったです。

また報道でもあったように、以前よりは減ったと
いっておられましたが、蠅がかなりの数飛んで
おりました。

それぞれの家庭で、段ボールで仕切られたのみの
スペースに一緒にいるというプライバシーもない
状況で、夜もゆっくり寝れないという声もお聞き
しました。

仕切りが低いため四つん這いで動く事も多いので、
肩、腰、下半身等かなり疲れや筋肉の緊張が強い方
が多かったように思います。

日帰りのため、滞在時間少なくあまり十分な時間が
ない中、出来る限り施術させていただきましたが、
数人の方しか施術出来なかったのが心残りです。


その後、仮設住宅の集会所にも参りました。

今回、被災地にお伺いして皆様から、是非また来て
下さいというお言葉をいただき、大変嬉しく思った
のと同時に、現地のこのような状況を忘れずに、
活動を続けることが大事だなと思いました。

しかし、なかなか自分には何度も頻繁に行く時間が
取れないのが現状ですが、また時間を取って行きた
いと思っております。



やまびこ整骨院 院長 吉尾正人