こんにちは! 
やまびこ整骨院の吉尾です。

今日は、首の疾患について話していこうと思います。

頸椎の疾患で斜角筋症候群というものがあります。

これは胸郭出口症候群の一つで、頸椎から付く筋肉
なんですが、前斜角筋、中斜角筋、後斜角筋と3つ
の筋肉があります。

大体ですが、それぞれ頸椎3番目から7番目の間に
付いて、第1肋骨と第2肋骨に付きます。

さらに重要なのは、この斜角筋の隙間を腕神経叢
鎖骨下動脈という神経と血管が通ってるため、この
筋肉が緊張するとこれらの神経や血管を絞扼(圧迫
や締めつけ)してしまうことで色々な悪さをします。

この症状としては、特に上肢の痺れが生じます。
また、肩甲骨周辺や胸側の上肢の付け根あたりの
痛みだったり、ひどくなると握力低下も招く場合も
あります。

肋骨についているので、呼吸する際に肋骨を引き
上げる働きもあるので、この筋肉が緊張しすぎる
と、呼吸しずらさも感じることもあると思います。

猫背の方やデスクワークで頭が前にもたげてる姿勢が
多い方は、この斜角筋が短縮して、腕神経叢を圧迫
してしまうので、このような症状を引き起こす可能性
もありますので、普段の姿勢には注意が必要です。

まだ、肩こり程度の症状で治まってる方は軽度ですが、
最初は我慢出来ていても、突然、首が回らなくなる
ような強い運動痛が出てしまったり、上腕部から指先
にかけて痺れなど、さらに悪いと思われる頸椎ヘルニア
頸椎症などといった疾患になってしまってることも
あります。

首には細かい神経が集まっていますし、ひどくなる前に
受診をして下さいね。

今回は、斜角筋についてのお話に言及してますが、
このような症状で行なうことは、斜角筋だけにかかわらず、
頭部の筋肉、顔前面の筋肉や斜角筋を含めた頸部の筋肉、
肩から背中にかけての僧帽筋を中心とした筋肉や時には、
腰にかけてまで施術しなければならないということです。



「木を見て森を見ず」ではありませんが、体全体を
見た時に、他にも悪い箇所があるかもしれませんし、
首周辺の疾患がある方は、多くは腰なども悪い方が
多いです。

そのような場合は、時間的にも、すぐに改善する方
もいれば、時間をかけてじっくり治療しなければ良く
ならない方もいらっしゃいます。

また、このような疾患は、長期的な悪習慣によって
起きている可能性があるということです。

良く姿勢の悪い方に、猫背気味ですねと申し上げると、
「そうなんですよ」とご自分が猫背である自覚はあるん
ですが、どうして猫背なのかはあまり考えたことがない
方が多いと思います。



痛みを取り除くということも大事とは思いますが、最も
大切なのは、症状をぶり返さないということも大事です。

良くなってきた方にも出来るだけメンテナンス的な治療、
自宅でのセルフメンテナンス(ストレッチや筋トレなど)
指導を提案させていただいています。

でもこれが一番重要なことです。

ということで、今日も健康習慣に気を配りながら、快適に
過ごせるように頑張りましょう!

では、今日はこの辺で。
やまびこ整骨院 院長 吉尾正人
(50歳申年みずがめ座B型) 拝
スポンサーサイト
こんにちは! やまびこ整骨院の吉尾です。

ぎっくり腰(急性腰痛)になって来院される方
が多くなっています。

以前のブログにもぎっくり腰については、書いているん
ですが、ここで再度おさらいしていきたいと思います。

ぎっくり腰というのは、突然何か重い物を持ち上げたり、
急な動作で起きるイメージだと思うんですが、そのような
動作を取ったわけでもないのに、ぎっくり腰の症状になる
ことはあります。

最近、来院された方についての症例を紹介します。

症例1


40代 女性 
当初、風呂掃除を、長時間の前かがみなどの姿勢で行なって
いた時に、グキッとなった感じを受けたが、その後問題なく
数日過ごしていた。

その後今度は、床に座りながら長時間作業を行なっていた際に、
立ち上がれないぐらいの痛みを発症。

翌日は、全く動けず寝たきり状態。

お電話をいただいた時は、全く動けないということで、
動ける状態になるまで、安静を保って、出来ればアイシング
をして下さいと説明させていただきました。

その後に、一応、動けるようになって来院。

腰全体に運動痛、歩行時痛が強く、座ることはできない
状態。前かがみ、腰を反らす動作での運動痛あり。

圧痛はあまり強くなかったが、患部を避け、下半身中心の
施術を行ない、患部へのハイボルテージ、微弱電流器の治療後、
キネシオテープ、湿布、コルセットで固定しこの日は施術終了。

数日後、来院時はかなり痛みが楽になっており、歩行時痛も
軽減、座ることも可能ということでした。

3回目の施術では、腰部の若干の運度痛があるものの、初日より
かなり改善しました。

次回は、様子を見ながらさらに回復を促す施術を行なう。

症例2


40代 女性 会社員
何気なく机の物を取ろうとして、前に屈んだ時に左腰に
痛み。

翌日、仕事を休んだがずっと座りっぱなしでいてさらに
疼痛が増強し来院。

右方向への疼痛回避姿勢を取り、腰部の前かがみ、
後ろにそらすなどの動作で痛みが強い状況でした。

痛みの強い部分を確認し、下半身中心の施術を行い、
アイシング、ハイボルテージ、微弱電流器の治療、
施術後は、キネシオテープを貼り、終了しました。

翌日は、前日にくらべ、痛みが軽減しており、
ある程度動きも取れるようになっていました。

しかし、その後安静を指示しましたが、仕事に復帰し、
通常の業務を行なうも、疼痛増強して来院。

安静を保てず、数日業務をこなしていたが、
ほぼ、最初の状態に戻る。

数日、自宅にて安静をしていただきながら、施術を行い、
その後は経過良好。

5回目にて、かなりスムーズに動くことも可能になり、
歩行時痛、圧痛も軽減。

この方はについては、施術後に通常通り無理に仕事を
してしまい、悪化させてしまったと思われます。

特にぎっくり腰の場合は、かなり痛みを伴い、治療を
させていただいても、安静を保たなければならないことが
多いので、お二人目の症例の方は、無理に仕事に行かれて
作業をされてしまったことで、少し回復が遅れたということ
があります。

また、ここでぎっくり腰になりやすい原因について
書いておきます。

ぎっくり腰になりやすい9つの原因

1、椅子などに長時間、猫背や浅く座ったりしてる方

2、足を組む、床にあぐら、横座りなどで座っている方

3、車に乗ることが多い

4、運動不足

5、ヒールの高い靴などを履いている方

6、中腰作業が多かったり、重い荷物を持ち上げたりする
  ことの多い方

7、体重が急激に増えた、肥満気味の方

8、寝返りをあまりうたない方、寝具が柔らかい物に
  寝てる方

9、無理な体勢で何か物を取ろうとした方

その他、まだまだ色々と原因はあります。

先程の症例でも申し上げましたが、ぎっくり腰になって
しまった場合、施術に来られ方は来院いただくのがいい
のですが、治療後は炎症が強かったり、痛みの程度に
よって、安静を保たないと、悪化したり、良くなって
いても、ぶり返すこともあります。

歩けないほど痛みの強い場合は、動けるようになるまで
楽な側を上にして、横向きで休んでもらう、アイシング
を行なうなどしていただいて、様子をみながら来院して
いただくのがいいと思います。

本当に、ぎっくり腰は辛い症状です。

このような症状を発症した場合、状況に応じて、適切なご
案内をさせていただきたく思いますので、先ずは至急
ご連絡を下さいね。

では、今日も1日頑張りましょう!

やまびこ整骨院 院長 吉尾正人
(50歳申年みずがめ座B型) 拝
こんにちは!

やまびこ整骨院の吉尾です。

今日は、姿勢についての話をしたいと思います。

facebookでも触れましたが、山根先生がゴルフ雑誌で
テーマにしている「猫背」について、日本人の多くの方
が抱えている不良姿勢の典型です。

これは日常生活で前かがみの姿勢を常にしていることで、
背骨の湾曲が極端に強くカーブしてしまっている状態
です。



ここで背骨の構造について簡単に説明します。

背骨とは、頚椎、胸椎、腰椎、仙骨、尾骨とありますが、
主に胸椎が後弯(後方に強く曲がっている)が強い状態
です。

通常、頸椎は前弯、胸椎は後弯、腰椎は前弯しています。

このように背骨は前後に軽くS状にカーブしていて、
これを「生理的湾曲」といいます。



やまびこ整骨院には、この体の歪みをチェックするのに、
モアレポトグラフィーという機材を使って、患者さんの
姿勢を分析しています。

また、後ろから見て背骨が左右にカーブしている状態は、
側弯症といって、これも正常ではありません。

このような正常ではない背骨の状態は、普段の日常生活の
影響で起きているのがほとんどです。

昔からの日本の生活習慣から日本人は、「猫背」が多いと
言われています。

また、現代人の仕事ではデスクワークなど座りっぱなしで
長時間働いていたり、スマホを何時間も続けてやってる人
が増えている中で、猫背になっている方は多いと思います。

ここで気をつけてほしいのは、若い人の猫背はまだ、背骨
が実質そこまで湾曲が強くなっていなければ、姿勢を正せば、
湾曲の程度も酷くならずにすみます。

やはり、年齢を重ねていくと、どんどん背骨の湾曲は酷く
曲がってしまいますし、その湾曲を治すののは困難になります。

この猫背の姿勢を続けることで、他にも色々と問題を引き起こし
ます。

例えば、腰痛だったり、肩こりだったり、頭痛や冷え症、最悪
なのは、心肺機能や消化器などの内蔵に悪影響を与えます。

当然、やまびこ整骨院に来る方においては、何かしらの症状が
出てから来院される方が多いのですが、姿勢が悪いのではない
かなと感じたり、姿勢治したいなと思ったら一度チェックを
しに来て下さい。

モアレを使って姿勢の状態を診させていただきます。

また、facebookで紹介させていただいている山根先生
の提唱するGAP理論をもとに、体の歪みの矯正や疾患の
施術に多くを取り入れさせていただいてます。

スポーツを何かされてる方も、猫背が原因でパフォーマンスが
落ちてしまうこともありますので姿勢には、気をつけましょう。

女性も猫背で歩いていると、あまり若々しく見えなく思われる
など気にされてる方もいるでしょうし、女性に多い冷え性にも
関係しますから、正しい姿勢を意識して「姿勢美人」を目指して
下さい。

では、今日も1日頑張りましょう!

やまびこ整骨院 院長 吉尾正人
(50歳申年みずがめ座B型) 拝
こんにちは!

やまびこ整骨院の吉尾です。

やまびこ整骨院のホームページを見ていただくと、
動画で私がトレーニングやストレッチなどを紹介
しています。

あまり話も上手くなく、大した説明ではないですが、
何故こんな動画をやってるかといいますと、

それは、皆さんに是非やってほしいからなんです。

治療に来られるということは、何か痛みや痺れや
違和感などなど、何か症状が出ているからだと思う
んですよね。

やっぱり、湿布を貼ったり、ピップエレキバンみたい
なものを貼ったり、ときには病院に行って、痛み止め
をもらうこともあるでしょう。

このように、色々なことを試されても痛みが取れずに、
来られる方は少なくありません。

まず、施術に来られて、先ず最初にお伺いする
のは、痛いところを聞くのはあたり前ですが、どうの
ように生活習慣を送っているかが重要なのでその部分
を聞くようにしています。

施術にきていただく頻度は、一般的には週に1回
だったり、ぎっくり腰や寝違えは数回は毎日続けて
きてもらうこともあります。

ここで、ホームページで紹介している筋トレやストレッチ
の動画が重要なんですね。

施術だけでは解消出来ない痛みや不具合も当然あります。

全ての症状をある期間では取り除けないことは多々
あります。

そこで、絶対に重要なのが自宅などで行なってもらう
筋トレ、ストレッチなんですね。
今までの生活習慣に少し変化を加えてほしいんです。

本来は、動物は読んで字のごとく、「動く物」ですよね。

野生動物は、家畜の猫や犬のように寝てばかりはいま
せんし、人間だって動物なんですから、基本は動くの
があたり前ですね。

だから、動きがあるのが自然だと思うんです。

特に現代人は仕事が忙しく、またデスクワークなどの
座りっぱなしの仕事に従事している方が多い中で、
運動をする機会が少ないと思います。

だからと言って、ジムに通ったり、激しい運動をしな
ければいけないわけではありません。

適度な運動が必要です。それには3つ大事なことが
あります。

1、体に重要な筋肉を動かし、少しでも筋肉量を保つ。

2、関節の可動域をつけるためのストレッチや柔軟性を
つける。


3、バランス良い姿勢を保つ。猫背などに注意。

この3つのことを意識して日々どのようなことが必要か
ということで、毎日20分ぐらいの運動時間を取って
もらえるといいと思います。

何かをするには目安が必要なので、20分としてますが、
先程言ったように、日々にあなたの生活習慣の中に、
運動習慣を取り入れてほしいんですね。

特にやってほしい運動は、腰からお尻、太もも周りを
鍛える運動。この部分の筋力が衰えてくると、上体が
支えられなくなり、段々と腰が前に曲がってきてしまい
ます。

そして、猫背にもなってします。

また、第二の心臓と言われるふくらはぎも鍛えて
ほしいですね。

例えばですが、

1、最低、毎日歩く時間を増やす。

2、スクワットは20回✖️3セット
または、
四股が出来る人は10回✖️3セット


3、カーフレイズ30回✖️3セットなどがお勧めです。

いくつかやまびこのホームページで紹介していますので、
是非、トップページの動画をチェックしてみて下さい。

Youtubeで「やまびこ整骨院」と検索すると今までの
動画がでてきますので、やってみましょう!

やまびこ整骨院 院長 吉尾正人
(50歳申年みずがめ座B型) 拝

こんにちは!

やまびこ整骨院の吉尾です。

3月に入り、やっと暖かくなってきましたね。
しかし、花粉症の方は最悪な状況のようです。

毎年患者さんからお聞きすることですが、今年
の花粉はキツい、今年になって発症したようだ、
などと。

私も時々、目が痒いときがあるりますが、今の
ところ酷くなることはありませんが、鼻が出たり
ちょっとした症状の時は、前回紹介した鼻うがいを
するようにすると、症状が軽くなるのでやってます。

花粉症の方にとっては、辛い日々ですが、色々と
対策を考えて、少しでも楽に過ごせるように
できるといいですね。

…さて、今日は皆さんが「痛み」や「違和感」
「チクチクする」など体に異変があったときは、
そこに必ず手がいって、揉んだり、擦ったりする
ことありますよね。





これが「手当て」の基本ですね。

こういう症状が出ている時には、その部分には
何かが起こっているから症状として現れている
んです。

痛みの原因となる物質がその部分に溜まってい
るんですね。

捻った、ぶつけた、そこに持続的な負担がかかっ
たり、ストレスなども含めて、交感神経が優位に
なってしまい、筋肉の緊張を招いて、血管が収縮
してしまいます。

その結果、その部分の血流が悪くなって、痛みの
元となる物質が集まってくるんですね。これが痛み
の主な原因です。

この「痛み物質」や「老廃物」を流すことが大事
になります。

自分の手で擦ったり、揉んだりしても変化がない
ということは当然あるわけですが、そこで私たち
柔道整復師などの治療家がマッサージや矯正などの
手技や機械的治療で痛みを起こす原因物質の除去を
図ります。



しかし、これも全ての痛みを取り除くことが出来
ないこともあるわけですが、出来る限りの施術を
施す努力を重ねていくことは言うまでもありません。

患者様ご本人にも家庭や職場などで行なっていただく
ことで、痛み除去に有効なストレッチ法やトレーニング
をご指導させていただき、実践いただくことも非常に
重要なことです。

これからも、私がサポート出来る患者様の痛みや違和感を
少しでも取り除けるように、さらに意識を高め、知識や
技術の向上できるよう頑張っていきたいと思います。

一緒に治していきましょう!

今後ともよろしくお願い申し上げます。

今日も1日元気でお過ごし下さい。

やまびこ整骨院 院長 吉尾正人
(50歳申年みずがめ座B型) 拝