FC2ブログ
こんにちは!

やまびこ整骨院の吉尾です。

今年も残りあと1ヶ月とちょっとですね。

私自身は特に今年は、時間の経つのを早く感じています。

この間、お正月を迎えたと思ったら、もう年末です。
ある意味怖いぐらい時間があっという間に過ぎていきます。

猛暑で暑かった日もつい最近のことのようでしたが、
最近はだいぶ冷えこんできましたね。

体調を崩していませんか?

さて…、今日は何の日だか知っていますか?
11月26日で「いい風呂」の日だそうです。

私も風呂好きで、良くスーパー銭湯に行くのですが、
お風呂は健康にもいいと思います。

日頃の疲労や冷えきった体を癒してくれのに、お風呂は
とてもいいですね。

しかし、今日のネットでお風呂に関する記事がでていま
した。

なんと一昨年の1年間でお風呂で亡くなった方が、
5228人もいらっしゃったそうです。

そのうち、4821人は高齢者なんだそうです。

年々増えているそうですが、多くの方が、寒くなる
12月から2月にかけて増えるようです。

事故の多くは「ヒートショック」という急激な温度差で
起こる心臓への負担が原因です。

寒くなると脱衣所は結構寒くなっていて、熱めに
設定したお風呂に入ることが原因と思われます。

とかく、寒い時は熱めのお風呂に入る方は多いのではない
かとい思います。

健康のためと思って、折角入浴しても、これでは本末転倒です。

熱いお風呂に入ると、温まったような気になりますが、実は
表面的な体温が上がっただけで、実はぬるめのお湯に長めに
入った方が深部まで温まるんですね。

ここで、寒い季節になるべく安全にお風呂に入るには、

1、入る前に熱いシャワーなどで、浴室を温めておく。

2、あまり熱くない42°未満の温度に10〜15分ぐらいゆっくり
  つかる


3、お湯には半身浴とは言わないまでも、胸ぐらいまでつかるぐらい
  がちょうどいい


やはり、温度差による高齢者の方や高血圧の方への方への負担という
ことが問題を起こす可能性があります。

お風呂に入ってリラックスしたい場合、副交感神経を高める必要が
あります。

これには、ぬるめの温度にゆっくりつかることです。

この方が、深部体温が上がって、寝る1時間前に入れば、入眠に
最適です。

私は、入浴は健康に良いと思っていますので、こういうことに注意
して、快適にお風呂に入るようにしていきましょう。



また、サウナ好きの方も銭湯とかでは注意して下さいね。

水分を取りながら入らないと、脱水症状を起こす可能性もあるので、
脳梗塞の原因になりえます。

サウナも十分注意して、入って下さい。

では、日々の入浴ライフを楽しみましょう!

やまびこ整骨院 院長 吉尾正人
(50歳申年みずがめ座B型) 拝
スポンサーサイト
こんにちは!

やまびこ整骨院の吉尾です。

今日は、また運動についての大事なお話しをしたいと
思います。

ちょっと前のネット新聞に出ていたんですが、WHOが
発表した統計で世界の成人の4人に1人、14億人もの
人が運動不足ということなんですね。

日本人はどうかというと、日本人口の36%の人が運動不足
とのことです。また、高所得国ほど運動不足が顕著だそうです。

そこで適切な基準として、1週間でウォーキングや筋トレなどの
「健康的な運動量」を150分としています。

私は必ずしもこの基準をきっちり守る必要はないとおもいますが、
ここで大事なのは「健康的な運動量」ということです。

運動をする機会が少ない人の病気のリスクが高いということは
言うまでもありません。

当整骨院でも、ぎっくり腰などで来院される方の多くは、
デスクワークの多いサラリーマンの方やとても忙しい主婦の方
です。

このようなことを書くと多くの方は、「運動すればぎっくり腰に
ならないのか」「肩こりは良くなるのか」などと言うかの声も聞こ
えてきそうですが、できればやった方がいいと言うことです。

いかに健康で毎日元気に過ごせるのか、ということを普段から考えて
こういう運動習慣を少しでも行なうことが、これから何年、何十年
先の生き方に重要だなと感じるところです。

今回の内容で最初に大事なことと言いましたのは、「筋肉を動かす」
ことについてなんですね。

これもある記事で読んだことではありますが、筋肉がとても重要な
働きがあるということなんです。

それは何かと言うと、筋肉を使うことで筋肉から分泌されるホルモン
がとても身体にとって良い影響を与えるということです。

そのホルモンの名前は、「マイオカイン」です。このホルモンには
30種類以上ものホルモンがあって、まだ詳しくは解明されてないこと
も多いようですが、別名「若返りホルモン」とも呼ばれています。

今までは筋肉がホルモンを分泌するとは思われていなかったのに、
多くのホルモンをだして、それが色んな効果がみられるんですね。

マイオカインの代表的な5つのホルモン

1、SPARC 

  この「SPARC」というホルモンは、大腸がんの抑制に働くそうです。
  これは、筋肉から分泌されるという研究結果があるようです。

2、IL-6

  このホルモンは、体内に糖を取り込み脂肪を分解するので、
  肥満や糖尿病に効果がるようです。

3、FGF-21
 
  このホルモンも肝臓での脂肪を燃焼させるため、肝硬変の原因と
  なる脂肪肝の改善に役立つようです。

4、アディポネクチン

  もともと肝臓から分泌されていることが分かっていたようですが、
  最近では、筋肉からも分泌されることが分かってきている。
  やはり、動脈硬化を防ぐ働きがあるそうです。

5、IGF-1

  このホルモンは、筋肉や骨の成長促進に書かせない物質で知られてい
  いたのですが、筑波大の研究では、軽い運動で脳神経が活性化されると、
  このIGF-1が脳内に運ばれて、神経の活動を高め、アルツハイマーの
  原因となるβアミロイドを減少させる効果があった。

という優れたホルモンである「マイオカイン」は、激しい運動ではなく
とも、軽い運動においても筋肉を動かすことで、分泌が促されるのです。

やまびこ整骨院にきて下さる方は、基本、腰痛や首肩の痛みや怪我
などで来院されますが、病気全般に効果を発揮することがわかって
きています。

ということで、出来るだけ身体を使う生活習慣を心がけましょう
ということですね。

当然やまびこ整骨院では、来院下さったかたに有効なストレッチや
筋トレについてお教えしています。

病気や怪我というものは、すぐに改善するものもあれば、時間の
かかることも多くあります。

重要なことは、効果が出るまで諦めずに良い習慣を行なうことに
他なりません。

先ほどの1週間で150分の運動をということを書きました。

これを1日の運動時間と考えると、1日20分ぐらいは何か運動らしき
ことができるといいでしょうね。

最近、私も歳を重ねてきて体力にも昔ほど自身がなくなってきました。

ということもあって、週末にはジムに通っています。

また毎日出来ないこともあるんですが、仕事が終わったら、腕立て、
腹筋、スクワットを20分以内の範囲でやっています。

とはいっても、忙しいときはスルーしてしまいますし、慣れると
そんなに大変ではないと思います。

最初は、やらなきゃと考えずに、毎日大変と思う方は1日おきにでも、
身体を動かすことをやってみましょう。




「今日は、なんか体動かしていないから気持ち悪いな」と思えてきたら
毎日できるようになってくると思います。

今日から、少しでも生活習慣の改善に意識して、行動していきましょう!

今日もブログをお読みいただきありがとうございます。

では、良い1日をお過ごし下さい。

やまびこ整骨院 院長 吉尾正人
(50歳申年みずがめ座B型) 拝
こんにちは。

やまびこ整骨院の吉尾です。

今日は、あるサプリメントについてお話ししたいと
思います。

私の整骨院にも、膝が痛いということで来院される
患者さんがいらっしゃいます。

特に膝の疾患は、中高年の「変形性膝関節症」という
ことで診断されて、痛みに悩んでる方が多いと思います。



そう言う方々から、良く聞かれる質問で、テレビなどで
宣伝してる「グルコサミン」って効きますか?

飲んだ方がいいでしょうか?という風に聞かれるんですが、
これは何とも言えないです。

まず、このグルコサミンって言うのはどんな成分なんで
しょうか、というところからお話しします。

関節は、関節軟骨によって、骨を守ってくれていますが、
この軟骨の成分は、約80%の水分と、コラーゲン、
プルテオグリカン、僅かな軟骨細胞
で構成されています。

このプルテオグリカンが水分を含んで、ゲル状になって、
コラーゲンが軟骨の形成を維持するんです。

このプルテオグリカンの芯となるタンパクとグルコサミノグルカン
という糖質が結合するんですが、このグルコサミノグルカンの
主成分がグルコサミン
というものです。

このグルコサミンは、アミノ酸や糖と言った、さらに小さな
物質に分解されないと腸等には吸収されないんです。

吸収されても、ほんの一部しか吸収されないんですね。

また、このようなサプリメントのグルコサミンでは、多くは
尿と一緒に排出されてしまうのが現実のようです。

残念ながら、グルコサミンのサプリを飲んだからと言って、
軟骨が再生することはないと思います。
僕自身が膝の痛みを訴えてる方に、お勧めすることは、、、、

やっぱり、運動療法です。

しっかりと下半身の筋肉を鍛えることが大事だと思います。

必ず治療に来た方にはお話しをしますが、膝関節を痛めて
しまった場合は、必ず大腿部、臀部の筋肉を鍛えることを
指導しています。

そのトレーニングとして一番いいのは、出来る方はスクワット
四股などを勧めています。

そこまで過重出来ない方は、座った状態で行なっていただく、
チューブを使ったレッグエクステンションレッグカール
アウターサイなどがお勧めです。

わざわざジムにも行かずに、家庭でも出来るトレーニング
ですので、地道に毎日行なえるのが一番ですが、出来ない方は
一日おきでもいいのでやってみて下さい。

関節は一度痛めるとなかなか治すのは大変です。治療と共に、
やっぱり筋トレは必要です。出来る範囲で、少しずつですね。

自分の足で長く歩けるような筋力をつけていきましょう。

今日も一日、頑張っていきましょう!

では、今日はこの辺で。

やまびこ整骨院 院長 吉尾正人
(50歳申年みずがめ座B型) 拝
こんにちは! やまびこ整骨院の吉尾です。

今日は、座り姿勢についてお話したいと思います。

最近は、姿勢についての話しを多くしていると思う
んですが、あるネットの記事で面白い内容がありま
したので、あわせて話したいと思います。

再三、このブログでも座り姿勢が長いのはダメですよ、
ということを書いてきました。

現代は、デスクワークの仕事の携わる方が多くなって、
長時間座って仕事する事が当たり前の世界です。

そのような環境について、この事が問題である事を
ちゃんと指摘してる会社っていうのがあるんですね。

それは、ステーブ・ジョブズで知られるApple社ですが、
皆さんご存じですよね。

iPhoneやMac bookを使ってる方も多いかと思いますが、
そのApple社です。



そこの社長さんは、現在スティーブ・ジョブズから
変わったティム・クックという方なんですが、

彼は、朝4時に起きて、5時にはジムで運動してから
会社へ出社するそうです。

そんな超健康家で生活習慣を重要視しているクック社長は、
座り姿勢は新種のガンだ」と言っています。

それほどの健康志向から、クック社長は、会社にスタン
ディングデスクを導入して、全社員に使用させているそう
です。

これは長時間の座り姿勢を防止するため、立って仕事も
できれば、机の高さを変えて、時には座って仕事もできる
ようですね。

長時間座る事で、健康を害してしまい、社員が体調を崩せば
当然パフォーマンスも落ちるでしょうし、時には立って仕事
をし、時には座ってやる事で仕事の効率や社員のライフ
スタイルも考えてるという事でしょう。

この座り姿勢が長いと起きる問題点は、猫背になったり、
側湾がひどくなったり、そこからくる腰痛や頸椎症や
ヘルニアなどの疾患が起こってしまう事を指摘させて
いただいてます。

ただ、このような整形外科的な疾患以外にも、長時間の
座り姿勢が引き起こす疾患は他にもあります。

例えば、「がん」の発症リスクが高いと言われています。

それは、過剰にインスリン分泌されて特に、結腸がん、乳がん、
子宮がんの発症が高い
そうです。

合わせて、インシュリン過剰になれば、糖尿病のリスクも上がり
ます。

長時間座ってる事で、血流も悪くなる事で、心臓疾患や脳卒中の
危険もあり得る
という事です。

当然、腰痛や首の痛み、単純な肩こりなどでしたらまだ耐えられる
でしょうが、ぎっくり腰になったり、手や足への痺れなどの症状
もあらわれてくる場合もあります。



将来的に、頸椎症や頸随症、脊柱狭窄症などなど、単純な痛みから
さらなる悪化した疾患になる可能性もあります。

Apple社みたいに社長さんが、会社の机を変えてくれればいいですが、
なかなかそんな会社はないですから、皆さんは、ご自身でなんとか
するしかないと思います。

そこでおすすめは、タイマーを使うことです。

やっぱりあまりにも集中してしまうと、長時間座ってしまいますね。

だから、タイマーを使って仕事をすることです。

iphoneなど、スマホはお持ちですね。大抵のスマホには、タイマー
機能がついています。


(自分もタイマーを使って気をつけています)

座り仕事の方は、30分から1時間に一回は立ったり、歩いたり、
体を動かすようにして下さい。Ⅰ、2分で結構です。

何事も習慣化があなたの健康状態を左右します。

出来れば、ひどい状態になるまえに、日頃の習慣の見直しが重要
です。

何かしら運動など体を動かすことは健康にとって大事なことです。

しっかり筋肉を使って行きましょう!

ということで、何か痛みや気になることがありましたら、いつでも
ご相談下さい。

姿勢についての検査や生活習慣、ストレッチ法などもご指導いたし
ます。

では、今日も一日元気に生活していきましょう!

やまびこ整骨院 院長 吉尾正人
(50歳申年みずがめ座B型) 拝
こんにちは! 
やまびこ整骨院の吉尾です。

今日は、首の疾患について話していこうと思います。

頸椎の疾患で斜角筋症候群というものがあります。

これは胸郭出口症候群の一つで、頸椎から付く筋肉
なんですが、前斜角筋、中斜角筋、後斜角筋と3つ
の筋肉があります。

大体ですが、それぞれ頸椎3番目から7番目の間に
付いて、第1肋骨と第2肋骨に付きます。

さらに重要なのは、この斜角筋の隙間を腕神経叢
鎖骨下動脈という神経と血管が通ってるため、この
筋肉が緊張するとこれらの神経や血管を絞扼(圧迫
や締めつけ)してしまうことで色々な悪さをします。

この症状としては、特に上肢の痺れが生じます。
また、肩甲骨周辺や胸側の上肢の付け根あたりの
痛みだったり、ひどくなると握力低下も招く場合も
あります。

肋骨についているので、呼吸する際に肋骨を引き
上げる働きもあるので、この筋肉が緊張しすぎる
と、呼吸しずらさも感じることもあると思います。

猫背の方やデスクワークで頭が前にもたげてる姿勢が
多い方は、この斜角筋が短縮して、腕神経叢を圧迫
してしまうので、このような症状を引き起こす可能性
もありますので、普段の姿勢には注意が必要です。

まだ、肩こり程度の症状で治まってる方は軽度ですが、
最初は我慢出来ていても、突然、首が回らなくなる
ような強い運動痛が出てしまったり、上腕部から指先
にかけて痺れなど、さらに悪いと思われる頸椎ヘルニア
頸椎症などといった疾患になってしまってることも
あります。

首には細かい神経が集まっていますし、ひどくなる前に
受診をして下さいね。

今回は、斜角筋についてのお話に言及してますが、
このような症状で行なうことは、斜角筋だけにかかわらず、
頭部の筋肉、顔前面の筋肉や斜角筋を含めた頸部の筋肉、
肩から背中にかけての僧帽筋を中心とした筋肉や時には、
腰にかけてまで施術しなければならないということです。



「木を見て森を見ず」ではありませんが、体全体を
見た時に、他にも悪い箇所があるかもしれませんし、
首周辺の疾患がある方は、多くは腰なども悪い方が
多いです。

そのような場合は、時間的にも、すぐに改善する方
もいれば、時間をかけてじっくり治療しなければ良く
ならない方もいらっしゃいます。

また、このような疾患は、長期的な悪習慣によって
起きている可能性があるということです。

良く姿勢の悪い方に、猫背気味ですねと申し上げると、
「そうなんですよ」とご自分が猫背である自覚はあるん
ですが、どうして猫背なのかはあまり考えたことがない
方が多いと思います。



痛みを取り除くということも大事とは思いますが、最も
大切なのは、症状をぶり返さないということも大事です。

良くなってきた方にも出来るだけメンテナンス的な治療、
自宅でのセルフメンテナンス(ストレッチや筋トレなど)
指導を提案させていただいています。

でもこれが一番重要なことです。

ということで、今日も健康習慣に気を配りながら、快適に
過ごせるように頑張りましょう!

では、今日はこの辺で。
やまびこ整骨院 院長 吉尾正人
(50歳申年みずがめ座B型) 拝